海 原       165句

海原の 海べの 酒は こぼれけり    高屋窓秋

日本海  海原  海底  深海  海光  海坂  海鳴り  太平洋  黒潮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
海原へ出て一蝶の黄の高し 山田弘子 春節 199503  
花吹雪して海原の裂けはじむ 小澤克己 遠嶺 199806  
年流る大海原のかがよひて 森景ともね 船団 199902  
わが胸の海原を雁渡りゆく 川口襄 遠嶺 199905  
海原に陽の道ありし花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
地球儀の大海原へ嚔かな 嵯峨根鈴子 火星 199907  
父の日の大海原のひろらかに 樺山翠 雨月 199909  
空よりも青き海原聖母祭 首藤知茂 199912  
初旅や大海原へ切符買ふ 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
海原の円虹神のはかりごと 桑田青虎 ホトトギス 200012  
風涼し大海原に夫婦岩 本木下清美 ぐろっけ 200012  
天高し大海原に鯛の群れ 有山光子 遠嶺 200101  
琉球の青海原を鷹舞へり 山田弘子 円虹 200104  
元日の大海原に流沙かな 谷口佳世子 200104  
海原は燦万緑の郷土館 中本柑風 馬酔木 200109  
海原へ出てほろよひのアンタレス 三橋泥太 遠嶺 200110  
七月の海原を航くジャズ一団 杉浦典子 火星 200110  
羽子ついて大海原をひるがへす 小澤克己 遠嶺 200204  
海原へ希望展ぐや緑立つ 遠藤匡子 遠嶺 200206  
海原へ声を発止と寒稽古 山口裕子 200206  
海原の端のまるみや山ざくら 鷹羽狩行 200207  
眠りゐし青海原に鯨見る 小田知人 ぐろっけ 200207  
万緑や大海原をたなごころ 鈴木勢津子 200209  
海原を風通ひけり青蜜柑 菊地恵子 酸漿 200211  
海原に日昇る露のねこじやらし 小野恵美子 馬醉木 200212  
コスモスや大海原の青しぶき 清水晃子 遠嶺 200212  
茫洋と能古の海原袋掛 伊藤月江 雲の峯 200307  
海原を走り抜きたる白雨かな 大串章 百鳥 200308  
海原に日の照り曇る破れ芭蕉 西屋敷峰水 河鹿 200403  
海原に黄金を撒けり初日の出 中村廣子 酸漿 200403  
海原をしばし見てきし麦踏女 小澤克己 遠嶺 200405  
海原に殺生始漁始 今井千鶴子 ホトトギス 200406  
棚田植う青海原を遠く見て 託正夫 200408  
海原の孤愁を曳きて海ほほづき 中尾公彦 200408  
芝居待つ冷えて海原めくシート 栗原梅子 対岸 200410  
凍蝶の夢海原を行く白帆 小澤克己 遠嶺 200501  
コスモスの果の海原凪てをり 小柳順子 帆船 200501  
虫絶えて海原白き須磨明石 飯塚ゑ子 火星 200501  
補陀落の大海原へ燕去ぬ 角南英二 栴檀 200502  
玻璃ひと重海原の果初日出づ 大橋敦子 雨月 200503  
末黒野を来て海原に真向へり 大串章 百鳥 200505  
裏口を出れば海原花菜風 渡辺嘉幸 帆船 200506  
四万六千日海原へ手をあわせ 片山八重子 ぐろっけ 200511  
風五月海原を背にコンサート 中村禎子 八千草 200512  
海原を焦がす日の出や十二月 関まさを 酸漿 200603  
海原に昔日の夢初明り 関口幹雄 遠嶺 200604  
初日さす大海原の鼓動きく 近藤きくえ 200604  
明易し大海原へ開く窓 与川やよい 遠嶺 200606  
青海原見たく見に来てくされ潮 西山美枝子 酸漿 200608  
海原をトリトン駆ける大南風 近藤喜子 200609  
爽涼の青海原に一巨船 今井松子 遠嶺 200612  
海原に日を一つ置き大旦 鷹羽狩行 200702  
海原の雲の茜に夕千鳥 関まさを 酸漿 200703  
蜜柑むきをり海原に夢の道 宮澤さくら 遠嶺 200704  
伊勢の海原初日影燦々と 水野節子 雨月 200704  
海原の闇見えてきし鉦叩 百瀬七生子 海光 200705  
花満ちて大海原へ真理の帆 橋本良子 遠嶺 200707  
眼前の大海原や君影草 橋本良子 遠嶺 200708  
海原に潮目くっきり透し百合 田中藤穂 あを 200709  
鯨見し大海原の孤独かな 稲畑汀子 ホトトギス 200712  
渦潮の大海原を呑むごとく 近藤きくえ 200805  
汐まねき大海原を招きけり 泉田秋硯 200807  
夕日濃く海原染めて島朧 水野節子 雨月 200807  
海原の小黒き余波や鑑真忌 杉山瑞恵 雨月 200809  
海原に夕日のゆがむ土用かな 山本右近 万象 200811  
新松子海原渡る日と風と 川崎俊子 馬醉木 200812  
目に見ゆるもの海原と秋燕と 栗田武三 ぐろっけ 200901  
海原の時間の外で海月浮く 松田都青 京鹿子 200901  
藍よりも青き海原初日の出 加藤克 200902  
海原の沖に小船の日向ぼこ 七種年男 200902  
水仙郷海原を背に風わたる 山本節子 200904  
音もせでうねる海原明の春 竹内慶子 春燈 200904  
縄文は海原なりし枯木山 早崎泰江 あを 200904  
海原の色をちりばめ犬ふぐり 吉沢陽子 200905  
金箔の春光をのむ大海原 須田千鶴子 炎環 200905  
