秋時雨 2     23句

秋しぐれいたくな降りそ浄瑠璃寺  伊丹三樹彦   読本・歳時記

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨  青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
いささかの入院疲れ秋時雨 中江月鈴子 201510  
秋しぐれ尾崎一雄の靴と下駄 原田達夫 箱火鉢 201511  
返事せぬことが応へや秋時雨 田邊豊子 201511  
思ひ出はふる里にあり秋時雨 臼井珊瑚 201512  
盛り砂の身を細めゆく秋しぐれ 那須淳男 馬醉木 201601  
秋しぐれ変体仮名の妣の文 嘉納祥子 馬醉木 201601  
イカロスの翼を濡らす秋時雨 高橋将夫 201601  
鯖街道山を沈めし秋時雨 清水量子 201604  
大砂丘帰りも急登秋時雨 山田六甲 六花 201610  
秋時雨戻るに杖も傘もなし 山田六甲 六花 201610  
避けがたき砂丘の濡れ場秋時雨 山田六甲 六花 201611  
放し飼ふ矮鶏うづくまれ秋時雨 山田六甲 六花 201611  
高杉に分水嶺の秋時雨 山田六甲 六花 201611  
秋時雨師の手温かかりしこと 千手和子 馬醉木 201612  
神杉に銀の糸ひく秋時雨 藤岡紫水 京鹿子 201612  
杉山の五合目あたり秋時雨 大日向幸江 あを 201612  
手術後の傾く肩や秋時雨 井上正子 童女 201701  
みやげ屋に矮鶏の逃げくる秋時雨 升田ヤス子 六花 201701  
靴捨てて砂丘渡りぬ秋時雨 升田ヤス子 六花 201701  
庖丁塚暦塚鳥塚秋時雨 中山皓雪 201701  
秋時雨いつもと違ふ家の匂ひ 小山陽子 やぶれ傘 201701  
裏道は昔のまんま秋時雨 小山陽子 やぶれ傘 201701  
行きずりの人に会釈す秋時雨 柳田美代子 やぶれ傘 201702 秋時雨 →1

 

2017年10月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。