10       100句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
夜の記憶のみの旅寝の露の音 水野恒彦 200901 若狭
露の日の露に触れたるあぎとかな 竹内悦子 200901  
朝露の微光名馬に老迫る 岩淵彰 遠嶺 200901  
橅の木に耳あててみる露しぐれ 梅原幸子 遠嶺 200901  
写経会や朝の露もて墨を磨り 峰尾秀之 200901  
筑波嶺に連なる露の庭を掃く 鴨下昭 200901  
ガーデン挙式朝露に敷く赤絨毯 吉田政江 200901  
曾て師の踏みし句碑径露ふかし 柴崎英子 200901  
芋の露少女は触れて地に戻す 松田千枝 春燈 200901  
屋久杉に纏ひ付きたる苔の露 木原今女 ぐろっけ 200901  
露の世や昔にむかしありにけり 大槻光枝 京鹿子 200901  
露の窓うろこのやうな子の指紋 KOKIA 六花 200901  
足慣らす露の道さへ心急く 瀧春一 深林 200901  
大露の青空母の忌なりけり 大島翠木 200902  
露散るや幸せといふ脆きもの 船越美喜 京鹿子 200902  
諍はず露も地球も丸だもん 和田満水 200902  
芋の露風に瞬きそめにけり 笹村政子 六花 200902  
露しぐれ立看板をつたひけり 藤原春子 六花 200902  
露と露かがやき合へる葉先かな 藤原春子 六花 200902  
みわたせる限り朝露刈田あと 藤原春子 六花 200902  
減反の露茫々としてゐたる 藤原春子 六花 200902  
朝露を踏みしめ飛行機雲仰ぐ 藤原春子 六花 200902  
アグネスもペトロも露の殉教碑 岩岡中正 ホトトギス 200903  
おほきみの古墳はことに露しとど 竹内すま子 200903  
ダイヤ婚露の世共に生き抜きて 辻口八重子 ホトトギス 200905  
草原の露を踏み来し旅の靴 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
しののめや露の近江の麻畠 与謝蕪村 ぐろっけ 200907  
今一度逢ひたき人よ露踏みて 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
空つぽの弁当箱に芋の露 中島玉五郎 200908  
穂孕みの葉先に光る朝の露 奥太雅 万象 200908  
露ちるや仏は頬をよせあへる 八田木枯 晩紅 200908  
露踏めば横川に心馳せてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200909  
子規囲む人露の袖引き寄せて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200909  
星の綺麗露を宿してをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200909  
露踏みて栄華の跡の偲ばるる 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
露消えて芝生き生きと甦る 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
朝の間の露干ぬ庭を見て家居 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
露踏みて朝の体調ととのふる 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
草踏めば露に濡るると知り乍ら 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
満天の星のこぼせし露に濡れ 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
日食の露の眼はづれテレビに見 大橋敦子 雨月 200909  
薪積みし上に夜露のしとどなる ことり 六花 200909  
朝露の縁をかこめり苺の葉 阿部文子 酸漿 200909  
露のせて遠きに触るる日もありて 豊田都峰 京鹿子 200909  
今年またひだりへ露のあだしの路 豊田都峰 京鹿子 200909  
風化仏露いろどりのほほえみに 豊田都峰 京鹿子 200909  
ものの葉の露のひかりの仏みち 鈴鹿仁 京鹿子 200909  
三井寺の鐘の一打の払ふ露 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
この山路幾たび露に濡れ訪ひし 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
露の世に虚子の世偲ぶ五十年 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
少し過去近づけて踏む草の露 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
朝露を踏み白樺の林ゆく 片山由美子 200910  
時政がふるさとに残す露の墓 水原秋櫻子 馬醉木 200910 『蓬壺』
たまゆらの命ありけり草の露 岡田真澄 風土 200910  
草の露の心に触れて梶の道 谷村幸子 200910 祝『真髄』
しじみ蝶機屋の草の露吸ひに 疋田華子 万象 200910  
杜に入る露湿りなる鳥居撫で ことり 六花 200910  
朝露の椰の記念樹奈良ホテル 小澤菜美 200911  
牧草の畝掘り起こし朝の露 坂根宏子 200911  
それぞれの小さき灯露の秋 阿布里唯 炎環 200911  
善きことも悪しきも過去や露の玉 山崎ゆき子 炎環 200911  
分け入りて信濃は露の樹下菩薩 コ田千鶴子 馬醉木 200911  
天界に血脈絶えぬ露時雨 平賀扶人 馬醉木 200911  
白桔梗尖る蕾に露光る 陣野今日子 風土 200911  
時空ひづみてこぼれたる露の玉 高橋将夫 200911  
芋の露ピエロのやうに動きけり 福島茂 200911  
かい撫でて柔髪露の朝日子よ 伊藤白潮 200911  
離島より移植の芋に朝の露 荒井和昭 200911  
リウマチの吾が露の身の少し安泰 大橋敦子 雨月 200911  
露のみち自転車ズズズ泥の田へ 林哲夫 ぐろっけ 200911  
立居して骨の音する露の夜 田中藤穂 あを 200911  
女工碑へ露の葛径足からむ 井口淳子 200912  
露を往くひとりありけり墨衣 中野英伴 春燈 200912  
経石の参道踏むや露しぐれ 鈴木靜静恵 春燈 200912 雲洞庵
露の寺千古の杉に思惟ふかむ 鈴木靜静恵 春燈 200912  
靴の紐結ひ朝露に濡れにゆく 矢田部なほ子 200912  
不意と謂ふ雲の流れや露しぐれ 鈴鹿仁 京鹿子 200912 系露忌
右肩の露を払ふて朝詣 荻野千枝 京鹿子 200912  
気が合へば歩幅も合へり露の坂 川村文英 ろんど 200912  
言伝てのやうに露おく終夜灯 福永尚子 ろんど 200912  
虚子の碑の文字の窪みや露ぬれに 柳生千枝子 火星 200912  
露拭ひしばらく月の椅子となる 渡邊美保 火星 200912  
秋海棠朝露のままを生けにけり 松本和子 酸漿 200912  
朝露を踏みて三泊り仮の宿 吉弘恭子 あを 200912  
朝露の単線白き穂高駅 増田一代 201001  
飛石はひとりの広さ露時雨 辻井ミナミ 末黒野 201001  
露と露結ぶ音して省二ノ忌 延広禎一 201001  
天心と地心を結び玉の露 中野京子 201001  
露の玉壊れて水の生れけり 西村純太 201001  
雲表の至仏岩稜露に伏す 岡田貞峰 馬醉木 201001  
芋の露星しづくして信濃みち 和田幸江 春燈 201001  
朝露をまとうて金の成る木かな 見田英子 春燈 201001  
露の玉一大伽藍宿しけり 片山博介 春燈 201001  
数へては悼み心の生みつぐ露 豊田都峰 京鹿子 201001  
座に満つは生者か死者か露のころ 豊田都峰 京鹿子 201001  
露の石ふたたび投げてこころ決む 村田冨美子 京鹿子 201001  
朝日なか一カラツトの草の露 村上幸子 京鹿子 201001  
婚の朝珠と見まがふ白き露 後藤桂子 万象 201001  
露しぐれ鼻の先より深い海 鎌田悟朗 ろんど 201001  
ひつそりと露の野に置く一句かな 外川玲子 風土 201001 露→ 11

2016年9月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。


 

2019年7月15日