夏 燕 1   99句

日銀の向い市役所夏燕    鈴木六林男

作品
作者
掲載誌
掲載年月
夏燕改札口を行き来せり 久保木千代子 春耕 199809
夏つばめ船首船尾にタイヤさげ 荒井千佐代 199810
通り抜けできぬ路地より夏燕 高木悠悠 199812
浅い旅寝やまつさかさまに夏燕 廣嶋美惠子 船団 199902
夏つばめしばらく風に乗つてをり 吉村玲子 船団 199902
羽ときに刃のごとし夏つばめ 鷹羽狩行 199905
止め石の結び目きりり夏燕 小宮山勇 青胡桃 199905
千年の斜塔高々夏燕 高村信子 春耕 199908
小高きに石鼎旧居夏燕 朝妻力 俳句通信 199908
夏燕みな低ふとぶ朝なりし 渡辺政子 俳句通信 199908
夏燕能登の礁は黒々と 春田淳子 俳句通信 199908
鍋の底まるく磨きぬ夏燕 山田三江子 199909
夏燕父と筆談のノート 田口満代子 海程 199909
知りつくす町の騒音夏燕 盛良孝 199909
わが胸をかすめることなく夏つばめ 川島ひとみ 船団 199909
一湾に日差しの束や夏つばめ 伊東みのり 遠嶺 199910
白バイの先導なるや夏つばめ 辻享子 ヒッポ千番地 200003
畳屋の向ひに鞘師夏燕 朝妻力 俳句通信 200006
橋渡る人走り出す夏つばめ 蔵前幸子 船団 200006
走者無きトラック掠め夏燕 藤田宏 200007
素封家の長き庇や夏燕 内藤八重 俳句通信 200007
夏つばめ湖畔の生気あふれけり 村田近子 遠嶺 200008
パルテノン宮殿好きの夏つばめ 山本耀子 火星 200008
夏燕スターウォーズより奔放 片岡秀樹 海程 200008
頂上にある滑り台夏つばめ 岩瀬操舟 円虹 200008
鋭角の出会ひうれしき夏燕 藤井みち子 200008
波音の聞こゆる棚田夏燕 小田悦子 俳句通信 200008
千枚の水田鏡や夏つばめ 山本雅子 馬醉木 200009
翻ることの楽しき夏燕 生田恵美子 風土 200009
激流に声落としゆく夏燕 大和田鏡子 俳句通信 200009
低空を飛ばずになりし夏つばめ 飯塚ゑ子 火星 200010
夏つばめ不意にくらった王手飛車 内田利之 海程 200012
夏燕致死量となる時の砂 吉川真実 海程 200101
夏つばめ地より昏れゆく北野坂 橋場千舟 船団 200102
夏燕備長炭の艶をして 飯塚ゑ子 火星 200103
田を祓ふ禰宜をかすめし夏燕 遠藤アサ子 赤井 200103
夏つばめ恋の始めの遠見なり 小林あつ子 火星 200104
夏つばめ泥に集へるビルの谷 三井公子 酸漿 200107
見栄を張る張らねば飛べぬ夏燕 物江昌子 六花 200107
夏つばめ唇にうけ浮御堂 小堀寛 京鹿子 200107
流鏑馬を追ひ抜きゆけり夏燕 伊藤稔代 200108
夏燕すでに水面の夜明けゐて 岡部名保子 馬酔木 200108
野火止の暮天飛び交ふ夏燕 若月瑞峰 春耕 200108
校庭の百葉箱や夏燕 清水晃子 遠嶺 200108
なら町に寧楽湯の暖簾夏燕 志水芳秀 俳句通信 200108
旅ごころさそふ文くる夏燕 入江和子 ぐろっけ 200108
肩出しの女が闊歩夏燕 塩路五郎 200109
青空を海に浸して夏つばめ 市川英一 遠嶺 200109
駐在所改装されて夏燕 纐纈千鶴子 百鳥 200109
川石で囲む温泉夏燕 北吉裕子 俳句通信 200109
