2     144句

紅き茸礼賛しては蹴る女   八木三日女   紅茸

 きのこ 松茸 舞茸 けむり茸   茸飯 茸汁 占地

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
茸狩の大声山にひゞきたり 滝沢伊代次 万象 201110  
ひろげたる筵に山ほど雑茸 滝沢伊代次 万象 201110  
毒茸に注意の札や登山口 田下宮子 201111  
天狗茸森の小人を誑かす 中村ふく子 201112  
茸狩名人飯田家十代目 橋本榮治 馬醉木 201112 飯田龍太は
三つに見え一つでありぬ毒茸 大山文子 火星 201112  
歩き出しさうな形の茸なり 天谷翔子 火星 201112  
狛犬の台座の辺り毒茸 藤田かもめ ぐろっけ 201112  
つつましき貌つきをして毒茸 史あかり ぐろっけ 201112  
乗鞍へ六根清浄茸狩 桑原逸子 201112  
酒強きをんな大見得月夜茸 竹中一花 201112  
リゾットの茸や欧州旅行談 宮田香 201201  
万病に効くと貰ひし猿茸 柴田志津子 201201  
奉納鳥居裂け目に茸整列す 加舎廣子 京鹿子 201201  
薄暗き小屋に売らるる茸かな 小池一司 やぶれ傘 201201  
子音めく十一月の乾し茸 甲州千草 201202  
月夜茸不思議の国に紛れ込む 間島あきら 風土 201202  
一本の茸めし汁茶碗蒸し 蓮尾みどり ぐろっけ 201202  
美しきゆゑ毒茸と言はれたる 岩田公次 ホトトギス 201205  
目の前にありて流離や月夜茸 安田優歌 京鹿子 201208  
竹林の絹笠茸や網レース 坂根宏子 201209  
食べられる茸と言はれても躊躇 稲畑汀子 ホトトギス 201210  
呟きしは茸か夫か山の昼 山尾玉藻 火星 201210  
青桧葉の貼り付いてゐる茸かな 宮井知英 201210  
東山三十六峰笑ひ茸 竹中一花 201211  
生酔ひの本音がのぞく茸鍋 斉藤裕子 あを 201211  
丸三角四角なきもの茸とり 柳川晋 201211  
高みよりここまでおいでましら茸 細川知子 ぐろっけ 201212  
月夜茸しこたま取つて捨てる破目 大畑善昭 201212  
高砂の松に生えたる茸かな 山田六甲 六花 201212  
木洩れ日の幹に茸のシャンデリア 森理和 あを 201212  
昏れのこる古木の高さ月夜茸 成田美代 201301  
月夜茸迷はし神に迷はされ 栗栖恵通子 201301  
小天狗の温もり残る猿茸 柳川晋 201301  
旨酒の山の響きを月夜茸 柳川晋 201301  
ひかりては何も語らず月夜茸 寺田すず江 201301  
茸狩るどの道行くも獣道 森岡正作 201301  
裂けば水噴く白神の月夜茸 甲州千草 201301  
倒木に怪しき茸集まれり 宮内とし子 201301  
毒茸の谿に無くせしポーチかな 藤本千鶴子 火星 201301  
茸採る妻や海透く松林 田中臥石 末黒野 201301  
甘樫の赤い茸を怪しめり 北村淳子 ろんど 201302  
ひと先づは足で値踏みの茸かな 和良牧人 201302  
新釜に茸尽しの炊きあがる 安藤久美子 やぶれ傘 201302  
茸狩前を横切るは専女(たうめ)かな 中島陽華 201303  
稲光干し椎茸がもどるもどる 中原幸子 船団 201304  
明るみてかさと紅茸こそと初茸 火箱ひろ 船団 201304  
日がな雨狐の絵筆といふ茸 ふけとしこ 船団 201304  
歳月のところどろに猿茸 水野恒彦 夢寐 201306  
春茸の干しある村の道閑か 松林順子 雨月 201306  
先採りは熊らし朝のたもぎ茸 松川悠乃 ろんど 201310
紅つけて白粉つけて毒茸 鈴木セツ 201311  
岩陰に一点の赤毒茸 仁平則子 201311  
老いの手で握りつぶせし笑茸 山田六甲 六花 201311  
鳶茸の濡れ羽色なる饅づくり 吉田政江 201311  
毒茸の話聴きつつ句を選む 山田六甲 六花 201311  
踏み込めばたちまち迷路樹海茸 渕上千津 201311  
スロージャズ流す料亭茸和 坂上香菜 201311  
茸莚繭臭しとも思ひけり 瀧春一 花石榴 201312 甲州葦川村
茸山下りきて犬に嗅がれたる 山尾玉藻 火星 201312  
蜻蛉来て椎茸榾の廃れあり 能村研三 201312  
林相を見て的中の茸狩 大畑善昭 201312  
夜は土を割る音あらむ茸山 甲州千草 201312  
かたぶつと言はるる人と茸狩 山尾玉藻 火星 201312  
煩悩のごとけむり吐く毒茸 池内結 ろんど 201312  
月夜茸われの海馬も光る頃 近藤喜子 201312  
切株の椅子やあやしき茸出て 宮内とし子 201401  
魑魅来て灯してゆけり月夜茸 熊川暁子 201401  
奥多摩に出没したる天狗茸 服部早苅 201401  
あたふたと男の炊事しめじ茸 太田健嗣 ぐろっけ 201401  
渓谷の雑木に宿り猿茸 菅野日出子 末黒野 201401  
茸狩やかわいてゐたるけもの径 城孝子 火星 201402  
山中に妖術ありし月夜茸 宮崎高根 201402  
