夏に入る     205句

道のべにはじまる山や夏に入る    高野素十

夏立つ  立夏  夏来たる  夏に入る  夏めく  夏は来ぬ・ほか

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
これよりは旅多き日々夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
199805
一人には重き荷を負ひ夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
199805
金平糖星のいろして夏に入る
藤井富美子
群蜂
199807
通りゃんせ自動改札夏に入る
しおやきみこ
船団
199811
鯉の尾の一打ぴしやりと夏に入る
小澤克己
遠嶺
199905
波の音荒けずりして夏に入る
桑垣信子
いろり
199906
磨りおろす墨の香りも夏に入る
三村純也
円虹
199907
波頭ふくらみ現れて夏に入る
吉野のぶ子
遠嶺
199908
夏に入る看取まだまだ続きさう
安田悦子
円虹
199908
夏に入る子はばっさりと髪を切り
山本潤子
いろり
199908
街路樹の影日々に濃し夏に入る
當麻幸子
俳句通信
199908
夏に入る箔きらきらと関帝廟
瀬戸悠
風土
200007
木洩れ日を濡らす蹼夏に入る
田渕葉陽
200007
寸陰に打ては響きて夏に入る
水澤竜星
200008
人の世の情のうすれ夏に入る
桑垣信子
いろり
200008
大いなる川きらめきて夏に入る
袴田信子
遠嶺
200009
蕎麦つゆのすこし辛口夏に入る
林田江美
馬醉木
200010
海見えてここは西の下夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200105
夏に入る昨日の旅を遠くして
稲畑汀子
ホトトギス
200105
新しき展示計画夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200105
虚子館の草木根付き夏に入る
稲畑廣太郎
ホトトギス
200105
たとへなきへだたりに鹿夏に入る
岡井省二
200106
夏に入る妻が折り目の単物
神蔵器
風土
200107
地祭のきのふの幣も夏に入る
赤川孝子
200107
削除否割愛をして夏に入る
松本康司
銀化
200107
神曲の真白きぺージ夏に入る
村上瑪論
銀化
200107
沖かけて夢張る白帆夏に入る
岩崎きゑ子
馬酔木
200108
ピタゴラスを少年覚え夏に入る
田中峰雪
雨月
200108
川と川合する宿場夏に入る
鵜飼紫生
雨月
200110
堀川の町城の町夏に入る
鵜飼紫生
雨月
200110
雲映す防弾硝子夏に入る
櫂未知子
銀化
200206
デパートと駅結ぶ橋夏に入る
宮城白路
風土
200207
一島の水の豊かに夏に入る
村田明子
円虹
200208
夏に入るコトコト弾む洗濯機
川崎光一郎
京鹿子
200208
汝が生れきし日眩しく夏に入る
福山悦子
ホトトギス
200209
山彦が応へ山麓夏に入る
鷹栖美代子
ホトトギス
200209
鉢のもの青さまぐや夏に入る
本田泰三
ホトトギス
200209
しづかなる屋敷の跡も夏に入る
本田泰三
ホトトギス
200209
スポーツ刈りして少年や夏に入る
藤木和子
ホトトギス
200209
長き髪靡かせ少女夏に入
藤木和子
ホトトギス
200209
音たてて水呑む犬や夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200209
火山灰噴いて桜島山夏に入る
元田千重
火星
200209
草花のまぶしむ中や夏に入る
吉野のぶ子
遠嶺
200209
手を伸ばす幹に水音夏に入る
高倉和子
200305
壁泉のきらきらきらと夏に入る
瀬戸悠
風土
200306
