冬の虹     242句

あはれこの瓦礫の都冬の虹   富澤赤黄男   蛇の笛

 時雨虹 冬の虹 秋の虹 二重虹 虹の橋 虹の根 春の虹

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
閉經をよろこんでゐる冬の虹 中原道夫 銀化 199812  
冬虹は馬のまなこに掛かりけり 梅田津 銀化 199903  
冬の虹円かにかかる祝意かな 千原叡子 円虹 200001  
なつとくのことと思へば冬の虹 鈴鹿百合子 京鹿子 200001  
暖昧なところに松が冬の虹 山田六甲 六花 200002  
冬虹のかけらを残す雑木山 岡本まち子 馬醉木 200002  
海坂の雲を染め顕つ冬の虹 中村翠湖 馬醉木 200003  
冬の虹信号待ちに生れたる 松本恭昂 火星 200004  
冬虹の愛しさに負け体ひやす 沼田巴字 京鹿子 200004  
現世へ亡夫来るといふ冬の虹 小島とよ子 新樹光 200007  
冬の虹皆打ち明ける五十肩 中原幸子 遠くの山 200010  
この町の箒の音と冬の虹 中林明美 ヒッポ千番地 200010  
這ふ母のあと吾も這ふ冬の虹 高尾豊子 火星 200103  
冬の虹サーカス見たき思ひかな 和田あきを 風土 200104  
冬虹を背に漁の舟一つ 小山徳夫 遠嶺 200104  
大いなる冬虹にして黄勝ちなる 岡本眸 200105  
朗々と冬虹崖に黒牛たち 小林一枝 海程 200106  
冬の虹水を汚して鍬洗う 齋藤一湖 海程 200107  
常念佛とは湖の冬の虹 岡井省二 200109  
冬の虹指の尖より昏れてをり 木村真魚奈 京鹿子 200111  
団欒のなべに跨がる冬の虹 堀川夏子 銀化 200201  
冬の虹名残狂言なりしなり 瀬川公馨 200202  
冬の虹島の紅葉を跨ぎたり 松田欽吾 雨月 200202  
ピエロにもなれず歳とる冬の虹 松山律子 六花 200202  
冬の虹浅間の山に懸け渡り 渡邊仁 いろり 200202  
天明の噴火の跡に冬の虹 渡邊仁 いろり 200202  
冬の虹人の後ろに立つ勿れ 田村はじめ 銀化 200203  
車窓にす富士より伊豆へ冬の虹 和田一 雨月 200203  
ガラス屋をガラス出て行く冬の虹 田中武彦 六花 200204  
冬虹に近づき過ぎしとき失せぬ 山田弘子 円虹 200204  
見とれけり後ろ髪引く冬の虹 高木智 京鹿子 200205  
比叡截つて病棟へ架く冬の虹 荻野千枝 京鹿子 200205  
冬の虹まだ吾に運あるらしき 鶴目鯛遊子 六花合同句集 200205  
誰彼に急ぎ知らせる冬の虹 北畠明子 ぐろっけ 200205  
冬虹の裏なる能登へ旅つづけ 岩垣子鹿 ホトトギス 200205  
冬虹の橋逝く人を誘ふや 荻野千枝 京鹿子 200205  
冬虹や抜け出せさうな白い窓 荻野千枝 京鹿子 200205  
ゆく舟や堅田へ架かる冬の虹 廣畑忠明 火星 200302  
冬の虹車中の渇き濃くなりぬ 朱間繭生 銀化 200302  
白糸の滝のしぶきに冬の虹 阿部ひろし 酸漿 200302  
かの日夫攫はれゆきし冬の虹 岸田爾子 200303  
長靴の葬りの布令や冬の虹 城孝子 火星 200303  
ハーブティ少し残して冬の虹 山田六甲 六花 200303  
白糸の滝はなやげり冬の虹 大塚洋子 酸漿 200303  
白糸を束ねし滝の冬の虹 夏目満子 酸漿 200303  
白糸の滝冬虹の綾なせり 渋谷ひろ子 酸漿 200303  
冬の虹縄文人は行つたきり 富沢敏子 200305  
薬草の確な効き目冬の虹 城石美津子 京鹿子 200305  
あわあわと羽咋あたりに冬の虹 原田喜久子 八千草 200306  
冬虹やアトリエにあるデスマスク 水野恒彦 200312  
