朝 霧     144句

朝霧に醒めし金魚とオホーツク    高島茂

 朝霧 夕霧 夜霧 川霧 山霧 海霧 霧笛

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
朝霧や凱旋門の埴輪めき 鷹羽狩行 199908  
朝霧に花たゆたへり黄釣船 阿部ひろし 酸漿 199910  
朝霧に浮く宮島の鳥居かな 朝妻力 俳句通信 199910  
朝霧のはれて日当る山の墓 有本たけし 円虹 199911  
朝霧の湖さざ波つ明けにけり 有賀たもつ 遠嶺 199911  
朝霧やただ乳色の虚空あり 稲岡長 ホトトギス 200001  
朝霧の畠のこちらの女かな 尾上有紀子 わがまま 200002  
朝霧をついて四角の牛の貌 有吉桜雲 200003  
旅のはじまり胸にべったりと朝霧 斎藤白砂 海程 200009  
朝霧へローカル線は始発です 斎藤白砂 海程 200009  
朝霧に花盗人の消えにけり 林田加杜子 いろり 200011  
朝霧の中に無花果捥いでゐる 町野昭人 遠嶺 200102  
朝霧の霽れし湿原囀れり 藤村美津子 春耕 200108  
朝霧の溶けるがごとく燧ヶ岳 酒井多加子 春耕 200109  
朝霧の真白きに浮く有馬富士 西村純一 俳句通信 200111 花山院にて
朝霧の高野七坂荒神へ 細川コマヱ 雨月 200112  
粒あらき朝霧まとふ山の音 寺田千代子 京鹿子 200202  
朝霧の包む中世石の街 渡辺玄子 酸漿 200202  
朝霧にもつれ茶畑老いるかな 津田経子 火星 200202  
朝霧の深きに明けて降誕祭 窪田佳津子 雨月 200203  
朝霧を纏うて飛騨の蕨摘む 春田淳子 雲の峯 200207  
常陸野は朝霧の中柿若葉 宮崎直子 200208  
朝霧の晴れて若草食む羊 近藤きくえ 200209  
朝霧をまとひ大根蒔き終る 大串章 百鳥 200211  
洛陽の朝霧旅情深めたる 濱名伸子 円虹 200301  
バス徐行朝霧深し城下町 安藤誠子 築港 200301  
朝霧に曳き出されたる調教馬 森山よね子 帆船 200301  
朝霧の這ふそれぞれの山の色 木野本加寿江 火星 200302  
朝霧の中遠来の客となる 伊藤早苗 200302  
峡の朝霧を纏ひて桐の花 三浦カヨ子 酸漿 200305  
朝霧にかたまつてゐる袋角 渡辺政子 雲の峯 200308  
朝霧や牧場の奥に牛のこゑ 原田千寿子 雲の峰 200309  
朝霧や原子炉並ぶ柏崎 戸原春彦 帆船 200310  
朝霧に湯煙溶ける青嶺かな 渡辺嘉幸 帆船 200310  
朝霧や牛乳瓶の触るる音 金山千鳥 酸漿 200311  
山鳩の鳴き朝霧の晴れてきし 石川敬子 対岸 200311  
朝霧の雫びつしり集乳車 柴田近江 200312  
朝霧の霽れ群青の沼一枚 島崎晃 遠嶺 200312  
朝霧の晴れゆく浜や島岬 平山勝子 河鹿 200402  
朝霧の声かけ合つて万歩計 平山勝子 河鹿 200402  
朝霧を通り過ぎたる蕎麦街道 佐原正子 六花 200402  
奥伊勢の朝霧の中雉子鳴けり 小山漂葉 酸漿 200402  
朝霧の四万十川へ漕ぎ出だす 前田美恵子 200403  
放射冷却てふ朝霧の原野美し 芦川まり 八千草 200406  
大利根の朝霧やぶり初雲雀 須永トシ 栴檀 200407  
朝霧の濃き一渓をほととぎす 朝妻力 雲の峰 200407  
朝霧のすべる湖面の紫に 稲畑汀子 ホトトギス 200408  
