冬の月 1      100句

静なるかしの木はらや冬の月    蕪村

冬の月  冬月  冬満月  冬三日月  寒満月  凍月

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
常にわが背後に刃冬の月 小澤克己 遠嶺 199902  
コンサート終りて仰ぐ冬の月 石山惠子 遠嶺 199904  
天辺に夢野久作冬の月 津田このみ 月ひとしずく 199912  
我ありと思ふ我とは冬の月 稲岡長 円虹 200002  
なかばまで母送りをり冬の月 宮倉浅子 遠嶺 200002  
竹林を岸に猪名川冬の月 高野清風 俳句通信 200002  
飯炊けし窓の曇りや冬の月 正木ゆう子 200003  
叱られて涙の中の冬の月 小田道知 円虹 200003  
冬の月誰かどこかで似しことを 三井孝子 六花 200003  
偏食に孤独充して冬の月 本橋怜加 冬牡丹 200003  
祝杯の頬のほてりや冬の月 斉藤秀子 遠嶺 200004  
母の許はなれて同じ冬の月 矢島みつ江 遠嶺 200004  
洞門の沖くれなゐに冬の月 小形さとる 200004  
カナリヤのもう眠る頃冬の月 松木知子 ヒッポ千番地 200004  
来てくれと電話の小声冬の月 堀井乃武子 ぐろっけ 200005  
母おもひあれば軒端に冬の月 市場基巳 200101  
どこまでも我を追ふ影冬の月 寺田きよし 酸漿 200102  
サーカスの檻すりぬけて冬の月 村上瑪論 銀化 200102  
深閑と更けゆく団地冬の月 上田尚義 俳句通信 200102  
瓔珞のさゆれの雫冬の月 中川芳子 200103  
白ワインかけらとなりて冬の月 あたぎ和 船団 200105  
ころがりて銀の音色は冬の月 あたぎ和 船団 200105  
プラチナに指先変えぬ冬の月 内野聖子 船団 200105  
いま揚げし旗高々と冬の月 門脇山卯 雲の峰 200202  
シーチキンの缶開いてゐる冬の月 山尾玉藻 火星 200202  
冬の月急いで帰りたくなりて 鎌田俊雄 いろり 200202  
胸底は浚ふべからず冬の月 山室キミ子 銀化 200202  
仮面直面いづれがおのれ冬の月 渡辺純 京鹿子 200202  
雨ふふみやさしくなりぬ冬の月 子安教子 200203  
飲食や柞をのぼる冬の月 小形さとる 200203  
冬の月母の残せし文机 羽根田和子 百鳥 200203  
沖船へ水尾曳く艀冬の月 安藤衛門 春耕 200203  
冬の月娼家の土間の濡れてゐし 元田千重 火星 200204  
冬の月満ちゆくお沙汰待つことも 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
海底に摩天楼聳ち冬の月 神蔵器 風土 200301  
川浅きところせせらぎ冬の月 石井道則 築港 200301  
酔ふ頬に透き徹らむか冬の月 林翔 200301  
西口の焼き鳥小路冬の月 小宮山勇 遠嶺 200302  
スリッパのひびき止みけり冬の月 南うみを 風土 200302  
音のみとなりたる川や冬の月 徳永真弓 百鳥 200303  
冬の月宇宙の奥の暗きかな 浜崎壬午 円虹 200303  
一片の鯤の鱗よ冬の月 高橋将夫 200303  
船倉に氷積み込む冬の月 堀義志郎 火星 200303  
冬の月背中合はせの男女かな 丸井巴水 京鹿子 200303  
缶切りでせりせりと切る冬の月 若林由子 銀化 200303  
ふつと死を真近に感ず冬の月 渡辺薫子 円虹 200304  
待つ人を誰とは云はず冬の月 堀口千穂子 円虹 200304  
軸に置く青きランプや冬の月 若生まりあ 遠嶺 200306  
