雛 納 2      100句

老妻のひゝなをさめも一人にて    山口青邨

雛の日  雛祭  白酒  紙雛  雛壇  雛あられ 雛人形 雛納 桃の節句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
畳に置き手のひらに置き雛納 鷹羽狩行 200804  
節太の指で納める雛かな 黒澤登美枝 200805  
雛納めしても残像ひひなの間 河口仁志 200805  
雛納逝きし友みな若々し 長崎桂子 あを 200805  
紙雛をかさね合はせて納めけり 原田慶子 200806  
順々におん目交して雛納む 垣岡暎子 火星 200806  
手際よく夫が雛を納め呉れ 萩谷幸子 雨月 200806  
小さき雛なれど納めし安堵かな 萩谷幸子 雨月 200806  
もう一度お顔見直し雛納 綿谷美那 雨月 200806  
雛納客を帰せし思ひして 和田一 雨月 200806  
面差しの妻に似し雛納めけり 水谷ひさ江 六花 200806  
向き合はせ納められたる内裏雛 池崎るり子 六花 200806  
薄紙に目を蔽ひけり雛納め 齋藤朋子 やぶれ傘 200806  
仏より借りし一間の雛納む 岸川素粒子 万象 200808  
壇降りて貴賤なくなる雛納 鷹羽狩行 200904  
ひとり居の日差しに納め馴染雛 小林成子 200905  
雛納め雛に歴史を積み重ね 須藤トモ子 200905  
寄り添ひし納まる雛も紅と白 石寒太 炎環 200905 朝比古結婚
ひとり身の少し遅れし雛納め 奥村こちび 炎環 200905  
せめて日の温もり籠めて雛納 白澤よし子 馬酔木 200905  
雛段に甘納豆も一袋 中山純子 万象 200905  
雛納めいちにち水のやうな空 大沢美智子 200905  
雛納めさらりと使ふ羽根叩 佐々木みき子 200906  
我は素手子は手袋に雛納む 金原亭馬生 炎環 200906  
長谷寺和賛ぞんぶんに雛納む 山崎靖子 200906  
肥えられしか箱の蓋浮く雛納め 笠井敦子 200906  
バイバイをして孫の雛納めけり 瀬島洒望 やぶれ傘 200907  
帯すこし解きたまひしや雛納 鷹羽狩行 201003  
雛納君との過去も納めけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201003  
母の膝少し崩るる雛納 飯塚ゑ子 火星 201005  
叡山にうす紅の雲雛納 片山博介 春燈 201005  
雛納むこれより雛に白世界 望月晴美 200605  
扇まづ畳みて雛納めけり 市橋敬子 201005  
来む年もわが飾らむか納め雛 水原春郎 馬醉木 201006  
雛納め残るあられの紅の色 野坂民子 馬醉木 201006  
雛納め終りて気付く雨雫 小野口正江 末黒野 201006  
雛かざり納めしあとの広さかな 三橋玲子 末黒野 201006  
目隠しをされて雛は密室に 島本知子 ぐろっけ 201006  
またねーと児らは手を振り雛納め 島本知子 ぐろっけ 201006  
雛納め土蔵の鍵を締めにけり 三浦カヨ子 酸漿 201006  
緋毛艶干して雛を納めけり 橋本美代 やぶれ傘 201008  
雛納してより吾娘の嫁ぎゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201103  
雛納して来年を近付ける 稲畑廣太郎 ホトトギス 201103  
悌を重ね合せて雛納 稲畑廣太郎 ホトトギス 201103  
立ちたるは立ちたるままに雛納 布川直幸 201103  
笏失せし男雛無聊の手をさらす 矢口笑子 春燈 201105  
雛納む街の喧騒にはかなり 矢口笑子 春燈 201105  
飾るより仕舞ふ厄介雛納め 和田照海 京鹿子 201105  
いま一度お顔見つめて雛納む 舩越美喜 京鹿子 201105  
雛納め婚期といふは今やなく 荒木稔 ぐろっけ 201105  
薄紙の面輪透かして雛納 中島静子 酸漿 201105  
さみどりの菜飯を供へ雛納 木村茂登子 あを 201105  
ねんごろに雛納めゐる姉妹かな 増田一代 201106  
