送 火  175句

送火や野里の橋の片ほとり   松瀬青々   妻木

迎火  盂蘭盆  盆用意・盆仕度  盆休  盆波  魂迎  送火  生身魂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
送り火やほのほしばらく打ち合ひて 鷹羽狩行 199909  
送り火の風にのるのをためらひて 保坂加津夫 いろり 199909  
送り火や旅路の無事を祈りつつ 大平保子 いろり 199909  
送り火や好きやった山へ帰るんか 幅田信一 海程 199911  
風となりゆく送り火の炎かな 木村てる代 俳句通信 200010  
姫髪山に大に点じて送火とや 山田耕子 京鹿子 200010  
送り火や闇の底なる京七野 中村翠湖 馬醉木 200011  
長男として迎火も送火も 三村純也 ホトトギス 200012  
送り火やともに逝きたい思ひかな 相沢健造 いろり 200109  
送り火や小さきものの数殖えて 能村登四郎 羽化 200110  
送火や嫁つぎ娘がかけつけて 篠田三七子 いろり 200110  
りちぎなる父に早目の送り火焚く 鈴木ゆき子 風土 200111  
送り火に土産団子の十三個 鈴木ゆき子 風土 200111  
送り火のなごりの朝を犬逝けり 杉浦典子 火星 200111  
送火やしんがりに蹤く妣の魂 水岡芳子 馬醉木 200111  
艀一家突堤で焚く送り火を 永野秀峰 ぐろっけ 200112  
送り火の五山の順に向き変へる 岡本幸枝 ぐろっけ 200112  
送り火の空ふかぶかとありにけり 宮原みさを 花月亭 200208  
お向ひの家の焚きしに送火焚く 松崎鉄之介 200209  
送り火の起す風あり乗り給へ 宮津昭彦 200210  
送り火の燠やあの世のいろかとも 柴田久子 風土 200211  
送り火の灰を掬うてをりにけり 竹中一花 200211  
送り火の焚跡かくも嵩少な 佐藤佐代子 200211  
送火をたき一人居の戻り来し 唐戸正子 帆船 200211  
送火や打水ほどの雨ありて 守屋井蛙 酸漿 200211  
送り火の妙のふもとに下宿せし 菅龍一 百鳥 200212  
送り火や冥王星のまたたける 瀬川公馨 200212  
送り火の消え漆黒の闇となる 鈴木喜三郎 ぐろっけ 200212  
送火を連なり囲む大家族 平山真弓 円虹 200212  
送り火のためらひ勝にくづれゆく 森田蝌蚪 200309  
送り火や寂しくなりし家の中 小野タマ枝 酸漿 200310  
送り火の風にもつれてゐたりけり 荒井和昭 200310  
送り火に古都燃えて闇深くなる 浦松静子 築港 200310  
送火の燐寸つけたき子供かな 菅原光恵 百鳥 200310  
送り火のまへに来てをり女の子 木下野生 200311  
送り火の明けて長虫流れ着く 黒田咲子 200311  
送り火の火の音はしる京の宵 林日圓 京鹿子 200311  
送火や火星はすでに出でにけり 左官治郎 200311  
みな帰りたる送火の熱さかな 矢崎すみ子 200311  
送火や方一尺の地を照らし 成智いづみ 馬醉木 200312  
送火や覆面の鬼のきてをる 瀬川公馨 200312  
迎火送火多勢に焚きて一人かな 神蔵器 風土 200409  
送り火を消して跨ぎて盆了る 鈴木榮子 春燈 200410  
送り火の燃えつきる時風少し 芝尚子 あを 200410  
送り火の空にダグラス・マッカーサー 十川たかし 200411  
送り火は天への道と思ひけり 宇田喜美栄 200411  
峡の家送火跡に小雨降る 家塚洋子 酸漿 200411  
送火の門の内へと煙りける 植竹美代子 雨月 200411  
送り火をひときは高く独りかな 藤井智恵子 百鳥 200412  
送り火を燃え尽くるまで見守りぬ 大工原清明 万象 200501  
送り火やらんらんとある生者の眼 淵脇護 河鹿 200510  
父に焚く送り火語り足らざるや 中尾公彦 200510  
送り火のあとのかぐろし狐雨 渡邉友七 あを 200510  
送火や坂を煙の這ひのぼる 神蔵器 風土 200510  
帰さねばならぬ送り火焚いてをり 目黒慧 遠嶺 200511  
送り火の消えてそれより見ゆるもの 林いづみ 風土 200511  
送り火の煙ゆつくり風にのり 北島上巳 酸漿 200511  