弔辞つづりをり冬の月育ちゐる 大橋敦子 雨月 200312  
銀の波引き寄せて冬の月 十川たかし 200312  
重ね履く絹の靴下冬の月 中島陽華 200401  
冬の月またも男を信じけり 須佐薫子 帆船 200401  
開校は平安時代冬の月 白鳥義岳 帆船 200401  
リハビリ後濯ぎ終へにし冬の月 片山八重子 ぐろっけ 200401  
銀盃に溢れむばかり冬の月 横山淑子 200402  
冬の月轆轤浄めてありにけり 上野澄江 百鳥 200402  
真夜中や思考のやうな冬の月 早崎泰江 あを 200402  
暮れ際の紺青冬の月尖る 丸山敏幸 200402  
眠らずのカジノの街や冬の月 小林成子 200403  
しんかんと富士山頂の冬の月 徳田正樹 河鹿 200403  
二胡をひく乙女のまなこ冬の月 矢嶋みつ江 遠嶺 200403  
充ちたりてなほ人恋し冬の月 北原瑞枝 遠嶺 200403  
思ひ出の言葉にひたる冬の月 田澤初枝 遠嶺 200403  
冬の月ドラマのやうな捨て科白 藤井智恵子 百鳥 200403  
わが心洗ひざらひの冬の月 福谷三保子 帆船 200403  
旅果の賢治の里の冬の月 堀田恵美子 雨月 200403  
冬の月泣かないための泣きぼくろ 玉川梨恵 200403  
冬の月新羅ぶりなる若狭仏 矢野節子 草の花 200403  
離れ見る父の姿や冬の月 堤陽子 遠嶺 200404  
今吐きし言葉拾へず冬の月 物江昌子 六花 200404  
冬の月砂利道乾ききつてをり 高木武人 百鳥 200404  
息つけぬ仕事終りて冬の月 小山百合子 遠嶺 200405  
水垢離のごとすきとほる冬の月 竹貫示虹 京鹿子 200411  
冬の月滝を離れて滝の中 内藤ゑつ ゑつ 200411  
注射打って家路つまづく冬の月 大橋敦子 雨月 200501  
訃報つづきぬ冬の月いたく欠け 大橋敦子 雨月 200501  
新宿のビルの底より冬の月 柿沼盟子 風土 200502  
冬の月誰に誘はれ夫逝ける 吉沢かねよ 帆船 200503  
火事跡に立つ柿の木や冬の月 大坪景章 万象 200503  
ゴスペルや水面に揺るる冬の月 岩月優美子 200503  
鬱の人鬱を語りし冬の月 大山文子 火星 200503  
冬の月古都幻想の朱雀門 福西礼子 火星 200503  
焼け跡に残る祠や冬の月 中里とも子 百鳥 200503  
冬の月鉛筆の芯固くなり 高木武人 百鳥 200503  
宴果つひときはまろき冬の月 石塚ゆみ子 遠嶺 200503  
前へ進むための両足冬の月 倉持梨恵 200503  
入院の夫置きざりに冬の月 青垣和子 雨月 200504  
塔多き学生街の冬の月 芳賀雅子 遠嶺 200504  
冬の月円かどこまでも正面 佐土井智津子 ホトトギス 200505  
小屋を洩る猪の寝息や冬の月 三関浩舟 栴檀 200601  
円かにも懸るよ松に冬の月 阿部ひろし 酸漿 200601  
ひと言が閂となる冬の月 松田有伽 河鹿 200602  
冬の月たとへる色の見つからず 倉持梨恵 200602  
師を悼む制服の列冬の月 酒井忠正 百鳥 200603  
天窓に仰ぐ夜毎の冬の月 天田美保子 酸漿 200603  
冬の月鳴きつつ渡る五位の影 石垣幸子 雨月 200603  
そちこちの通夜に参じぬ冬の月 三由規童 雨月 200603  
加齢とは孤独への道冬の月 北村香朗 京鹿子 200603  
ある期待回り道する冬の月 山田治美 四葩 200603  
冬の月いまだ詩魂のさまよへり 峯桜子 遠嶺 200604 冬の月→ 2

 

2015年2月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。