人間のものさしで見る冬の虹 丸山佳子 京鹿子 200402  
束の間の空のキャンバス冬の虹 宮川秀穂 200403  
衣掛山(きぬかけ)の先の先なる冬の虹 小林成子 火星 200403  
弧を低く広野のはての冬の虹 辰巳陽子 雲の峰 200403  
冬虹や旅のはじめのカフェテラス 矢野節子 草の花 200403  
支那海の雲の変幻冬の虹 白澤よし子 馬醉木 200404  
眺めゐし冬の虹まだ眺めゐし 遠方靉 遠嶺 200404  
冬の虹橋の向かうに見ゆるもの 阿部正枝 遠嶺 200406  
今日ありてこその未来ぞ冬の虹 鷹羽狩行 200412 「未来図」二五〇号を祝して
冬の虹鼻梁の高き神父来て 能村研三 200501  
中程は空にすはせて冬の虹 山守拓治 対岸 200502  
貧しくも青年笑顔冬の虹 山田六甲 六花 200502  
冬の虹潜りしことも不確かに 山田六甲 六花 200502  
出発の北ウイングへ冬の虹 山崎桂 帆船 200503  
冬の虹生駒断層目覚むるか 近藤きくえ 200503  
退院の母子を迎ふ冬の虹 白崎リユ子 築港 200503  
喪の旅の車窓に全き冬の虹 高垣和恵 雨月 200503  
里山を繋ぎ赤しや冬の虹 長村雄作 栴檀 200503  
地震の地の嶺々にかかりし冬の虹 山田富朗 遠嶺 200503  
冬の虹赤信号の待ち時間 石田きよし 200503  
足跡に祝報の来る冬の虹 瀬下るか 200503  
冬の虹昇仙峡より立ちにけり 花島みゆき 八千草 200505  
冬の虹かつて栄えたる造船所 山田邦彦 200505  
冬の虹旅路に即かず離れずに 稲畑汀子 ホトトギス 200601  
冬虹やあてどなけれど波止場まで 山田六甲 六花 200601  
冬の虹水平線にかつと立つ 河野美千代 200602  
雨が生む陽が生む野辺の冬の虹 五ヶ瀬川流一 六花 200602  
鈍色の海せりのぼる冬の虹 河崎尚子 火星 200603  
大声の児の挨拶や冬の虹 斉藤阿津子 百鳥 200603  
冬の虹百三歳を送りしと 野畑小百合 200603  
身ごもりし娘は遠き国冬の虹 林芳子 四葩 200603  
湖に冬虹かかり音消ゆる 奥村邦子 200603  
うたかたや彼我といふとき冬の虹 小形さとる 200604  
よき旅になるらし朝の冬の虹 斉藤阿津子 百鳥 200604  
能登人の知る冬虹の鮮やかさ 辻恵美子 栴檀 200604  
来し方や彼我といふとき冬の虹 小形さとる 200605  
比良懸けて冬虹の脚湖に墜つ 松村富子 200605  
冬虹の消えて踏み出す一歩かな 本多俊子 さくらの音 200605  
夜明けつつビルの合間に冬の虹 渡辺立男 馬醉木 200702  
橋立の空や溶けゆく冬の虹 柴野静 200703  
撥さばきの遠き手ほどき冬の虹 宮脇ちづる 200703  
故郷の山を抱きて冬の虹 大泉美千代 雨月 200703  
古代史の謂れの小山冬の虹 大泉美千代 雨月 200703  
冬虹の片脚消ゆる日本海 徳竹良子 万象 200703  
冬虹や悪趣いよいよ盛んにて 小形さとる 200703  
葬る日の冬虹へ飛ぶ白き鳩 竹中一花 200703
水切の飛んで補陀落冬の虹 延広禎一 200704  
いさかひの後に大きな冬の虹 松下幸恵 六花 200705  
手相見に危ふき冬の虹かかる 定梶じょう あを 200801  
冬の虹耳に川音のこりをり 宮川みね子 風土 200802  
冬の虹伊吹嶺(いぶき)をくらき雲覆ひ 宮津昭彦 200802  
言ひ訳のやう半分の冬の虹 武田美雪 六花 200802  
ほどほどのところで消えし冬の虹 高橋将夫 200803  
まだ熱き骨挟みあふ冬の虹 栗栖恵通子 200803  
