露涼し    203句

草叢や露涼しさの大瓢   朴魯植   ホトトギス

  露寒  露霜.水霜  露けし つゆけし  露涼し  夏の露

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
旅先の足を伸ばしぬ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
濱木綿の百重なす葉の露涼し 鈴鹿野風呂 京鹿子 199810  
露涼し癒されてゆく旅疲れ 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
奥美濃の山家灯りぬ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
どの星座より零せしや露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
晴れてゆく山路となりて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
仲人の口を信じて露涼し 小川匠太郎 199909  
露涼し一輌電車の過ぎる里 三枝邦光 ぐろっけ 199910  
皆その名聞く卓の花露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
露涼し戦国の城平成に 稲畑廣太郎 ホトトギス 200007  
露涼し自分の靴の紐を踏み 池田澄子 船団 200009  
夫逝きしことの不思議さ露涼し 田宮勝代 酸漿 200010  
膝折れば触れたる草の露涼し 西川義春 春耕 200010  
露涼し弥次喜多道中してをりぬ 桑垣信子 いろり 200011  
露涼し森の木洩日抜けるとき 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
露涼し木々深々と深大寺 稲畑汀子 ホトトギス 200105 五七五紀行深大寺
武蔵野の深き木立や露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
百年の道継ぎゆかん露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
活けられし花いづれとも露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
露涼しその消息を聞きしより 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
露涼し草の名覚えられずとも 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
露涼し奥の細道偲びては 稲畑廣太郎 ホトトギス 200106  
露涼し富士の湧水とは別に 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
露涼しいつか消えゐし旅疲れ 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
露涼し濁世は神の被造物 稲畑廣太郎 ホトトギス 200107  
さそり座の低く草原露涼し 藤浦昭代 円虹 200107  
父に息ありやありける露涼し 能村研三 200107  
われもまた一粒の露涼しかり 神蔵器 風土 200109  
万年の亀もゐさうな露涼し 丸山佳子 京鹿子 200109  
鈴屋の謂れの鈴や露涼し 大和田鏡子 俳句通信 200109 松坂
好奇心てふを形見に露涼し 本郷桂子 ホトトギス 200110  
牧場の白樺林露涼し 小澤克己 遠嶺 200110  
扁額は晴子の筆や露涼し 纐纈千鶴子 百鳥 200110  
露涼し海よりも濃き山の闇 吉田節子 ホトトギス 200111  
露涼しかりし九死に一生得て 井上蘇柳 ホトトギス 200202  
きらきらと名草醜草露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200206  
露涼し隠り世ゆきの赤い橋 鈴鹿仁 京鹿子 200207  
よべ星を見し草原の露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
露涼し虚子新作の能舞台 稲畑廣太郎 ホトトギス 200208  
窯の火を夜通し守りて露涼し 山本あかね 百鳥 200208  
露涼し羅漢一族雲に乗り 鈴鹿仁 京鹿子 200209  
ぬかづけば湧く仏心や露涼し 岡本まち子 馬醉木 200211  
お薬にふか入りお止め露涼し 丸山佳子 京鹿子 200211  
露涼し朝捥ぎのもの手に余り 八染藍子 200211  
二十二年前の思ひ出露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200306 長野善光寺句碑除幕
露涼し山雨の去つてゐし三瓶 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
高原の朝のはじまる露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
草原の靡くものより露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
ふり返る高原の径露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
露涼し客間の声の往来また 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
曽遊の地今踏みしめて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
海山の風の起伏に露涼し 河野美奇 ホトトギス 200312  
森深くわが灯加へて露涼し 岡本眸 200406  
隠れ耶蘇ここにも墓や露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200407  
露涼し明日会ふひとへ言葉溜め 岡本眸 200407  
並足の馬蹄のリズム露涼し 有島夛美 河鹿 200410  
陶匠の藍のたつつけ露涼し 佐藤忍 万象 200410  
切支丹灯籠ひそと露涼し 岩月優美子 200410  
朝かげの草放ちゆく露涼し 河野美奇 ホトトギス 200411  
富士の着る雲の変幻露涼し 安原葉 ホトトギス 200501  
露涼し杉の深さに包まれて 稲畑汀子 ホトトギス 200506  
露涼しここに学びし日のことを 稲畑汀子 ホトトギス 200506  
朝の間の富土はいづこに露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200507  
露涼し別れの刻の迫りくる 稲畑汀子 ホトトギス 200507  
山荘の句碑に避遁露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200507  
トランペツト夜空に吹くや露涼し 有島夛美 河鹿 200510  
かにかくの歌碑や柳の露涼し 竹内喜代子 雨月 200510  
露涼し雲母坂へと向かひをり 近藤きくえ 200511  
人知れず旅発つ朝の露涼し 安原葉 ホトトギス 200512  
露涼し天測暦と海図台 工藤義夫 馬醉木 200512  
夕影の沼辺にあれば露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200607  
露涼し三瓶の草を踏み分けて 稲畑汀子 ホトトギス 200607  
よべ聞きし鵺はいづこか露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200607  
虚子の声聞きし目覚めや露涼し 長山あや ホトトギス 200611  
露涼し雨の予報の又はづれ 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
計画は綿密にして露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200707  
