9     71句

   鴨(群)  鴨(水尾)  鴨の陣  鴨鍋  浮寝鴨  真鴨

 通し鴨 夏鴨  夏の鴨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
名園の水和らげて鴨浮寝 稲畑廣太郎 ホトトギス 201612  
水の綺羅日の綺羅浮寝鴨の綺羅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201612  
早鴨の来てゐる気配山の堰 中嶋昌子 春燈 201612  
鵜の潜り鴨の浮寝を乱さずに 大坪景章 椿垣 201612  
鴨降りて波太くなる中の海 栗山恵子 雨月 201701  
照りかげる波の揺籃鴨浮寝 久保東海司 201701  
初鴨や夕日こぼるる沼の奥 江見悦子 万象 201701  
鴨の陣やつちや場裏のオアシスに 能村研三 201701  
鴨の陣解く指揮棒の羽拡げ 平松うさぎ 201701  
鴨場跡とはつゆ知らず浮寝鳥 大島寛治 雨月 201702  
餌を競ひ鴨の陣営総くづれ 堀田清江 雨月 201702  
千里来て鴨は琵琶湖に抱かれり 外山妙子 雨月 201702  
渡り来て母なる湖や鴨眠る 外山妙子 雨月 201702  
吹き溜まる落葉分け入る番鴨 岡田正義 雨月 201702  
一斉に水面をたたき鴨の翔つ 白石正躬 やぶれ傘 201701  
池の面の光を乱す鴨の声 荻布貢 201702  
奥琵琶の藍深まりぬ鴨の陣 山口順子 馬醉木 201702  
翔つ鴨の尻が遅れてならぬなり 南うみを 風土 201702  
うさぎ跳びの波と遊べる鴨の群 奥田茶々 風土 201702  
番鴨居つき泳ぎの氷室池 和田照海 京鹿子 201702  
鴨集ふ池の端に立つただひとり 大坪景章 万象 201702  
水音と鴨の声のみ森の奥 大坪景章 万象 201702  
夜の川鴨を浮かべて光りをり 飛高隆夫 万象 201702  
潮入の池に初鴨着きにけり 山田春生 万象 201702 旧安田庭園
鴨鳴くや芭蕉を売りの川下り 卜部黎子 春燈 201702  
郷川に鴨の安堵や小波す 永井惠子 春燈 201702  
水面一枚剥がして飛翔鴨の陣 田中臥石 末黒野 201702  
鴨が二羽身づくろひする昼下がり 松村光典 やぶれ傘 201702  
羽搏てるは長旅忘ず鴨の群 山本雅子 馬醉木 201703  
村楚楚と湖の際まで鴨の陣 上野紫泉 京鹿子 201703  
雨降れば雨に声上げ夜の鴨 飛高隆夫 万象 201703  
鴨発てり沼の明るさ引き連れて 松本三千夫 末黒野 201703  
日面となりて動きぬ鴨の陣 石黒興平 末黒野 201703  
堤ゆくジョギング鴨を発たせたり 石黒興平 末黒野 201703  
鴨の池と言はるるほどに群れ遊ぶ 久保晴子 雨月 201703  
鴨一羽来て大琵琶の広すぎる 樺山翠 雨月 201703  
組むとなく崩るるとなき鴨の陣 熊岡俊子 雨月 201703  
ゆるやかに組みただよへる鴨の陣 熊岡俊子 雨月 201703  
鴨なべて番水面をすべりゆく 佐藤貞子 雨月 201703  
いつせいに川上へたつ鴨の声 菊池洋子 やぶれ傘 201703  
鴨の群れ日向の岸に上陸す 久世孝雄 やぶれ傘 201703  
鴨一羽水を叩いて立ち上がる 山本久枝 やぶれ傘 201703  
鴨鍋や湖賊の話聞きながら 三村純也 ホトトギス 201704  
揺れてゐる鴨ごと水の昏れゆきぬ 山内碧 201703  
混沌はやがて秩序へ鴨の陣 高橋将夫 201704  
倒影の富嶽ゆるがせつがひ鴨 内田順治 201704  
いつせいに鴨に鳴かるる寒さかな 黒滝志麻子 末黒野 201704  
暮れなづむ沼忽ちに鴨の陣 安斎久英 末黒野 201704  
風凪ぎて水面に鴨の陣二つ 片岡さか江 末黒野 201704  
湖の凪水尾の生まれて鴨の陣 市川夏子 末黒野 201704  
桟橋は鴨の憩ひ場乱さずに 山本とく江 万象 201704  
夕暮や水脈細くひき番鴨 佐藤和子 万象 201704  
鴨の陣障子あかりに心解く 山田天 雨月 201704  
池の面を整えてゆく鴨の水脈 篠田純子 あを 201703  
比叡の影より湖心へと鴨の陣 千原叡 ホトトギス 201705  
重さうに長き助走の鴨翔てり 千原叡子 ホトトギス 201705  
木の陰に群れざる鴨や夕明り 青木朋子 201705  
孤の鴨の斃れてをりぬ今朝の雪 青木朋子 201705  
鴨の群しづか一羽を失ひて 青木朋子 201705  
鴨の背に鴨の乗りつつ餌を欲る 細島孝子 末黒野 201705  
鴨残る日暮の湖に片寄りて 谷村祐治 雨月 201706  
群鴨や人退けば迫り来る 塩貝朱千 京鹿子 201706  
望郷の瞳は空のいろ鴨の陣 塩貝朱千 京鹿子 201706  
行く鴨のみたび旋回湖の空 竹内涼子 末黒野 201707  
ホスピスの池に残りし番鴨 金森教子 雨月 201707  
モロツカンオイル引くやに鴨の水脈 瀬川公馨 201707  
鴨歩く図鑑通りの脚の縞 岩井京子 201706  
鴨鍋の鴨ひらひらと取り分くる 三井所美智子 201706  
見上げれば城見下ろせば鴨来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201710  
初鴨の消息も聞き忌を修す 稲畑汀子 ホトトギス 201710  
初鴨の来し消息の中にをり 稲畑汀子 ホトトギス 201710 鴨→ 1

2017年11月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。