けふひと日の応へとおもふ冬の虹 佐々木千代 200803  
無愛想な山にかかりし冬の虹 佐々木千代 200803  
野島崎から冬虹のたちにけり 山田六甲 六花 200803  
まん中は天空に開き冬の虹 加藤みき 200804  
阿寒岳と斜里岳つなぐ冬の虹 大塚初江 200804  
掌中に魔法のランプ冬の虹 津田礼乃 遠嶺 200806  
低屋根が街一杯の冬の虹 新関一杜 京鹿子 200901  
願ひごと一つを胸に冬の虹 吉田とよ子 春燈 200902  
一弟子に徹して渡る冬の虹 川口襄 遠嶺 200903  
冬の虹トロイ遺蹟を包みけり 高木典子 雨月 200903  
冬の虹エーゲ海より黒海へ 高木典子 雨月 200903  
冬の虹町名由来かど角に 後藤とみ子 ぐろっけ 200903  
冬の虹はかなげコインランドリー 中山純子 万象 200903  
湯の町へ向ふ列車や冬の虹 青木政江 酸漿 200903  
ころがして仏頭を彫る冬の虹 坪内稔典 船団 200903  
じゆうぶんに冬虹またぐ横川かな 大島翠木 200903  
高層のビルの余白を冬の虹 橋本正二 200904  
ペンギンのはや無表情冬の虹 新井みゆき 炎環 200904  
いつせいに鴎のくぐる冬の虹 大山春江 火星 200904  
冬虹や一生ひとよを見たる思ひして 水野恒彦 200904  
天使ミカエル冬の虹よりあらはるる 岩岡中正 ホトトギス 200905  
傘寿の句遺せし俳友よ冬の虹 高木みさ女 炎環 200905  
冬虹といふつつましきねがひあり 岩岡中正 ホトトギス 200905  
献体の師を悲しめば冬の虹 平賀扶人 馬醉木 200911  
昼下り淡きに浮かぶ冬の虹 石川かおり 201001  
冬虹へ幼な子の手を離しやる 吉田政江 201002  
冬の虹ぽつり額田王の歌碑 有本惠美子 ろんど 201002  
冬の虹五山の上の大円盤 杉本薬王子 風土 201002  
冬の虹存分に生き丹の骨に 加藤みき 201002  
安達太良をまたぎて冬の虹二重 徳田千鶴子 馬醉木 201003  
無敵なる赤子の笑顔冬の虹 國田欽也 201003  
師の葬を八ヶ岳にて悼む冬の虹 望月晴美 201003 八ヶ岳勉強会担当にて
登校の一人が見つけ冬の虹 菅野蒔子 末黒野 201003  
寿の百種の文字や冬の虹 水野あき子 遠嶺 201003  
ためいきのやうな余呉湖や冬の虹 有本悪美子 ろんど 201003  
岩礁の飛沫に立つる冬の虹 小林成子 火星 201003  
起き臥しの窓に立ちたり冬の虹 恒川とも子 201003  
モノクロの野末を飾り冬の虹 刈米育子 201004  
省二思へば真空に冬の虹 高橋将夫 201004  
特牛碑むつくと起きる冬の虹 品川鈴子 ぐろっけ 201011  
地の果てに消ゆるいのちや冬の虹 秋場貞枝 春燈 201012  
吊橋のダム湖を跨ぎ冬の虹 伊藤純子 201101  
神々のあやとりの糸冬の虹 佐々木群 201101  
告ぐること多き墓前や冬の虹 山本淑子 馬醉木 201102  
片脚はまぼろしとなり冬の虹 市村健夫 馬醉木 201102  
沈むとも浮くとも湖の冬の虹 荒木甫 201102  
冬の虹かかりて父の忌の近し 細川洋子 201102  
自画像の右眼が細し冬の虹 服部郁史 京鹿子 201102  
両足でふんばる力冬の虹 葉山彰 ろんど 201102  
わたつみの遙は円し冬の虹 山田六甲 六花 201102  
冬の虹祖母の来てゐる水車小屋 田中藤穂 あを 201102  
園児等のさよならの声冬の虹 筏愛子 201103  
わびさびの粋を集めて冬の虹 高橋将夫 201103 岡崎大会
冬虹の奥へ西国札所みち 浜福恵 風土 201103  
