露霜水霜       30句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
露霜や明け方に見し妻の夢 藤崎久を ホトトギス 199806
露霜や書斎に籠りゐし一日 稲畑汀子 ホトトギス 199910
露霜に朝の時計の動き出す 稲畑汀子 ホトトギス 199910
露霜の乾きしあとと思はるる 稲畑汀子 ホトトギス 199911
こんな日は露霜深き山路かな 稲畑汀子 ホトトギス 199911
水霜を浴びし青菜を賜はれり 梅田秀子 酸漿 200002
露霜に濡れて夜明けの星仰ぐ 武藤和子 ホトトギス 200004
露霜を踏みくぼめつつ杞陽の忌 千原叡子 円虹 200201
露霜や蔵王の釜に雲の湧く 早坂静生 風土 200201
水霜の消えて朝市終りけり 佐藤冨士男 ホトトギス 200205
水霜や胸内に澱む悔ひとつ 関口ゆき あを 200212
露霜や庭の草丈定まりぬ 松本恭昂 火星 200302
水霜や征かざりしかど還り来ず 井上信子 200305
朝の間の露霜消えて出掛け来し 稲畑汀子 ホトトギス 200310
水霜の夜や枕辺におしらさま 山路紀子 風土 200312
簷落つる水霜に覚め奥湯なる 藤原たかを 馬醉木 200402
露霜の蘆間より雉子はしり出づ 佐藤国夫 馬醉木 200404
露霜の野宿の車窓明けそめし 安原葉 ホトトギス 200503
露霜の解ける光を敷き初むる 稲畑汀子 ホトトギス 200511
ワイパーで水霜拭きて飛騨を発つ 宮川典夫 200601
露霜のオランダ坂の灯の赤し 松崎鉄之介 200701
露霜を踏んで下りし北穂高 堤堅策 200712
露霜や夜は聞こえ来る山の音 中嶋昌子 春燈 200802
露霜の光りはじめし芝となる 稲畑汀子 ホトトギス 200810
水霜や寫眞の裏の讀めない字 佐藤喜孝 あを 201001
露霜の光るはほどけゆく力 稲畑汀子 ホトトギス 201011
千羽鶴にも露霜の降りしもの 稲畑汀子 ホトトギス 201511
露霜や四十九日に着く訃報 大口堂遊 春燈 201801

 

2021年10月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

 
2021年10月3日