朝霧に町はぼんやり煙なす 上岡末喜 築港 200408  
老鶯や湖の朝霧晴るる間も 西屋敷峰水 河鹿 200408  
溶岩原の朝霧の揺れ鹿の子現る 岡村葉子 栴檀 200410  
晴約す朝霧深き宿に覚め 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
朝霧に永の別れのクラクション 中川晴美 雲の峰 200411  
朝霧の霽れ沢音と鬼胡桃 川口襄 遠嶺 200412  
朝霧の嶺を走れり桷の花 須永トシ 栴檀 200501  
肥のにほひさせて朝霧の父ひとり 瀧春一 菜園 200509 父と菜園
朝霧や船笛近き平家塚 青山悠 200510  
朝霧にはや疾駆せる一騎あり 大串章 百鳥 200511  
朝霧に育ちし高原野菜喰む 鈴木庸子 風土 200512  
朝霧や動く箒の柄の赤き 中田みなみ 200601  
対岸は朝霧深く小鳥鳴く 中村輝子 酸漿 200601  
一村が朝霧の塊となりにけり 物江晴子 八千草 200603  
朝霧の晴れて全き山の数 鷹羽狩行 200607  
山荘に朝霧解くほどの風 稲畑廣太郎 ホトトギス 200610  
隣村より朝霧の大移動 岸本林立 雨月 200611  
朝霧の山より人の咳払ひ 藤井佐和子 200701  
朝霧や試歩のつま先濡れきたる 松下幸恵 六花 200705  
朝霧に蓮の花托の浮かびをり 山田怜子 遠嶺 200711  
プランターの朝霧草の忘れられ 松崎鉄之介 200711  
朝霧に流されてゐる風見鶏 齋藤厚子 200712  
朝霧を抜け蒼天の峰仰ぐ 大塚和子 遠嶺 200712  
朝霧に群ひるがへる岩燕 中村昭子 酸漿 200712  
鶴現るる朝霧に羽湿らせて 松原智津子 万象 200801  
朝霧に浮かびて淡きピラミッド 大西裕 酸漿 200802  
たちそむる杜の朝霧孕み鹿 藤岡紫水 京鹿子 200806  
水引や朝霧の谷見下しに 阿部ひろし 酸漿 200810  
朝霧につつまれゐたる明日香かな 石脇みはる 200811  
朝霧の中の湖北の合歓の花 竹内すま子 200812  
須弥山へ旅立ちの朝霧の音 島田麻衣 炎環 200901  
朝霧の堰に佇み瀬音聞く 渡部磐空 200901  
産土の宮の朝霧杜かくす 岸本林立 雨月 200901  
朝霧や二つの川の出合ふ町 水野あき子 遠嶺 200902  
朝霧やドナウの流れ機上より 伊吹之博 京鹿子 200902  
朝霧へ鹿の親子の逃げ込みぬ 山田六甲 六花 200911  
朝霧の雨に変はりて森顕れり 米田正弘 200911  
朝霧に目覚めて遠き船の笛 水田壽子 雨月 200912  
朝霧や墨絵めきたる白川郷 古川敦子 末黒野 200912  
先頭は朝霧の中鹿の列 狭川青史 馬醉木 201001  
朝霧の無きかに薪を運びくる 笹村政子 六花 201001  
朝霧の走りて熊野行者道 鈴木照子 201002  
綿菅の野を朝霧の走りけり 小滝奈津江 酸奬 201010  
朝霧の晴れゆく百舌の一声に 久永つう 六花 201011  
朝霧の富士隠しまでかくしけり 阿部ひろし 酸漿 201011  
いよよ濃き朝霧まとひ山上湖 黒滝志麻子 末黒野 201012  
朝霧の奥より現るるバスを待つ 石田きよし 201012  
朝霧や川を界に飛騨越中 志奈禮子 万象 201012  
朝霧にぬっと現れ釣小舟 笹井康夫 201101  
朝霧や光秀偲ぶ城下町 清水侑久子 201101  
