黒 潮  134句

黒潮が流れる森の鯉幟    呉田刈歩

日本海  海原  海底  深海  海光  海坂  海鳴り  太平洋  黒潮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
黒潮へ出水濁りのふくれ来し 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
擦りながら黒潮の差す彼岸かな 小形さとる 199906  
黒潮の岩に腹這ひ石蓴掻く 加藤和子 春耕 199906  
鸞が舞ひ蛇がおどろき黒潮よ 岡井省二 199907  
甘庶刈りしあと黒潮の風の音 皆川盤水 春耕 200004  
黒潮に錆びてゐたりし白椿 武井美代子 風土 200006  
黒潮の音に寝まりぬ雛の日 高村梢子 火星 200006  
手をあげて黒潮すでに隠岐を指し 森田緑郎 海程 200007  
飛魚の眼下に黒潮しぶきけり 長谷部雉子 200007  
黒潮に瞬時影置くとびの魚 長谷部雉子 200007  
親潮も黒潮も鯨の遊歩道 松山律子 船団 200007  
黒潮にぽつんと置かれ夏の島 中川二毫子 夏木立 200008  
黒潮のうねり遥かに鷹柱 益本三知子 馬醉木 200101  
鯖地どれわたしも地どれ黒潮滾る 阿辺一葉 海程 200101  
黒潮の荒ぶる浦の大根引く 武政礼子 雨月 200101  
黒潮の遠州灘や雪を見ず 大平保子 いろり 200102  
黒潮に吠ゆる獅子岩寒の凪 山口たけし 俳句通信 200103  
人日や黒潮の香を甘しとも 加藤いろは 200103  
黒潮のうち砕けたる椿かな 山尾玉藻 火星 200104  
黒潮のしぶき眩しみ鹿尾菜干す 高橋好温 馬酔木 200106  
黒潮を越え来しならん鰹船 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
黒潮の海へなだるる椿山 鰍澤真佐子 春耕 200107  
黒潮の岬に緑もりあがる 玉川悠 遠嶺 200107  
蝦蛄はねる黒潮市場は人の波 万波允恵 ぐろっけ 200108  
浜昼顔黒潮浜を洗ひをり 渕江千代 酸漿 200109  
黒潮の怒々と崩るる浜薊 石原義輝 馬醉木 200112  
黒潮は男の流れ鮪追ふ 松本圭司 200201  
鷹舞へり黒潮晴れの沖の空 久保東海司 200203  
黒潮の濃し大根の花の上 神蔵器 風土 200205  
黒潮の島へ島へと抱卵期 中村智恵子 200206  
黒潮の蒼濃き背波鰹時 永井雪狼 200207  
黒潮の沖に四股ふむ入道雲 関口ゆき あを 200209  
浜木綿の匂ひ黒潮とどろける 武政礼子 雨月 200210  
黒潮と真水のなじむ良夜かな 長岡新一 200211  
黒潮の色濃くなりし桃の花 松下八重美 200304  
黒潮の恵みあまねし椿咲く 長崎桂子 あを 200304  
黒潮を引きて鞦韆戻りけり 高畑信子 遠嶺 200305  
黒潮の岬を回して鳥帰る 島玲子 風土 200305  
髪と遺書知覧ざくらは黒潮へ 林日圓 京鹿子 200307  
海女あがる黒潮の髪曳きながら 苑実耶 200308  
鯖の斑の黒潮もどき並びをり 河内桜人 京鹿子 200312  
黒潮の奔流見たり曼珠沙華 平山風鳥 河鹿 200402  
黒潮のにほひのしたる秋遍路 前田美恵子 200403  
強東風に触れて黒潮立ち上り 稲畑廣太郎 ホトトギス 200403  
遠巻きに黒潮ながれ端午かな 藤原照子 余韻 200403  
黒潮の怒濤の島や海老飾る 九万田一海 河鹿 200404  
黒潮に鯛の近づく菜の花忌 神蔵器 風土 200404  
黒潮の洗ふ開聞岳菜の花忌 沼口蓬風 河鹿 200406  
黒潮のよせる岬や花蜜柑 大久保恵美子 遠嶺 200408  
黒潮に突き出す岬武者幟 長野純顕 対岸 200408  
黒潮に張出す岬麦の秋 山田弘子 ホトトギス 200410  
浜木綿や黒潮寄する鬼ヶ城 仲井義明 雲の峰 200410  
黒潮の沖に高鳴り鷹渡る 中島ため 200501  
黒潮の岸の掛小屋朱欒売る 西屋敷峰水 河鹿 200503  
黒潮に乗りし船足風光る 西村梛子 馬醉木 200505  
黒潮の潮目の見える二月尽 若泉真樹 200506  
うねり来る沖の黒潮草田男忌 九万田一海 河鹿 200510  
黒潮の水平線に日の永し 佐藤淑子 雨月 200510  
黒潮をひきつれて烏賊波打てり 秋千晴 200510  
灯台の下は黒潮石蕗の花 清水明子 遠嶺 200604  
黒潮の洗ふ五島や冬燕 吉村摂護 200606  
まず一貫黒潮を来し初鰹 宇田喜美栄 200608  
黒潮を抜けしばかりの初鰹 稲岡長 ホトトギス 200609  