冬の虹裏は真白でありにけり 高橋将夫 201104  
冬の虹頭寄せ合ふビルの窓 山本正 京鹿子 201105  
ピラニアは恋食ふ魚か冬の虹 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
冬の虹童顔のまま娘は逝けり 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
冬虹の紫勝ちは神在し 小澤菜美 201202  
冬虹や海へはみ出る高速路 上谷昌憲 201202  
スカーフの使ひ上手や冬の虹 河本由紀子 春燈 201202  
太く濃きイスタンブールの冬の虹 史あかり ぐろっけ 201202  
一ち日に三度も冬の虹に遇ふ 田村すゝむ 風土 201203 京都
冬の虹女神のごとく村を守る 水野範子 ぐろっけ 201206  
波間より虹立つ冬の親不知 北崎展江 くりから 201209  
冬の虹煙突高くのこりけり 近昌夫 春燈 201212  
夫の射る弓の的先冬の虹 西郷慶子 201302  
冬の虹向うの街は知らざりし 石脇みはる 201302  
竿頭の百尺さきの冬の虹 西村純太 201302  
鎮守森まで冬虹の渡りけり 高田令子 201302  
児ははしゃぎ母の手を引く冬の虹 長崎桂子 あを 201302  
安らかな今日であるらし冬の虹 長崎桂子 あを 201302  
立冬の湾大虹のまたがれる 本城布沙女 雨月 201302  
冬の虹山に架かりて神々し 能勢栄子 201303  
冬の虹木臼が椅子に仕立てられ 山田美恵子 火星 201303  
退りては鋤振る人に冬の虹 西村節子 火星 201303  
鉄橋の鳴りはじめけり冬の虹 西畑敦子 火星 201303  
木の橋はすぐに乾きて冬の虹 佐々木紗知 京鹿子 201303  
直会の御開きとなり冬の虹 中田禎子 201303  
みづうみの空のはにかむ冬の虹 市村健夫 馬醉木 201304  
締切のある世を生きて冬の虹 今井春生 201303  
冬虹の消えし心にホ句の虹 竹下陶子 ホトトギス 201306  
山寂しからんとかかる冬の虹 井上浩一郎 ホトトギス 201306  
仰ぎけり小倉の峰の冬の虹 間島あきら 風土 201401  
冬虹の向かうに子らの暮らしあり 田中佐知子 風土 201402  
言ひかけしことばのみこむ冬の虹 宮川みね子 風土 201402  
諦めの果の明るさ冬の虹 犬塚李里子 201402  
良きことがあるかと望む冬の虹 中山静枝 201402  
運転の夫には見えず冬の虹 小林成子 火星 201402  
駅長の指呼の彼方に冬の虹 高村令子 風土 201403  
三十の男痩せけり冬の虹 常田創 201403  
箱マッチ抛ればゴッホ冬の虹 呉文宗 春燈 201403  
地下街を出れば号外冬の虹 波戸辺のばら 201403  
冬の虹男うなづき合ひにけり 小林成子 火星 201403  
冬の虹二つ見し日を幸と記す 近藤紀子 201403  
悲しみも生きてゐてこそ冬の虹 竹田ひろ子 ろんど 201403  
遠ざかるものは追ふまじ冬の虹 犬塚李里子 201403  
未完の句左脳に消えて冬の虹 佐々木紗知 京鹿子 201404  
冬の虹ガラスの箱にしまひけり 中田禎子 201404  
眠る子の絵本に宿る冬の虹 中村あいこ 船団 201406  
冬の虹一期一会の交流会 伊吹之博 京鹿子 201406  
片足をスカイツリーに冬の虹 村高卯 201405  
冬の虹うすく採石場に発破 大崎紀夫 やぶれ傘 201501  
モスク訪ふ人と遭ひけり冬の虹 佐用圭子 201502  
冬の虹いま脱稿の八千字 大畑善昭 201502  
大敷網 おおしき に片脚立ちの冬の虹 岩木茂 風土 201502  
気を抜けば逝くかも知れぬ冬の虹 宮井知英 201502  