送り火や松のかをりの門々に 野田成子 酸漿 200511  
送火や妣との距離の遠ざかり 一瀬昭子 馬酔木 200511  
無縁仏万に送火万点る 鈴木石花 風土 200511  
送火のあとの仏間に座りけり 山路紀子 風土 200512  
送火や賎ケ岳背に余呉百戸 森洋子 京鹿子 200601  
瞬きをして送火の消えにけり 松下道臣 まんまる 200607  
送火の残像久し波の音 岡本まち子 馬醉木 200608  
送火はいや迎火をあかあかと 三嶋隆英 馬醉木 200608  
迎へ火と送り火の間旅発てり 神蔵器 風土 200609
送火焚く亡母の笑顔ありありと 鈴木榮子 春燈 200610  
岐阜提灯早や送火となりにけり 小平恒子 酸漿 200610  
しばらくは闇に凭れて送り火あと 北川英子 200611  
送り火に別れの雨となりにけり 鈴木とおる 風土 200611  
送火の襖消ゆるまで囲みをり 島崎勇作 酸漿 200611  
白檀の一片母の送り火に 秋場貞枝 春燈 200612  
送り火に草の揺るるは父と母と 須藤美智子 風土 200701  
送り火を跨ぐ順番路地匂ふ 篠田純子 あを 200709  
送り火の浮かぶ五山や京泊り 高塚千代子 200711  
送り火の大の字山に浮びけり 木暮剛平 万象 200711  
送り火や煙となるまで護摩焚いて 三好千衣子 200711  
送り火や心の隅をいぶらせて 木内美保子 六花 200711  
送り火の明るき空へ亡妻還す 田村すゝむ 風土 200712  
カメラアングル京都五山の送り火を 北村香朗 京鹿子 200712  
送り火のとりに愛宕の鳥居燃ゆ 北村香朗 京鹿子 200712  
送り火に溝の明からむ母の国 渡邉友七 あを 200809  
送り火のどれもそよかぜ千の風 西面和子 200811  
送り火や家の数だけ橋かかり 宮島宏子 200811  
送り火の榾は芦なりよく燃えて 山形悦子 万象 200811  
大玻璃に「大」の送り火デイナー席 宮川秀穂 200812  
送り火や蹲りたる餓鬼のゐし 瀬川公馨 200812  
蜑小屋にひとり送り火焚きゐたり 鈴木千恵子 万象 200812  
送り火の後やはらかき風の音 丹羽啓子 馬醉木 200901  
東京暑し峡の送り火目を離れず 瀧春一 深林 200901 帰京
盆迎へ早め送り火日延べせり 藤野寿子 あをかき 200909  
送り火の消えゆくを待つ一人かな 羽賀恭子 200910  
読経や五山送り火灯のともる 高橋敏 200910  
妙法の送り火読経揃ひけり 鈴木良戈 200911  
山影の淡し五山の送り火に 鈴木良戈 200911  
一人焚く送火犬の来て添へり 花岡豊香 酸漿 200911  
送り火のいちばん星へ灯をつけり 和田照海 京鹿子 200912  
見様見真似迎火と送火と 入江節子 ろんど 200912  
送火を終へてくつろぐ心はも 稲畑汀子 ホトトギス 201008  
送火の日が誕生日誰が縁 木村茂登子 あを 201009  
送り火や風に光りぬ蜘蛛の糸 小野口正江 末黒野 201010  
送火を母としみじみ囲みたり 三井公子 酸奬 201010  
子らも出て送り火焚くや惜みつつ 杉本綾 201011  
迎へ火は吾が背送り火はあなたの背 佐々木良玄 春燈 201011  
送り火の消えていよいよ夫遠し 刈米育子 201011  
送り火や大黒さんの欲の皮 瀬川公馨 201011  
送火や戸隠人と樺を焚き 藤原照子 201011  
送火の薄闇を来し回覧板 大山文子 火星 201011  
送り火の尽く残り香の闇深く 稲垣佳子 末黒野 201012  
送り火が消えて五山に闇戻る 谷泰子 ぐろっけ 201012  
送火や思ひがけなき人の訃に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
送り火や祖は冥界のどのあたり 粟倉昌子 201111  
送り火の名残惜しみつ北大路 有本南陵 ろんど 201111  
送り火の余燼を望の月照らす 中島霞 ぐろっけ 201111  
送火のあつといふ間や波の音 コ田千鶴子 花の翼 201111  
送火や嫁との絆深まりて 片山喜久子 雨月 201111  
送火の後の寂寞星出でて 城戸ひろみ 雨月 201111  