歩む嬰の靴の馴染みて夏に入る
太田悦子
200307
夏に入る手帳に記す読了日
仙田孝子
風土
200307
夏に入る伎芸天女の流し目も
田中藤穂
あを
200307
舌で掘る歯の大穴や夏に入る
野口伸二
帆船
200308
マネキンを下着で立たせ夏に入る
丸井巴水
京鹿子
200308
酒樽の秘仏のごとく夏に入る
石川貞子
対岸
200308
夏に入る子供相撲の尻ほめて
中谷喜美子
六花
200308
昏れてなほ闇青かりし夏に入る
村田明子
円虹
200309
トーストのこんがり焼けて夏に入る
平野静
京鹿子
200309
レストランまでの竹林夏に入る
小柳順子
帆船
200406
不足なく齢重ねて夏に入る
安陪青人
雨月
200406
葱坊主夏に入つて列乱れ
大串章
百鳥
200407
パレットに白がぬらりと夏に入る
栗栖恵通子
200407
楼門の深き年輪夏に入る
小川初恵
帆船
200407
揚げたての魚を酢どりに夏に入る
有島夛美
河鹿
200407
採掘の山肌乾き夏に入る
田島勝彦
遠嶺
200408
林道に光る自転車夏に入る
若生まりあ
遠嶺
200408
夏に入る目鼻と口と耳持つて
玉川梨恵
200408
鍋で炊くごはん甘うて夏に入る
林裕美子
六花
200408
裏山に雷落ちて夏に入る
長田秋男
酸漿
200411
鳥海山の裳裾なだらか夏に入る
芦川まり
八千草
200411
船音のマズルカめきて夏に入る
稲畑廣太郎
ホトトギス
200505
塀長き醤油工場夏に入る
江見悦子
万象
200507
半鐘がなくて火の見の夏に入る
定梶じょう
あを
200507
影日向しかと東京夏に入る
岡本眸
200507
一灯を点す工房夏に入る
徳田正樹
河鹿
200508
教科書のアンダーライン夏に入る
堀木基之
百鳥
200508
煎餅にも山の名ありて夏に入る
村越化石
200508
採血の白き指さき夏に入る
西口鶴子
遠嶺
200509
長柄鎌匂ふまで研ぎ夏に入る
田中明子
万象
200509
強い羽根柔らかい羽根夏に入る
片岡静子
200509
夏に入り生きる証の銃創持つ
松崎鉄之介
200509
黙しつつ匂ひつつ森夏に入る
木内憲子
200509
桐下駄の足どり軽く夏に入る
大山妙子
酸漿
200510
初夏に入る道行く人の白くなり
岩崎憲二
京鹿子
200510
帆船の結び目堅く夏に入る
栗城静子
200510
美作の山河うるはし夏に入る
山田をがたま
京鹿子
200511
着迷ふも楽しみのうち夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200605
滞在は旅の自由よ夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200605
哺乳瓶洗ふ水音も夏に入る
荒井千佐代
200606
腰掛けて石と一つや夏に入る
村越化石
200607
樹々動き山動きをり夏に入る
高橋瑛子
河鹿
200608
学ぶこと多くて死ねず夏に入る
泉田秋硯
200608
絵手紙の便りと共に夏に入る
矢嶋みつ江
遠嶺
200608
墓壊す重機の唸り夏に入る
伊勢ただし
ぐろっけ
200608
一幹の雄松すらりと夏に入る
小澤克己
塩竃
200608
朝市の魚あをあをと夏に入る
小泉万里子
200608
謎多き彗星見ゆる夏に入る
稲岡長
ホトトギス
200610
夏に入る日付変更線を越ゆ
岩下芳子
200706
夏に入る流線形のドアのノブ
小嶋洋子
200707
衣ずれをさはさはと聞く夏に入る
山口天木
雨月
200707
やることの多きわが庭夏に入る
大西洵子
遠嶺
200708
髭剃の音爽快に夏に入る
大空純子
ぐろっけ
200709
合宿所あけつぴろげの夏に入る
小田司
馬醉木
200708
曾祖母も答え分からず夏に入る
大空純子
ぐろっけ
200710
帆船の模型を飾り夏に入る
福場朋子