内輪もめありしごとくに茸かな 原友子 201402  
茸狩ブーツの少女おくれがち 村田とくみ ぐろっけ 201403  
女正月肴は笑ひ茸なるか 佐藤山人 201404  
紅茸にメルヘン世界広がれる 坂根宏子 野山の道 201404  
齢経るも片手で足りる茸の名 布川直幸 201408  
新潟の人は茸を見分けたり 須賀敏子 あを 201409  
これがまあ毒茸かと蹴つてみる 上原重一 201410  
こもれびや森の茸の隊列に 坂根宏子 201411  
茸山女ざかりの声が呼ぶ 山尾玉藻 火星 201411  
赤銅の月上がりゐる茸山 山尾玉藻 火星 201411  
切り株を縁どるやうな茸かな 廣瀬雅男 やぶれ傘 201411  
俳人らに猿の腰掛とふ茸 磯野しをり 雨月 201411  
茸めし食べむとすれば準備中 山田六甲 六花 201411  
茸山の四方へ向きゐる拡声器 小林成子 火星 201412  
おみくじは大吉にして毒茸 竹内悦子 201412  
京近き鬼の里山茸採る 竹中一花 201412  
大岩に幣めぐらして茸ほだ 半田稜 ろんど 201412  
むさし野の日の降りそそぐ猿茸 山田春生 万象 201412  
唄のなき一旅過ぎゆく茸鍋 井上信子 201412  
茸誕生老婆が影をかぶせるとき 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
踏み次がれ種の尽きたる煙茸 佐藤山人 201501  
初茸の木の葉隠れを見逃さず 岡真紗子 201501  
茸山鈴を鳴らして入りにける 柳橋繁子 201501  
毒の字に何故か母ゐる茸山 藤岡紫水 京鹿子 201501  
女らに踏まれうそぶく煙茸 兼久ちわき 馬醉木 201501  
マテバシイ茸を着けて伐られけり 瀬島洒望 やぶれ傘 201501  
椎茸の形の大小直売所 上月智子 末黒野 201502  
村びとの行つたり来たり紅天狗茸べにてんぐ 瀬川公馨 201502  
茸狩り山の男の出会い酒 中根千恵子 ろんど 201502  
紅茸の小さきが生ひぬ去来庵 升田ヤス子 六花 201502  
家苞にひら茸ばかり一袋 服部早苗 201503  
うまさうに見えて手の出ぬ茸かな 山田佳乃 ホトトギス 201503  
毒茸の色が蹴られてゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201510  
健やかに老いて茸の山に入る 柴田佐知子 201511  
青茸とおぼしきものを見た目玉 池田澄子 船団 201512  
細やかな心細ひや茸宿 田原陽子 201601  
杣人の笹の覆ひの茸籠 奥井あき 201601  
まつ直ぐに歩く者なし茸狩 高橋将夫 201601  
ひつそりと朽木はなやぐ月夜茸 近藤喜子 201601  
不意の客裏の茸でもてなせり 柴田志津子 201601  
身欠き鰊誘はれ茸と佃煮に 高野昌代 201605  
栗飯に茸の汁や地味ほのか 山田六甲 六花 201611  
切株に鼠の耳の茸かな 山田六甲 六花 201611  
決断の箸つけにけり茸汁 井上石動 あを 201611  
雑茸火照る訛で売られをり 甲州千草 201612  
金星や茸山より下りて来て 広渡敬雄 201612  
たれかれの影の大きな茸狩 辻美奈子 201612  
もさもさと茸炒めてゐる男 大川ゆかり 201612  
精霊の話の似合ふ茸狩 大矢恒彦 201612  
満天の星廻り出す茸山 雨村敏子 201612  
教会の森に紅茸獣道 竹中一花 201612  
謝ればどれだけ楽に月夜茸 コ田千鶴子 馬醉木 201612  
宿坊の庫裏より茸飯の香が 有賀昌子 やぶれ傘 201612  
茸番の今は昔の話かな 中川句寿夫 あを 201610  
松籟にまざる人声茸山 中川句寿夫 あを 201612  
茸汁住職むかし会社員 森なほ子 あを 201612  
騒がしき夜の明け暮れや茸煮る 田中藤穂 あを 201612  
茸いろいろフランス料理に祝ぎの句座 落合絹代 雨月 201701  
師の在さば素通りはせじ猿茸 小林輝子 風土 201701  
退院後の初の手料理茸飯 井上正子 童女 201701  
茸山を守る一條縄砦 藤岡紫水 京鹿子 201701  
笑ひ茸煎じてをれば可笑しくて 平野みち代 201701  
温泉神社の土俵に生ふる大茸 内海保子 万象 201701  
大足の踏み入つてゆく茸山 柴田佐知子 201701  
一本の松茸分かち合ふも良し 井上静子 201702  
火焔茸いやさかの笛引き寄せて 中島陽華 201703  
ほまち雨苔に茸を生ぜしむ 川村みよき 万象 201703  
かしがまし篳篥流れ火焔茸 中島陽華 201704  
山荘の茸づくしや八ヶ岳 滝沢いみ子 末黒野 201704  
茸山解かれ五重塔が見え 中川句寿夫 ここのもん 201705  
松籟にまざる人声茸山 中川句寿夫 ここのもん 201705 茸→ 1

2019年10月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。