朝霧の橋を夜霧に帰りけり 鈴木俊孝 末黒野 201101  
朝霧や余呉に影なき舟の音 竹下道子 京鹿子 201101  
朝霧の消ゆるはかなさ順不同 中本吉信 201102  
朝霧のトマトは愛子桃太郎 徳田千鶴子 馬醉木 201109  
朝霧の底に歩荷とすれ違ふ 宇都宮敦子 201109  
朝霧や霊峰たかく海に浮く 海村禮子 春燈 201111  
朝霧を脱ぎて淡海となりにけり 古賀しぐれ ホトトギス 201201  
朝霧へ桃源台発ローブウエー 池田光子 風土 201201  
朝霧の湖の明け初め投網打ち 中山良子 末黒野 201202  
朝霧のミラノの街を抜けにけり 松村光典 やぶれ傘 201202 イタリアヘ
朝霧を擦り抜けて来る手漕ぎ舟 吉田和子 ぐろっけ 201204  
朝霧や人の動きと警笛と 松本周二 かさね 201212  
朝霧の中よりぬつと種雄牛 瀬島洒望 やぶれ傘 201301  
樹々覆ふ朝霧深し高千穂峡 橋本靖子 201311  
朝霧や犬の散歩がのつと出て 岡野安雅 かさね 201311  
朝霧に日の出を告ぐる鶏の声 塩路隆子 201312  
山間に八(やつ)の朝霧留まりぬ 永田万年青 六花 201401  
朝霧や口笛に寄る牧の牛 外山節子 末黒野 201401  
朝霧や母の口笛節なくて 大野芳久 やぶれ傘 201402  
でかんしよの村の朝霧豆太る 山本耀子 絵襖 201404  
朝霧や愛宕路となる辻あたり 豊田都峰 京鹿子 201410  
山の湖の朝霧籠り櫂の音 矢崎すみ子 201411  
カウベルを吊り朝霧へ放ちけり 曽根薫風 馬醉木 201412  
朝霧の高台の街チロルめく 増田一代 201501  
朝霧で朝日はまるで月のよう 廣瀬将也(小六) 201501  
朝霧の白きがうごく甲斐五山 安立公彦 春燈 201501 甲府
朝霧のこぼれ光るを悼みとす 豊田都峰 京鹿子 201501  
斜交ひに朝霧流れ杉の山 沢辺たけし 万象 201502  
朝霧を四方に従へ筑波山 加藤静江 末黒野 201502  
朝霧の霽れて穂高の連なりぬ 大川暉美 末黒野 201502  
朝霧にまた立ちあがる舊き塔 佐藤喜孝 あを 201505  
朝霧や熊の爪痕あらたなる 原田達夫 箱火鉢 201511  
朝霧の奥の奥までお茶畑 上野進 春燈 201601  
朝霧や逢ひたき人の忌曰くる 上野紫泉 京鹿子 201602  
鳥海の朝霧海へ棚引けり 手島南天 万象 201602  
朝霧やトマムの山の蒔絵ぶり 山口素基 万象 201602  
朝霧に濡れ畦の豆引きにけり 川村みよき 万象 201602  
朝霧にブーレッド城の隠さるる 中村洋子 風土 201610  
新涼や朝霧高原馬放ち 津川かほる 風土 201611  
綿菅の野を朝霧の走りけり 大内和憲 万象 201611  
朝霧のリフトの下の花野かな 渡辺絹代 末黒野 201611  
朝霧に染み一叢の曼珠沙華 森藤千鶴 馬醉木 201612  
朝霧の町のあけゆく匂かな 西岡啓子 春燈 201612  
朝霧の匂う少年名はシスター 阪野基道 船団 201612  
朝霧の晴れて古刹の八重桜 吉田きみえ 末黒野 201708  
朝霧や異凶のごとき向かう岸 須賀ゆかり 201801  
朝霧の土手の斜面のもぐら塚 白石正躬 やぶれ傘 201803  
朝霧や今日の天気をうたがはず 山咲和雄 末黒野 201804  

2018年11月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。