信じたき人の心や露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200707  
旅人に何もてなさん露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200707  
名園といふ順路あり露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200707  
露涼し迷ひ来しこともう忘れ 稲畑汀子 ホトトギス 200707  
芋の露涼しきほどに育ちけり 神蔵器 風土 200708  
はじめてのルバーブのジャム露涼し 赤座典子 あを 200709  
世の隅に生き永らへて露涼し 原三猿子 ホトトギス 200711  
くろがねの錆灯籠や露涼し しばかやこ 風土 200712  
岩といふ神の造化や露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200801  
露涼し目覚よき旅よき日和 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
昨日会ひ今日会ひしこと露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
降りつのることなく止みて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200807  
消息を問ふも語るも露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 200807  
脇道の橋の跡形露涼し 内藤紀子 遠嶺 200810  
虚子慕ふ心は老いず露涼し 安原葉 ホトトギス 200812  
朝風のわたる三瓶野露涼し 安原葉 ホトトギス 200812  
富士に灯の連なりて露涼しき夜 今井千鶴子 ホトトギス 200812  
露涼し尽きぬ草原踏み行けば 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
露涼し蝦夷の旅路を語るとき 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
献酬のせはし過ぎぬか露涼し 渡辺昭 200909  
露涼し路地の奥まで電気街 大久保白村 ホトトギス 200911  
虚子賞の意を推し量り露涼し 千原叡子 ホトトギス 200911  
露涼し北の大地の夜が明くる 山田天 雨月 200911  
露涼し更地は右城医院跡 大久保白村 ホトトギス 200912  
露涼し煉瓦の館は開拓史 大久保白村 ホトトギス 201001  
虚子の記の語るホテルや露涼し 安原葉 ホトトギス 201001  
露涼し集へば若き日に戻る 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
百年のホテルの歴史露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
露涼し開門を待つ一時間 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
三瓶の夜星に渡して露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
考へる水の命よ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201008  
露涼し寺の祭を昨夜にして 大竹淑子 風土 201011  
露涼しはやぶさ帰還せし快挙 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
ふり返る過去を引寄せ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
久闊といふも一年露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
邂逅は別れなりけり露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
満天の星消えし朝露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
満天の星と語りて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
星見上げ北斗七星露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
源平の古語る露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
露涼し今日のはじまる朝の芝 稲畑汀子 ホトトギス 201108  
露涼しお河童に在し稚子大師 江木紀子 雨月 201110  
虚子偲びつどふ面々露涼し  安原葉 ホトトギス 201112  
露涼し蓮華弁麻の銀の鈴 鶴巻誉白 ろんど 201112  
露涼しこんな景まだあつたんや 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206  
百年は長し短し露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206 浅井青陽子様御葬儀
たもとほる由良の流れの露涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
露涼し句碑に二年といふ月日 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
被災地へ支援まとまり露涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
露涼し四半世紀のかがやきは 稻畑汀子 ホトトギス 201206 今瀬剛一様主宰「対岸」二十五周年祝句
露涼しやつぱり君が居なければ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
露涼し又も踏み外したる道 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
露涼し苔むす松の樹齢はも 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
ちやん付けで良き人生や露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
悌は誰に似たるや露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207 「田鶴」五百号祝句
邂逅の誰彼蝦夷の露涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
曽遊地として訪ふ沼の露涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
夜を渡り来し朝月の露涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
露涼しいつか一人になつてゐし 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
再手術名医にゆだね露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
露涼し熱く語りし日は遠し 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
再手術名医にゆだね露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201307 魚谷先生へ
露涼し熱く語りし日は遠し 稲畑汀子 ホトトギス 201307  
虚子慕ひ学びきし道露涼し 安原葉 ホトトギス 201310  
皆一つ年を重ねて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201405  
かの日々を知る者同志露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201405  