見るべきは見つとや雛納めらる 柴崎甲武信 春燈 201106  
毛氈の折り目正して雛納め 濱谷和代 万象 201106  
思ひ出も共に包みて雛納む 三輪温子 雨月 201106  
雛箱を納む蔵の扉開け放ち 千原叡子 ホトトギス 201107  
秀眉ふと愁眉にかはる雛納め 田畑耕之介 京鹿子 201107  
雛納む指にやさしき和紙の雛 コ田千鶴子 花の翼 201111  
恙なく四十余年の雛納む 古沢タマ子 末黒野句集 201203  
手伝ひにならぬ児ら寄り雛納 小林成子 201206  
年頃の娘急き立て雛納め 三橋早苗 ぐろっけ 201206  
雛納めまだ遊びたき顔の雛 鶴巻誉白 ろんど 201206  
今日ありしこと書き添へて雛納 大橋伊佐子 末黒野 201206  
古りてなほ若き雛を納めけり 湯村栞 201208  
雛納め和紙いちまいの残りたる 林昭太郎 あまねく 201210  
雛納めくるめる母の吉野紙 酒井秀郎 返り花 201211  
雛の目光りて納められにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201303  
暴風雨雛納めるを日延べせん 品川鈴子 ぐろっけ 201304  
享保雛闇をひとつに納めらる 柴田佐知子 201304  
雛納む妻の項の暮れ残り 水原春郎 馬醉木 201305  
かくれんぼしたる納戸や雛納 山田暢子 風土 201305  
雛納めしたる畳を乾拭きす 大山文子 火星 201305  
とこしへに抱合ふ二体雛納 藤本秀機 201306  
御目まづ塞ぎて雛納めけり 山路紀子 風土 201306  
笙太鼓音色もろとも雛納 竹中一花 201306  
囃子方先づ寛がす雛納め 甕秀麿 201306  
かんばせを小筆で払ひ雛納 涌羅由美 ホトトギス 201307  
たつた今過去捨て雛を納めけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201403  
雛納めゐたるロビーを通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 201403  
口あけておどろく雛を納めけり 山田六甲 六花 201404  
雛納妹つひに出来ぬまま 市ヶ谷洋子 馬醉木 201405  
果実酒の封印を解く雛納 樋口英子 201405  
古雛の通へる気息納めけり 深澤鱶 火星 201406  
太刀・扇ひとつ袋に雛納め 大野芳久 やぶれ傘 201406  
青空に三日月ありし雛納め 広渡敬雄 201406  
薄紙のまづはおかほを納め雛 山口ひろよ 201406  
雛納して天井を眺めをり 副島いみ子 ホトトギス 201408  
労ひの目をもて雛を納めけり 住田千代子 六花 201408  
棺のぞく目よ納め雛かこまれる 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
雛納惜しめば又も人集ふ 稲畑汀子 ホトトギス 201503  
すぐそこの島に日矢射す雛納め 荒井千佐代 201504  
海苔篊に潮目移ろふ雛納 市ヶ谷洋子 馬醉木 201505  
雛納む星すれ違ふ音させて 川崎真樹子 春燈 201505  
むらさきに筑波の双耳雛納 大沢美智子 201505  
懇ろに交す挨拶雛納め 谷岡尚美 201506  
しかと見てしかと見られて雛納む 阪上多恵子 雨月 201506  
薄紙を着せまゐらせて雛納 服部珠子 雨月 201506  
遺言の封されてより雛納め 柴田久子 風土 201506  
嫁ぐ気はまだまだなき子雛納む 杉山哲也 馬醉木 201506  
懇ろに横たへ納む立ち雛 白神知恵子 女坂 201508  
書庫守を仕へ賜へと納雛 能村研三 201604  
鳥影の水脈はるかなり雛納 大沢美智子 201605  
立雛を寝かせて箱に納めけり 鈴木鳳来 春燈 201606  
取敢へず納戸にうつし雛しまふ 白水良子 201607  
みつめ合ふ姿に納む内裏雛 押田裕見子 201607 雛納 →3

 

2020年3月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。