200711
読み書き会話順調夏に入る
宮崎裕子
春燈
200802
夏に入る雨の朝となりにけり
稲畑汀子
ホトトギス
200805
気にかゝりゐし消息も夏に入る
稲畑汀子
ホトトギス
200805
帆船の名は「あこがれ」や夏に入る
小林奈穂
200807
跳ね鯉の身を打つ響き夏に入る
久保田美智子
200808
枡席の座布団柄も夏に入る
秋千晴
200808
夏に入る卵の上の年月日
前川明子
200808
軸替へて友待つ座敷夏に入る
水野節子
雨月
200808
夏に入る会津に下駄材箪笥材
中村洋子
風土
200809
ひげあたる父の鼻唄夏に入る
村田とくみ
ぐろっけ
200810
夏に入る魁夷の道を立てかけて
神蔵器
風土
200906
月明り佐渡うっすらと夏に入る
増田一代
200907
笑ひ声鈴鳴るやうに夏に入る
来海雅子
200908
仁丹は男の香り夏に入る
永井惠子
春燈
200908
伊吹嶺の裏も表も夏に入る
青木錥子
200909
ジェットコースターの子等の絶叫夏に入る
國保八江
やぶれ傘
200910
画布に白き直線夏に入る
近藤公子
201007
垂直に風切り安房は夏に入る
辻美奈子
201007
樹木みな戦ぎ列島夏に入る
上田玲子
201007
瀬がしらのきらめく流れ夏に入る
川崎良平
雨月
201007
滔々と四国三郎夏に入る
山口順子
201008
夏に入る歩幅一寸ほど伸びて
林いづみ
風土
201008
夏に入る木地師の肘の力瘤
近藤幸三郎
風土
201008
夏に入る駅舎や海の写真展
佐野ときは
201008
ほのぼのとわたましの文夏に入る
中村恭子
201008
覚え無きあざ殖やしつつ夏に入る
田原陽子
201008
大空の星輝きて夏に入る
筒井八重子
六花
201009
農機具の音の大きく夏に入る
高倉恵美子
201010
風旨し侍れば百寿夏に入る
浅井青陽子
ホトトギス
201011
夏に入る海は一途に紺深め
荒井千佐代
201107
時戻す電力不足の夏に入る
須賀敏子
あを
201107
夏に入る二月堂より水の音
雨宮桂子
風土
201108
王将の文字の漆黒夏に入る
間島あきら
風土
201108
竹筒にたつぷりの水夏に入る
佐橋敏子
春燈
201108
夏に入る樟の大樹に耳当てて
渡邊美保
火星
201108
きら波や近江遠江夏に入る
西村純太
201108
尾骶骨クイと起こして夏に入る
柳川晋
201108
蒼穹の飛行機雲や夏に入る
金森信子
雨月
201108
クルーズの航跡太し夏に入る
北川キヨ子
201109
軍鶏の背筋伸ばして夏に入る
秋千晴
201110
本尊の開かずの厨子や夏に入り 笠井清佑 201207 湖東三山百済寺
降るやうに雀降りきて夏に入る 松田千枝 春燈 201207  
夏に入る水音隈なく勢ひ立ち 久染康子 201207  
マリンバの百の音色や夏に入り 三川美代子 201208  
声変りする子にハッと夏に入る 林美智 ぐろっけ 201208  
補足芯3Bに替え夏に入る 中岡佐知子 ぐろっけ 201208  
夏に入る立て続けなる怒濤音 柴田良二 雨月 201208  
終はりかた教へる講座夏に入る 伊藤希眸 京鹿子 201209  
又西の旅増えてきて夏に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201305  
夏に入る水の都の新駅舎 橋本靖子 201307  
蒲公英は綿毛となりて夏に入る 田島昭久 かさね 201307  
照り返し葉は白く見え夏に入る 田島昭久 かさね 201307  
夏に入る草木の花も盛りなり 柳田晧一 かさね 201307  
棟梁の背中大きく夏に入る 秋千晴 201310  
夏に入る電車は深く地下を行く 清水量子 201310  
揮毫する筆の先より夏に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201405  