黒潮と照り合ふ安房の花菜畑 館容子 200705  
黒潮の「島の花」なり極楽鳥花ストレチア 有働亨 馬醉木 200706  
黒潮の沖へ真向かふ鰆舟 倉谷紫龍 万象 200706  
黒潮の怒濤や島の花盛り 宮崎見昭 遠嶺 200706  
黒潮や沖の白帆が夏を呼ぶ 宇都宮滴水 京鹿子 200707  
黒潮の力にそだつ初鰹 松本圭司 200707  
黒潮の耀ひかりはるかに犬ふぐり 大泉伸 遠嶺 200708  
黒潮の幸の太刀魚鮨得たり 池田かよ ぐろっけ 200708  
ちぬ釣や黒潮に息合はせつつ 杉本光 200709  
黒潮の大き蛇行に年迎ふ 水野恒彦 200804  
黒潮の流れ見ゆるや雛飾る 田中佐知子 風土 200806  
黒潮を渡る鐘の音麦鶉 延広禎一 200808  
黒潮の削る断崖花菜畑 山下由理子 200810  
黒潮の潮目さだかに鷹渡る 松本圭司 200812  
黒潮に友船交はす初汽笛 品川鈴子 龍宮の客 200904  
黒潮の涛のうねりや春嵐 増田一代 200905  
黒潮の風の岬の寒桜 大坪景章 万象 200905  
黒潮にみがかれし艶若布刈鎌 松本圭司 200907  
ポピー摘む声に黒潮応へけり 赤羽正行 遠嶺 200908  
玉砂利は黒潮の贈青葉闇 加藤みき 200908  
青々と曲る黒潮夏蓬 柴田佐知子 200908  
黒潮を日の躍り出て菜の花黄 武政礼子 雨月 200908  
木斛の花に黒潮よりの風 藤井美晴 やぶれ傘 200911  
黒潮の香ももろともに鰹釣る 入澤正 春燈 200912  
黒潮の海を眼下や鳥渡る 岡田史女 末黒野 201002  
黒潮に湧き金風となりにけり 竹下陶子 ホトトギス 201003  
黒潮の洗ふ岬の紅椿 原桂子 201005  
黒潮や岬にエリカ咲く小径 石川友江 風土 201007  
黒潮の砕ける岬木々芽吹く 加藤克 201008  
黒潮の直行に夏来たりけり 遠藤真砂明 201008  
秋潮となる黒潮の色極め 稲畑廣太郎 ホトトギス 201009  
黒潮の遠流の里や夏つばめ 小泉貴弘 春燈 201009  
シリウスや黒潮の幅百キロに 雨村敏子 201103  
黒潮の入り込む湾や草の絮 吉村摂護 201104  
春疾風黒潮の海荒れに荒れ 尾崎みつ子 雨月 201105  
黒潮の沖縹渺と鰹来る 松本幹雄 馬醉木 201108  
枇杷熟るる太平洋の黒潮に 神蔵器 風土 201108  
群青のこれぞ黒潮小鯵刺 塩路隆子 201109  
黒潮の西日眩しき紀の岬 和田一 雨月 201110  
黒潮の横波三里桜鯛 松下八重美 夢見の鐘 201203  
黒潮に入日を惜む初景色 西出しず子 雨月 201204  
秋鯖の背に黒潮の匂ひけり 小池清司 かさね 201212  
黒潮を見る万緑の高みより 柴田佐知子 201211  
黒潮本流完璧の四温晴 遠藤真砂明 201303  
黒潮のぬくもり纏ひ早桜 板倉安正 201305  
黒潮のうごいてゐたる雛の市 水野恒彦 夢寐 201306  
黒潮の匂う窓辺やデイゴ咲く 名倉悦子 ろんど 201311  
黒潮に突つ込む舳先一気に夏 遠藤真砂明 201408  
黒潮の北上鮭を周章てさす 土屋草子 ろんど 201502  
黒潮の風に猛りしどんどかな 鈴木庸子 風土 201504  
黒潮の沖の眩しさ鰹来る 益本三知子 馬醉木 201506  
荒神輿黒潮洗ふ御浜入り 石崎和夫 201510  
黒潮と親潮の合ふ辻踊 松井志津子 201511  
黒潮を出て東京へ桜鯛 柴田佐知子 201605  
黒潮の潮目はるかに春逝けり 森岡正作 201606  
黒潮へ加速促す初鰹 峰崎成規 201607  
余花よりも高き黒潮太平洋 山本無蓋 201608  
房総の黒潮守りて雛かな 島田万紀子 馬醉木 201705  
黒潮の洗ふ岬の水仙花 榎本秀治 201705  
黒潮の洗ふ奇岩や梯梧咲く 中村洋子 風土 201708  
黒潮に交す船笛青岬 西村操 雨月 201710  
黒潮に突き出す岬銀河濃し 和田紀夫 201712  
黒潮は海の街道鯨来る 栗坪和子 201803  
波状岩あらふ黒潮厄おとし 田代民子 201806  
春昼や黒潮の帯銀色に 岩田洋子 201807  
黒潮は大きく蛇行鰹来る 能美昌二郎 201808  
ぶつかれる黒潮に反る青岬 柴田佐知子 201809  
黒潮は海の街道鯨来る 栗坪和子 201901  
黒潮の光へなだれ野水仙 三輪温子 雨月 201903  
黒潮のたぎる岬や冬すみれ 松本幹雄 馬醉木 201904  

 

2019年4月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。