露涼しやつと運転代りくれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
東より西より集ひ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201406  
人悼む心の旅路露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201406  
主婦となり先生となり露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201406  
武蔵野の俤今に露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
若者に逡巡はなし露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201407  
筆塚といふ碑や露涼し 宮原悦子 雨月 201409  
露涼し少年虚子の育ちし地 大久保白村 ホトトギス 201410  
標高の千余の峠露涼し 安斎久英 末黒野 201410  
みな齢かさねしことも露涼し 安原葉 ホトトギス 201410  
病みし日を明るく語り露涼し 安原葉 ホトトギス 201412  
露涼し虚子の息吹を感じつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201505  
いつまでも老を遠ざけ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
友老いぬ我も老いしか露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
露涼し老と思ひしことはなし 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
惜しまるる人柄なりし露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
この山路行けば着くてふ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201506  
質間を受けて応へて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201506  
返らざる今日といふ日よ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
ただ偲ぶ心寄せ合ひ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
汝が心偲べば辺り露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
別れとはさりげなきもの露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
よく晴れし三瓶の朝の露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
歩くこと楽しむ三瓶露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
露涼し礼文敦盛草の母衣 林いづみ 風土 201508  
早起きの畦にゐる父露涼し 斉藤裕子 あを 201509  
道迷ひたる友偲ぶ露涼し 安原葉 ホトトギス 201510  
みな若く虚子と写りて露涼し 安原葉 ホトトギス 201511  
よべ星を見惚れし野原露涼し 安原葉 ホトトギス 201512  
露涼し仕事を済ませたる家路 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
術後の眼いたはる眼鏡露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
露涼し旅の回顧を語り継ぎ 稲畑汀子 ホトトギス 201607  
齟齬一つ二つ正して露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201607  
露涼し人に馴染みて鳥幾種 稲畑汀子 ホトトギス 201607  
遠き旅ふり返るてふ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201607  
露涼し嵐を抜けて来し句友 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
天井の高きロビーや露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
露涼し鯉の集まるひとところ 塩貝朱千 京鹿子 201610  
雨後といふ葉を彩れる露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201707  
露涼し句碑に再会てふ縁 稲畑廣太郎 ホトトギス 201707  
高原の風入れ替り露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
三瓶野はわがまほろばよ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
露涼し書かねば消ゆることばかり 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
遠き旅終へし家居の露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
日曜のミサにはじまる露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
若き日に戻る会あり露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
東京を発ち金沢へ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
雨後といふ葉を彩れる露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201707  
露涼し句碑に再会てふ縁 稲畑廣太郎 ホトトギス 201707  
高原の風入れ替り露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
三瓶野はわがまほろばよ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
露涼し書かねば消ゆることばかり 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
遠き旅終へし家居の露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
日曜のミサにはじまる露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
若き日に戻る会あり露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
東京を発ち金沢へ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
草原のあをき曼陀羅露涼し 矢崎すみ子 201709  
露涼し寺苑を忍者走るはしる 稲畑廣太郎 ホトトギス 202019年7月15日 > 露涼し正俊さんと酌みし日々 稲畑廣太郎 ホトトギス 201807  
大吉を引きたる君や露涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201807  
健康を取り戻されて露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201807  
歳月の過ぎゆく早さ露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201807  

 

2018年8月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。