快晴といふ心地よき夏に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201405  
水槽に魚影の秩序夏に入る 上谷昌憲 201407  
便り来ぬこともたよりや夏に入る 中山純子 万象 201407  
夏に入る身の重心を低く据ゑ 川崎真樹子 春燈 201407  
夏に入る深井戸に声こだまして 柴原公子 201407  
夏に入る君傍らに眠るとも 藤丸誠旨 春燈 201407  
庭石の蒼き深みや夏に入る 前田美恵子 201407  
右足の小指骨折夏に入る 須賀敏子 あを 201408  
俎板の水掌で切つて夏に入る 熊谷ふみを ろんど 201408  
米櫃に米を満たして夏に入る 中山純子 万象 201408  
沖走る水脈の眩しや夏に入る 鍋島武彦 末黒野 201408  
やはらかな邪鬼につかまれ夏に入る 上野紫泉 京鹿子 201408  
けものらの思考の目あり夏に入る 熊谷ふみを ろんど 201409  
水の辺に子等のはしやぎて夏に入る 野村鞆枝 京鹿子 201409  
普賢岳の鉢巻雲や夏に入る 城台洋子 馬醉木 201409  
夏に入る四方から見ゆる時計塔 遠山のり子 201410  
西ノ下にルーツ辿りて夏に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201505  
列長き球場前や夏に入る 秋山文子 末黒野 201508  
登校の銀輪眩し夏に入る 小林清彦 末黒野 201508  
蟹缶をぱかんと開き夏に入る 上野紫泉 京鹿子 201508  
放課後の人生ゆるりと夏に入る 赤岡茂子 春燈 201508  
夏に入る一つ高音に指鳴つて 神蔵器 風土 201508  
庭石は大小二つ夏に入る 神蔵器 風土 201508  
夏に入る服選びにも迷ふ日々 羽賀恭子 201508  
思ひ切りハイタッチして夏に入る 島照美 201508  
髪切つて五感全き夏に入る 能美昌二郎 201607  
西海道地震止まぬまま夏に入る 赤座典子 あを 201607  
一面の波の秀白し夏に入る 黒滝志麻子 末黒野 201608  
象洗ふ水の輝き夏に入る 松浦哲夫 末黒野 201608  
夏に入る吊りつ放しの風鈴も 飛高隆夫 万象 201608  
能登の田はあるがままにて夏に入る 大坪貞子 万象 201608  
美山郷の要のポスト夏に入る 和田照海 京鹿子 201608  
城石も残念石も夏に入る 大石よし子 雨月 201608  
糠床の機嫌診察夏に入る 橋本くに彦 ホトトギス 201609  
花もたぬ樹の鬱然と夏に入る 高橋あさの 201707  
木々挙り天指す夏に入りにけり 安立公彦 春燈 201707  
少しだけ夢をつなげて夏に入る 藤丸誠旨 春燈 201707  
鯱を見る展望室より夏に入る 佐藤玲子 春燈 201707 名古屋城
若みどり背伸びのみどり夏に入る 長崎桂子 あを 201707  
ハーバーを行き交ふ白帆夏に入る 今村千年 末黒野 201708  
冷淡な夜に抱かれ夏に入る 柳川晋 201708  
黒板にナイフの疵や夏に入る 那須淳男 馬醉木 201708  
書に向かふ時が幸せ夏に入る 諸戸せつ子 春燈 201708  
週一回のリハビリ夏に入りにけり 大嶋洋子 春燈 201708  
沖波の弾み来る浜夏に入る 山田由利枝 雨月 201708  
崩れさうなままでそれでも夏に入る 直江裕子 京鹿子 201709  
深層水岬に飲んで夏に入る 福島せいぎ 万象 201709  
良弁の杉の年輪夏に入る 落合由季女 雨月 201802  

 

2018年5月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。