夜 霧     34句

街灯は夜霧にぬれるためにある    渡辺白泉

 朝霧 夕霧 夜霧 川霧 山霧 海霧 霧笛

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
まなじりに夜霧流れて千灯会 原田富美子 199811  
今宵また夜霧のかくす恋いくつ 渡辺純 京鹿子 199904  
白檜曾の樹氷をなせり夜霧の灯 阿部ひろし 酸漿 199910  
大阿蘇の夜霧の闇の深さかな 松永唯道 円虹 199912  
夜霧てふ巨大な闇に捉はるる 稲岡長 ホトトギス 200001  
汽車に乗る前のくちづけ夜霧濃し 小澤克己 遠嶺 200012  
遠汽笛夜霧まとひて帰り来し 田巻和子 遠嶺 200101  
やがて四囲夜霧の砦なりしかな 佐土井智津子 ホトトギス 200104  
夜霧降り星のかけらもなかりけり 浅利恵子 ホトトギス 200203  
遠鵜舟篝はかなくして夜霧 蔵持柚 銀化 200207  
橋に来て夜霧濃くなる水の音 船越美喜 京鹿子 200302  
平曲や浜の夜霧の深かりし 大島翠木 200302  
牛車道轍をかくす青夜霧 和田照海 京鹿子 200303  
富士蔵す夜霧虚ろな大きさよ 稲岡長 ホトトギス 200312  
ヘッドライト灯し夜霧の深さかな 栗原公子 200412  
老優の訃あり夜霧の尾灯美し 坂ようこ 200412  
夜霧さへ昔語りを深めけり 古川洋三 遠嶺 200511  
夜霧の町嘗て恋せし人と逢ふ 久保栞 200601  
白鯨と夜霧の街で待合せ 佐藤喜孝 あを 200701  
詩ごころ消えて夜霧の鎭むころ 荻野千枝 京鹿子 200704  
ぶるるると夜霧をはじき犬走る 中村則夫 やぶれ傘 200901  
七彩にかはるコースター夜霧かな 神宮安見子 炎環 200911  
朝霧の橋を夜霧に帰りけり 鈴木俊孝 末黒野 201101  
悠久の比叡の夜霧鐘を打つ 浜口高子 火星 201111

延暦寺法然八百年

親鸞七百五十年

大遠忌と復興祈願

水飲むがごとく夜霧に身を晒す 西川織子 馬醉木 201201  
待ち惚けされて夜霧のターミナル 高橋泰子 201201  
阿夫利嶺の夜霧巻きくる能舞台 小林愛子 辻楽師 201206  
夜霧拭くタオル一枚分の濃さ 甕秀麿 201302  
大吟醸香りに混ざる夜霧かな 岡野安雅 かさね 201311  
山あひに沈む一村夜霧濃し 塩路隆子 201312  
要らざりし一語か夜霧こころにも 渕上千津 201711  
濤音に人声まぎる夜霧かな 玉田瑞穂 万象 201801  
夢二現れさうな夜霧の記念館 稲畑廣太郎 ホトトギス 201809  
退屈の底に夜霧の落ちてくる 江島照美 201902  

2019年11月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。