霧 笛    41句

燈台は低く霧笛は峙てり  高浜虚子  五百句

 朝霧 夕霧 夜霧 川霧 山霧 海霧 霧笛

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
キスゲ濡れ海峡とざす日の霧笛 豊田都峰 「山の唄」 198400 北恋
われながら旅愁奈落の霧笛宿 渡辺純 京鹿子 199812  
えとらんぜ霧笛の歔くといふ悲し 松田曼莉 京鹿子 199903  
船と船霧笛を鳴らす霧の中 永野秀峰 ぐろっけ 200001  
霧笛の夜鳴咽込み上げてくる思慕 金子皆子 海程 200102  
霧笛の夜こころの馬を放してしまう 金子皆子 海程 200102  
心の隙間霧笛も紅薔薇も詰める 金子皆子 海程 200102  
薔薇の体に霧笛沁みこむ海の街 金子皆子 海程 200105  
海の街霧笛に白衣重なってきます 金子皆子 海程 200105  
鉄塔に霧笛人はみな淋しい 金子皆子 海程 200105  
霧笛に重なる命その白き帆 金子皆子 海程 200105  
霧笛鳴らぬ街は底冷えて乾く 金子皆子 海程 200105  
玻璃わたる霧笛みつめて動けない 小林一枝 海程 200106  
最果ての霧笛にたましひいざなはる 折原あきの 船団 200201  
もう一度霧笛を聞いてから帰えろ 吉田久子 200302  
すれちがふ霧笛短かき木の葉髪 中村恭子 200303  
ちちははの夢だしぬけに霧笛鳴る 斎藤くめお 対岸 200311  
一湾にこもる霧笛や出航す 青山悠 200312  
若き日の蘆花住みし町霧笛鳴る 冨田みのる 200403  
一団のバスより降りし霧笛かな 板橋智恵子 百鳥 200412  
洋皿の時計文字盤遠霧笛 小山徳夫 遠嶺 200811  
霧笛鳴く遠きは夜の授乳室 藤幹子 炎環 200901  
来し方を見つめる真夜の霧笛かな 佐山五稜 風土 201001  
霧笛曳き深浦出づる北帰船 塩見育代 201002  
起き抜けの厨にとどく霧笛かな 大川暉美 末黒野 201102  
除夜詣神戸港より霧笛聞く 岡野安雅 かさね 201203  
つくす人亡き哀しみや霧笛鳴る 三浦澄江 ぐろっけ 201203  
いのち惜し暁の霧笛の遠鳴りに 遠藤真砂明 201301  
霧笛あと風そのものになつてゐる 松田都青 京鹿子 201303  
霧笛鳴く国後島は遠き島 佐山五稜 風土 201305  
闇深し何処行く船の霧笛かや 堀田清江 雨月 201411  
港町夜の霧笛を真近にし 伊庭玲子 201412  
灯台の霧笛を耳に旅果つる 高橋照子 雨月 201412  
霧笛泣く幣舞橋を渡りけり 田村すゝむ 風土 201501 釧路にて
鳥渡る赤きアーチの霧笛橋 奥田茶々 風土 201501  
冬の月船の霧笛の上に出る 後藤立夫 ホトトギス 201505  
霧笛聞く断崖黒きオホーツク 郷和顔 末黒野 201512  
北海の霧笛ふるさと遠きかな 升田ヤス子 玫あs瑰 201604  
キングの塔へ銀杏落葉や霧笛鳴る 北郷和顔 末黒野 201703  
木の床にブーツ霧笛の遠くあり 高田令子 201704  
僚船の霧笛流るる備讃瀬戸 碇天牛 雨月 201801  

2018年11月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。