尾瀬沼の空斜交ひに夏つばめ 酒井多加子 春耕 200109
夏空の燕絣でありにけり 山本涼 銀化 200109
夏燕たちまち古城遠くせり 笹島美和子 200110
十字架の塔より塔へ夏燕 笹島美和子 200110
水の面を空にひろげて夏つばめ 小澤克己 遠嶺 200110
朝光の嶺々大雪の夏燕 今井松子 遠嶺 200110
蒼天の守礼門より夏つばめ 近藤暁代 馬醉木 200110
夏つばめ羽州街道を北上 加藤青女 海程 200110
金堂の岩に張り出す夏つばめ 橋添やよひ 風土 200111
水脈のふくらむ嶺や夏つばめ 山下寿祇子 遠嶺 200111
煙出しかすめ飛び来る夏燕 高木伸宜 船団 200111
城垣の鋭角を研ぎ夏つばめ 柴崎英子 200112
本文の送信二秒夏つばめ 橋場千舟 船団 200112
翻るたび高きへと夏つばめ 龍神悠紀子 200201
軒に干すもののこまごま夏つばめ 梶浦玲良子 波小舟 200205
遠野郷田の面自在に夏つばめ 佐々木蔦芳 春耕 200206
空間を大きく遣ひ夏つばめ 栢森定男 あを 200207
夏つばめ帳場格子の蔵の町 後藤志づ あを 200207
池に浮く六角の堂夏燕 梅谷昌弘 雲の峯 200207
渓流に沿ひて行きけり夏燕 山本田津子 200207
夏燕とんで故郷の田をひろぐ 佐藤よしい 風土 200208
夏つばめ来て山里のなんでもや 鈴木とし子 遠嶺 200208
ふところに磴抱く町や夏つばめ 下材志津子 銀化 200208
夏燕宝珠かたどる虫籠窓 大柳篤子 雲の峰 200208
斜行するエレベーターや夏つばめ 浜麻衣子 六花 200208
度忘れの漢字そのまま夏つばめ 桜井ともや 六花 200208
昼留守の軒に子育て夏燕 大野ツネ子 酸漿 200208
叱り呉る母まだありて夏燕 波田美智子 をりをりに 200208
レガッタへエールの旗や夏つばめ 山口順子 200209
纜の藻くづ干からぶ夏つばめ 目羅忠雄 百鳥 200209
政所跡にみやげ屋夏燕 前阪洋子 雲の峰 200209
夏燕古墳の濠のささ濁り 宮永順子 雲の峰 200209
窓越しの山肌に舞ふ夏つばめ 石山民谷 遠嶺 200209
夏燕十三番地異人館 寺内佶 遠嶺 200209
酒屋へは二十メートル夏燕 藤井基史 帆船 200209
頑固なる老の笑顔よ夏燕 岡久枝 酸漿 200209
電話待つはらから遠し夏燕 岡久枝 酸漿 200209
夏燕常念岳の頂で 須賀敏子 あを 200209
浦賀水道かけり征矢なす夏燕 手島靖一 馬醉木 200210
門川に玩具の水車夏燕 狩野みほ 百鳥 200210
湧きあがる雲より夏のつばめかな 今村恵子 200210
夏つばめ友が母校の城址門 丸山冬鳳 京鹿子 200211
走行車すれすれに飛ぶ夏つばめ 永本純子 200211
友に逢ふ逸る心や夏燕 砂川せい輝 遠嶺 200211
千木高き豊受の宮や夏燕 渡辺政子 雲の峰 200211
夏燕病棟の玻璃掠め飛ぶ 増田八重 酸漿 200211
夏つばめ影もつものを袈裟懸けに 宇都宮滴水 京鹿子 200306
しばらくは与瀬古町の夏つばめ 堀内一郎 あを 200306
窓岩を抜けくる能登の夏つばめ 渡辺政子 雲の峯 200307
夏燕 →2      

 

2021年7月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。