土用波     92句

土用波大砲(大づつ)打ちに沖の巖    鈴鹿野風呂

土用のつく季語  土用  土用あい  土用鰻  土用灸  土用東風

土用凪  土用波  土用干  土用芽  土用餅  土用蜆  土用芝居

土用見舞  秋土用  寒土用

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
シュミーズが二階に干され土用波
寺田良治
船団
199812
土用波島かたむけて船進む
小泉洋一
円虹
199910
低くなる火星へ土用浪ひびき
宮津昭彦
199910
土用波仏の飯を替へにけり
澤本三乗
199911
コーヒー缶ころがる土用の波あらく
松山律子
六花
199911
土用浪松喰虫が山に殖え
中杉隆世
ホトトギス
199912
坂の上の一膳飯屋土用浪
中杉隆世
ホトトギス
200002
土用波泣かずにいるということは
三宅やよい
玩具帳
200004
越えられぬきざはしばかり土用波
青山茂根
銀化
200007
鵜の喉をついついと切る土用波
小林喜一郎
200011
土用波ちぎれむばかり安全旗
高木悠悠
200101
土用波子を呼び戻す声戻る
日吉わたる
船団
200102
土用波しかと万障繰り合はせ
松本康司
銀化
200107
土用波散兵線を絶後とす
伊藤格
200109
土用波捨身のごとき崩れやう
坂本京子
200110
九十九里産湯は土用波に捨つ
片岡秀樹
海程
200112
魚焦げる淋しいものに土用波
南村健治
船団
200112
砂の城攻め落としたり土用波
出口誠
六花
200207
土用波船内舞踏よろめかす
品川鈴子
ぐろっけ
200207
海鳴は海の悲鳴よ土用波
塩川雄三
築港
200209
引くときに力を入れて土用波
都丸赫子
200210
すべて空宙に荒ぶる土用波
喜多初枝
雨月
200210
土用波こころ揺さぶるものの欲し
坂本京子
200210
水軍の裔棲む島へ土用浪
小西石蕗
円虹
200211
土用波砂の砦をくづしけり
野田光江
雨月
200310
土用波に大岩胸を貸してをり
あさなが捷
200310
くごとし島の舳先へ土用波
井口光石
風土
200410
はるかより海風渡る土用波
家塚洋子
酸漿
200410
砂丘にも続くうねりや土用波
渡部節郎
200411
土用波受け入れ難きことばかり
あさなが捷
200411
土用波湘子甲子雄の骨を引く
苑田ひろまさ
200508
三角に散り三角の土用波
塩川雄三
築港
200508
大阪港
咸臨丸の水夫の裔なり土用波
今谷脩
ぐろっけ
200509
人生に荒波あつて土用波
塩川雄三
築港
200509
土用波小動の宮に注連太く
塩田博久
風土
200510
サーフアーの神出鬼没土用波
小牧弘治
河鹿
200510
砕けねば己れが見えぬ土用波
長井順子
200512
男にはさまよひごころ土用波
遠藤真砂明
200601
大岩に飛び上がりたる土用波
あさなが捷
200607
あるほどの星をあつめて土用波
蓮尾あきら
風土
200611
土用波赤きカンテラを洗ふなり
松崎豊
200704
土用波かぼちや畑の上に見ゆ
瀧春一
200706
血圧計の贈られて来し土用波
石脇みはる
200708
頭蓋骨ゆるみつぱなし土用波
近藤公子
200709
外国へ売らるる古船土用波
伊勢ただし
ぐろっけ
200709
ロスタイム熱気高まる土用波
中貞子
200710
声変りの君土用波みて走る
緒方佳子
火星
200711
砂浴びの鳥に土用の波がしら
丸山照子
火星
200801
沈む日を一気に呑みて土用浪
兼久ちわき
馬醉木
200810
土用波伸びはうだいの髪と爪
佐藤午後
炎環
200810
松毬のあをあをとあり土用波
戸栗末廣
火星
200810
水平線上下して見ゆ土用浪
山下美典
ホトトギス
200812
土用浪待つ若者の渚かな
稲畑汀子
ホトトギス
200907
土用波ひとつを追つてゐるひとり
豊田都峰
京鹿子
200909
汀まで蔓伸び土用波高し
石脇みはる
200910
サーファーを鵜呑みしてゆく土用波
小林朱夏
200910
沈みゐし舳先の宙に土用浪
橋田憲明
ホトトギス
200912
土用波沖に寝釈迦のやうな島
原田達夫
201002
沖もまたその沖もまた土用波
松本圭司
201009
置き去るもさらつてゆくも土用波
高橋将夫
201010
大雨を飲んで落ち込む土用波
仁平則子
201010
別々に見つめる宿の土用波
和田政子
201010
生くるとは力出しきる土用波
望月晴美
201010
監視員緊張土用浪の浜
山下美典
ホトトギス
201012
土用波ときをり母の声ありぬ 堀内一郎 あを 201108  
無意識に地球儀回す土用波 高橋泰子 201110  
流木のオブジェ置く店土用波 松本三千夫 末黒野 201110  
海原を耕して行く土用波 高橋将夫 201110  
土用波眼のない魚は海の底 木村茂登子 あを 201110  
土用波富士は一気に立ち上がる あさなが捷 201112  
土用波風はらむ帆の白々と 堺昌子 末黒野 201112  
土用波受け止めかねる履歴あり 杉井真由美 京鹿子 201201  
土用波停泊してゐるイージス艦 杉井真由美 京鹿子 201201  
波消しに来てはくだくる土用波 北崎展江 くりから 201209  
土用波いつきに腓返りかな 前田恵美子 青鷹 201210  
航跡を忽ちほぐし土用波 清海信子 末黒野 201211  
土用波持ち去りゐたる白砂かな 石脇みはる 201211  
二階には喪服吊され土用波 水野恒彦 201310  
大きうろ連ねて土用波の来る 千田百里 201310  
綿津見の声に聞ゆる土用波 居内真澄 ぐろっけ 201311  
海の皺大きく伸びて土用波 岩下芳子 201411  
土用浪飛沫を空に置き去りに 八木健 八木健俳句集 201509  
土用波人を帰して浜は昼 黒澤登美枝 201509  
土用波父性と云ふは折れ易く 菊川俊朗 201509  
わたつみの祠に及ぶ土用浪 宮原悦子 雨月 201510  
土用波怖れず海女の海に入る 下平しづ子 雨月 201511  
身の裡の熱きが消ゆる土用波 安立公彦 春燈 201609  
記号めく舫ひ結びや土用波 佐藤博重 春燈 201609  
落日の礁を蹴つて土用波 堀田順子 馬醉木 201610  
六地蔵の足元洗ふ土用波 豊谷青峰 春燈 201610 壱岐
くづほれて砂に平伏す土用波 鎌田光恵 201610  
土用波ざぶりと過去を凌ひけり 田原陽子 201611  
干し網の光る鱗や土用波 森清堯 末黒野 201611  
憲法九条皆老いぬ土用波 大草由美子 春燈 201708  
青空の少し見えたる土用波 岸洋子 201802  
突堤に音のあがれる土用波 佐津のぼる 六花 201810  
うねりつつ遥かより来し土用波 岩下芳子 201811  
生くるとは力出しきる土用波 望月晴美 201901  

 

2019年7月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。