盆  休    58句

盆休みの職人とゐてぼてぼて茶   高島茂   冬日

迎火  盂蘭盆  盆用意・盆仕度  盆休  盆波  魂迎  送火  生身魂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
盆休みまでの工事と急がるる
稲畑汀子
ホトトギス
199908
盆休路地の古井へ朝雀
皆川盤水
春耕
199909
盆休み母の子として風呂を焚く
山田六甲
六花
199908
似たやうな横顔そろひ盆休み
犬飼陽子
199910
汐汲の海女の桶干す盆休
寺崎美江女
春耕
199910
盆休み身二つとなり帰り来る
福間慶子
俳句通信
199910
盆休み工事の音の消えし朝
稲畑汀子
ホトトギス
200008
木の橋の月に明るき盆休み
鷹羽狩行
200010
盆休み湯滝に打たる農の人
大竹節二
春耕
200107
盆休み広葉を雨の叩く音
宮川みね子
風土
200111
盆休とてあらなくて稿綴る
大橋敦子
雨月
200110
細き雨青田にそそぐ盆休
塩谷はつ枝
馬醉木
200112
外食の頼みの店も盆休み
丁野弘
200112
濡れ縁に煙草くゆらす盆休み
谷野由紀子
雲の峰
200210
工事場も盆休みなり夜の寂し
守屋正雄
雲の峰
200210
島巡る診療船も盆休み
國田ヤエ子
帆船
200211
滝つぼに足ひたしをり盆休
小滝奈津江
酸漿
200211
句を作ること念頭に盆休み
宮津昭彦
200310
盆休み海女の鳴らせる海酸漿
冨田みのる
200310
方丈の恩師訪ぬる盆休
杉江茂義
京鹿子
200409
三和土来る風のでこぼこ盆休
山尾玉藻
火星
200410
空港にノッポが目印盆休
城下明美
ぐろっけ
200011
寝入りめのあさきゆめみし盆休み
野村智恵子
八千草
200502
盆休み家の中まで夕日差し
谷田部栄
万象
200511
盆休み口癖となるどつこいしよ
戸田春月
火星
200511
縁に腰子の爪を切る盆休
斉藤陽子
雨月
200511
盆休み中を欠きたる上下巻
戸田和子
200512
盆休み鱒掴み取りに憂さ晴らす
大塚美孝
200611
会場の変更お盆休かな
稲畑汀子
ホトトギス
200708
畳屋の土間の掃かれて盆休
菅谷たけし
200710
盆休み声変りして帰国の子
奥田妙子
ぐろっけ
200712
裏山がすぐそばに来る盆休み
坪内稔典
稔典句集U
200804
彼女のこと洩らせし孫と盆休
北村香朗
京鹿子
200812
盆休混雑と知るまでのこと
稲畑汀子
ホトトギス
200908
休館は盆休かと問はれけり
稲畑汀子
ホトトギス
200908
妻に借る小銭なにがし盆休
小川匠太郎
200908
サーキツトに大人ばかりや盆休み
丸山佳子
京鹿子
200909
盆休み補助席の出る昼の寄席
後藤とみ子
ぐろっけ
200910
孫と意外話ほつほつ盆休
北村香朗
京鹿子
200912
婚話に至らぬ孫と盆休
北村香朗
京鹿子
200912
纜のゆれ合ひ漁の盆休
本多ちづ子
馬醉木
201011
旧姓で呼ばるる一と日盆休 武田巨子 春燈 201110  
盆休み声家中にちらかれり 大場ましら 201111  
手擦れせし「街道をゆく」盆休 涼野海音 火星 201111  
母はまた母となりたる盆休暇 角谷美恵子 ぐろっけ 201111  
あつけなく過ぎてしまひし盆休み 岡田弘美 201112  
手を回し内鍵開ける盆休 能村研三 201310  
一族がさつと来て去る盆休み 林哲夫 ぐろっけ 201211  
杖なしで影歩みゆく盆休み 鴨下昭 201311  
盆休み折込み広告一・二枚 四葉允子 ぐろっけ 201311  
赤松の幹すつきりと盆休み 高田令子 201411  
仏前に玩具散乱盆休み 大橋晄 雨月 201411  
食べさせて寝かせ涼ませ盆休み 岡本敬子 万象 201511  
帰り来よ盆休には連れ立ちて 山西商平 ホトトギス 201612  
盆休稿債に立ち向ふべく 稲畑汀子 ホトトギス 201708  
太ぶとと糸瓜の下がる盆休み 山崎靖子 201711  
盆休終へし元気の揃ふ会 稲畑汀子 ホトトギス 201809  
悪戯を残して去りし盆休み 磯野青之里 六花 201911  

 

2020年8月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。