送り火の灰美しき形して 雨村敏子 201112  
送り火や蝙蝠の影かぶさり来 大湾宗弘 万象 201112  
送火のマッチふき消す西の風 古井公代 ぐろっけ 201112  
送り火や身の内風のうち過ぎて 有賀鈴乃 末黒野 201211  
送り火にいつまでも手を振りにけり 平居澪子 六花 201212  
下戸されど送り火前の送り酒 能村研三 201310  
膝抱きゐる送り火の消えし後 宮内とし子 201310  
送り火や面影といふ消えぬもの 木村茂登子 あを 201310  
送り火の果てて安堵の妻の笑み 小川玉泉 末黒野 201311  
送り火の消ゆる無言の別れかな 大橋伊佐子 末黒野 201311  
送り火や産土日々に遠くなり 野上杳 201311  
母と居る送り火の燠消ゆるまで 田代貞枝 201312  
迎へ火は夕日に送り火は闇に 瀧春一 花石榴 201312  
送り火のくづるるさまを見守りぬ 久保久子 湖心 201402  
香一炷迎へ火も送り火も焚かず 故竹貫示虹 京鹿子 201408  
送り火や肝心なこと言へぬまま 中島玉五郎 201409  
送り火の終りは風が攫ひけり 吉田政江 201410  
送り火の船に御魂の満ち満つや 宇野慂子 万象 201411  
山国の送火山へ向けて焚く 堀井英子 雨月 201411  
送り火を庭の葉で消し父母の声 半田稜 ろんど 201412  
和久傳の送火の日のお品書 後藤立夫 ホトトギス 201501  
送り火に合掌闇に溶けゆけり 塩貝朱千 京鹿子 201510  
送り火の消えて余韻の香を焚く 秋川泉 あを 201510  
送り火や生者は闇にしりぞきて 有松洋子 201511  
送り火にいささかの風添へやりぬ 安斎久英 末黒野 201511  
眼の疎き母へ送火いつまでも 谷村祐治 雨月 201511  
送火の燃え尽く茜雲残し 谷村祐治 雨月 201511  
送り火のあとの夕餉を独りして 植竹美代子 雨月 201511  
送り火を絶やさず墓へ戻しけり 白石正躬 やぶれ傘 201512  
もえつきし送り火の闇背後より 宇田篤子 京鹿子 201512  
送り火の消えてしばらく道を見る 田代貞枝 201512  
送り火や孝の足らざる末生まれ 原和三 末黒野 201512  
送り火の行列みてる白い杖 吉原彩 船団 201602  
送り火のつもりの煙草火をつける 津田このみ 船団 201602  
送火の京は素通りせしことも 稲畑汀子 ホトトギス 201608  
送り火やひとりの家へ戻りけり 塩貝朱千 京鹿子 201611  
送火のしばらく土を染めにけり 府川昭子 春燈 201611  
送り火のあとの闇夜の深さかな 塩野谷慎吾 201612  
送り火や燃え盛るとき皆黙し 神谷さうび 末黒野 201612  
火床にと点火送り火大文字 黒澤佳子 あを 201610  
送り火や一筆箋に句を遺し 朝日泥湖 船団 201702  
送り火の提灯揺るる墓の径 田中臥石 末黒野 201711  
送り火に真つ新の風呼びにけり 間谷雅代 馬醉木 201711  
送り火や黙の会釈の擦れ違ふ 上村葉子 風土 201711  
父母の送り火ひと日遅らせて 富田要 万象 201712  
送り火の上がり框に残る煙 山口ひろよ 201712  
送り火の消えたる空や星ひとつ 及川照子 末黒野 201804  
送り火ひとつ山巓の万の闇 鈴鹿呂仁 京鹿子 201810  
送り火や燃えて暫しの黙のあり 秋川泉 あを 201810  
送り火のはや燃え尽きてしまひけり 市村明代 馬醉木 201811  
送り火やたましひ少し青ざめて 北川孝子 京鹿子 201811  
正論のどこか脆くて送り火消ゆ 北川孝子 京鹿子 201811  
送り火や元号四つ生きし父母 上村葉子 風土 201811  
送り火やこころけけれと河鹿鳴き 木村嘉男 201910  
送り火や所作しづしづと冷泉家 後藤眞由美 春燈 201911  
子と共に送り火無事に済ませけり 小川玉泉 末黒野 201911  
送り火や残るは戀の泣き黒子 丸井巴水 京鹿子 201911  
送り火の次々ともる空中に 江見巌 六花 201911  

 

2020年8月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。