雷 雲  39句

雷雲を眺めロンドンへ歸るなり    山口青邨

夏雲  夏の雲  峰雲  入道雲  積乱雲  雷雲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
雷雲につかまりしより土佐の旅 稲畑汀子 ホトトギス 199905
雷雲を避くる旋回二十分 稲畑汀子 ホトトギス 199905
雷雲の過ぐるを待ちて着陸す 稲畑汀子 ホトトギス 199905
鳴り物のひとつ雷雲隠し持つ 中原道夫 銀化 199910
雷雲の通り過ぎしと着陸す 稲畑汀子 ホトトギス 200008
雷雲を遠目に旅の終るかな 川畑良子 200008
雷雲のかげに安曇野抱き仏 三枝邦光 ぐろっけ 200010
雷雲に当てはまらない方程式 西塚成代 六花 200011
山頂や雷雲がバラ色に 三池泉 船団 200102
雷雲や形くづさぬ裏妙義 三嶋隆英 馬醉木 200110
雷雲の影が動いて東山 稲用飛燕 船団 200110
雷雲の遠ざかる空着陸す 稲畑汀子 ホトトギス 200207
雷雲のきれて夕星そこにあり 菊地惠子 酸漿 200210
嶺裏に雷雲育つ「消えずの火」 長谷川史郊 馬醉木 200211
雷雲の残してゆきし山気かな 本郷桂子 円虹 200303
下りてきし雷雲の量金の塔 佐藤喜孝 あを 200404
雷雲の真下の月日なつかしき 竹内弘子 あを 200507
雷雲や辣韮の皮増やしをり 浜口高子 火星 200510
雷雲の陣厚ければ潮も又 宇都宮滴水 京鹿子 200608
雷雲に琵琶行の岸寄らで過ぐ 松崎鉄之介 200609
雷雲の紫色に過ぎゆけり 山田六甲 六花 200609
雷雲や案山子笑ひて立ちゐたる 山田六甲 六花 200610
雷雲や羊の群の崩れ行く 大西まりゑ 酸漿 200611
晴れてゐて雷雲油断なかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200707
雷雲やポプラ並木に風起る 青野安佐子 200708
近づいてくる雷雲と入院す 戸田和子 200808
魚跳ねて雷雲湧きしこと伝ふ 鈴鹿仁 京鹿子 200809
雷雲の気になる太鼓連忙し 岩本紀子 200810
雷雲や岩の蔭から啼兎 田中藤穂 あを 200810
雷雲の駆け抜け風の森となる 稲畑汀子 ホトトギス 200907
名残り雨降らす雷雲迅く流れ 相沢有理子 風土 200908
雷雲を抜ける大揺れ着陸す 稲畑汀子 ホトトギス 201007
雷雲に海峡潮を迅めをり 小野喬樹 馬醉木 201010
雷雲の近づく方へ高速路 稻畑汀子 ホトトギス 201207
雷雲に翳るスタンドあと一球 林哲夫 ぐろっけ 201211
雷雲の峙つ西ヘハイウェー 千原叡子 ホトトギス 201312
雷雲のたちまち迫り露座仏 小川玉泉 末黒野 201611
快晴のいつ雷雲の育ちしや 稲畑汀子 ホトトギス 201807
雷雲の居座つてゐし空の果 稲畑汀子 ホトトギス 201807
雷雲や急げど遅きタグボート 加藤静江 末黒野 201911
雷雲を押す雲出でてグウタッチ 片桐てい女 春燈 202107
夏の果→2      

 

2022年8月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。