海原を濁す天竜雪解川 中村翠湖 馬醉木 200907  
真砂女在らず安房の海原朧濃し 佐橋敏子 春燈 200907  
校庭の海原めきて夏休み 片山由美子 200909  
海原へ向かふ子亀や砂千里 倉谷ます美 万象 200909  
見はるかす大海原の白雨かな 金山雅江 春燈 200909  
海原の風の涼しや遊覧船 清水伊代乃 酸漿 200909  
海原の紺ひきよせて浜豌豆 加藤克 200910  
鰯雲大海原を鏡とし 上原恒子 雨月 200911  
海原へ羽を向けたる銀ヤンマ 関根洋子 風土 200912  
海原へ舞鶴湾口霧を吐く 柴野静 201003  
佐渡抱く大海原や冬の濤 坂根宏子 201004  
海原に出て極月の星無限 小澤克己 遠嶺 201004  
振り返る海原抱ふ雪の富士 森理和 あを 201003  
海原に船なく春の日傘かな 池田澄子 201007  
海原に落ちてきさうな銀河かな 濱谷和代 万象 201101  
海原に島の彷徨冬来る 府川昭子 春燈 201102  
朝寝して大海原を一人占め 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
初春の大海原を染む落暉 堀田こう 雨月 201104  
御影供や海原の影大いなる 本多俊子 201105  
海原へ尻をむけたる浅鮒掘り きくちきみえ やぶれ傘 201107  
海原を耕して行く土用波 高橋将夫 201110  
行く秋の大海原のたたずまひ 小野寺節子 風土 201201  
島一つ浮かぶ海原枇杷の花 森理和 あを 201112  
行く秋の大海原のたたずまひ 小野寺節子 風土 201201  
激流の果ては海原桜鯛 中田禎子 201205  
鎮魂の大海原や春の雪 上家弘子 ろんど 201206  
荒神輿青海原に禊せり 尾野奈津子 春燈 201209  
夕凪や佐渡へ海原すべり航く 中本吉信 201210  
コスモスの大海原に波立ちぬ 羽賀恭子 201212  
大根干すこころ大海原へ向け 荒井千佐代 201302  
初夢や大海原を泳ぎきり 水原春郎 馬醉木 201303  
海原の静けさ包む冬の月 遠田澄子 馬醉木 201303  
海原や枯木林を抜けてより 井手浩堂 万象 201303  
その先は大海原ぞ蛇泳ぐ 小林朱夏 201305  
卒業や海原を指す風向計 植田桂子 馬醉木 201306  
目刺焼く胸に大海原の満ち 仙石君子 雨月 201306  
青葉行大海原と化しにけり 中島玉五郎 201307  
大海原間切りて進むヨットかな 川井素山 かさね 201310  
海原をせり上がり来る宝舟 あさなが捷 201403  
初夢に海原翔けてをりしかな 松崎雨休 風土 201403  
海原にこぼれんばかり冬銀河 佐久間由子 201404  
雛の日の大海原に眠る雛 すずき巴里 ろんど 201406  
鳥帰る海原高嶺きつからむ 小林清彦 末黒野 201406  
海原を模す石庭を蝶わたる 三輪温子 雨月 201407  
夏霞大海原となる琵琶湖 竹内悦子 201408  
緑陰も色深まりて大海原 柴田靖子 201409  
石庭の大海原や梅雨の蝶 橋添やよひ 風土 201409  
夕焼けて大海原のあるばかり 内藤静 風土 201411  
三色に海原分れ秋日和 森理和 あを 201412  
縹渺として海原の小春かな 渡辺安酔 201501  
遊船の海原はるか鯨見に 佐藤弘香 ろんど 201502  
海原の色押し合へり雁渡し 岡野里子 末黒野 201502  
海原の果ての山脈冬うらら 佐々木新 春燈 201503  
砲台は海原へ向く鯖東風 永田圭子 ろんど 201505  
海原を一気に染めて初日かな 長山あや ホトトギス 201506  
大海原引つ張り釣瓶落しかな 岩月優美子 グピドの瞳 201506  
海原をもちあげてゐる鯨かな 八木健 八木健俳句集 201509  
海原にこころ放ちて秋高し 中村洋子 風土 201512  
海原へ翼を拡げ初日出づ 小川玉泉 末黒野 201604  
寒晴や海原蒼き親不知 保田ひろ 万象 201605  
海原へ匂ひ返して焼栄螺 岩月優美子 201607  
海原の乾いてゐたる原爆忌 高橋将夫 201612  
海原に転ぶ帆のあり秋うらら 高橋まき子 風土 201612  
海原の白帆を指して秋の蝶 高橋まき子 風土 201612  
海原の鯨が歌をうたう朝 火箱ひろ 船団 201612  
レアメタル潜む海原銀河濃し 田村園子 201701  
潮の道見ゆる海原鳥渡る 宮原悦子 雨月 201702  
枯葦の戦ぎ海原あをあをと 大湾宗弘 万象 201702  
鯨啼く大海原は寂しいか 細川洋子 201703  
石狩の雪解飲み干す大海原 大内マキ子 万象 201705  
海原に光散りばむ雛祭 本多俊子 201706  
海原の風読み取りて尾白鷲 吉田順子 201804  
海原を染めて沈みぬ冬至の日 山田閏子 ホトトギス 201805  
海原のながき残照鹿尾菜干す 大沢美智子 201805  
卯波津波大波小波大海原 加藤みき 201809  
山頂は星の海原虫すだく 永尾春己 201811  
海原や台風の目の思案中 上久保節子 京鹿子 201901  
富士を染め海原を染め秋落暉 岡野里子 末黒野 201902  
海原の光る一枚冬鴎 森清信子 末黒野 201903  

 

 

2019年4月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。