冬の虹見しより魂のすき透る 犬塚李里子 201502  
冬の虹空へ階段あるごとし 戸栗末廣 201503  
美作に冬の虹立つ峠かな 生田作 風土 201503  
海鳴はいつも心に冬の虹 渡部良子 馬醉木 201503  
薬屋を出て厳冬の虹二重 時澤藍 201503  
口腔を転がり落つる冬の虹 瀬川公馨 201503  
後生車回せば立ちぬ冬の虹 杉本薬王子 風土 201504 湯田温泉瑠璃光寺
国宝の塔より上る冬の虹 杉本薬王子 風土 201504 湯田温泉瑠璃光寺
蒲生野をゆくやうっすら冬の虹 齋藤朋子 やぶれ傘 201504  
紙袋などは地に置き冬の虹 藤井なお子 船団 201505  
冬虹を鳥居がはりに神の山 山田六甲 六花 201512  
冬の虹消えて一本道残る 佐々木良玄 春燈 201602  
一途とはこはれやすきや冬の虹 沼田桂子 春燈 201602  
古墳塚より彩どりの冬の虹 下山田美江 風土 201602  
軍艦の水脈を引き去り冬の虹 わたなべ漣 201602  
冬の虹架け旧交のもどらざる 井上菜摘子 京鹿子 201603  
インパネス遠ざかりゆく冬の虹 寺田すず江 201603  
冬の虹ラテンの語尾は消え易く 竪山道助 風土 201603  
冬日受け雲より虹の小さく立つ 森理和 あを 201603  
からつぽの胸に抱かむ冬の虹 塩貝朱千 京鹿子 201604  
迫り来る限界集落冬の虹 吉村摂護 201604  
海堡に片脚架けて冬の虹 安斎久英 末黒野 201605  
拘らぬ余生生々冬の虹 物江康平 春燈 201605  
きはめれば迷ひは消ゆる冬の虹 柴田靖子 201605  
この道と思へば開く冬の虹 柴田靖子 201701  
母決して弱音を吐かず冬の虹 コ田千鶴子 馬醉木 201701  
冬帽子虹には古き彩の無し 中野あぐり 春燈 201701  
母と子のこゑの向かうに冬の虹 森川絢子 京鹿子 201701  
資本金一円で立つ冬の虹 秋山泰 船団 201701  
真田丸の負けぬ戦や冬の虹 荻布貢 201702  
いつか行くはるかな聖地冬の虹 阪倉孝子 201703  
山から山町を跨ぎて冬の虹 竹内喜代子 雨月 201703  
繰り言はいつしか消えて冬の虹 水田壽子 雨月 201703  
笛の音の流るるやうに冬の虹 本多俊子 201704  
磐座ををろがみをれば冬の虹 南うみを 風土 201704  
片脚は母住む方や冬の虹 高塚三枝 馬醉木 201705  
アイスランドの溶岩台地冬の虹 鏡英子 末黒野 201706  
大声に呼んでくれたる冬の虹 佐藤淑子 雨月 201802  
さてもはや消えかかりゆく冬の虹 佐藤淑子 雨月 201802  
卒寿祝ふ次もあれかし冬の虹 河本由紀子 春燈 201802  
消えないと氷つてしまふ冬の虹 高橋将夫 201802  
比叡山や淡海を跨ぐ冬の虹 岩下芳子 201802  
海にむかひ素直になりし冬の虹 柴田靖子 201802  
今できることを今やる冬の虹 松井季湖 201803  
七井橋渡れば冬の虹たちぬ 和田華凛 ホトトギス 201803  
見えぬもの追ひかけてきし冬の虹 村上葉子 201804  
冬の虹何せよとわが遺されし 渡邊千枝子 馬醉木 201804  
冬の虹消え残欠の百済琴 深川淑枝 201803  
ささやかな幸せでよし冬の虹 崎素粒子 ホトトギス 201805  
房総に片脚架くる冬の虹 安斎久英 末黒野 201805  
冬の虹胸中の鬼野に放つ 林せり 船団 201806  
冬虹の立ちて偲べる人のあり 稲畑汀子 ホトトギス 201811  

 

2018年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。