法師蝉 1     100句

法師蝉しみじみ耳のうしろかな    川端茅舎

秋の蝉  秋蝉  残る蝉  法師蝉  つくつく法師    ひぐらし

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
蝉時雨より抜け出して法師蝉 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
経蔵に経ぎつしりや法師蝉 宮津昭彦 199810  
鳴きやめて祈るかたちに法師蝉 鷹羽狩行 199811  
啼き終へて翳の重たき法師蝉 松田都青 京鹿子 199812  
野火止の細き流れや法師蝉 小宮山勇 青胡桃 199905  
高からぬ古都の山々法師蝉 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
六波羅やつうびつうびと法師蝉 岡井省二 199910  
湖彦となりひたすらの法師蝉 山田弘子 円虹 199910  
もの狂ひせるかとばかり法師蝉 大橋敦子 雨月 199910  
みんみんに圧されて遠き法師蝉 大橋敦子 雨月 199910  
法師蝉山の牧場にバス来る 長谷川通子 俳句通信 199910  
ところ嫌わず眠ることとす法師蝉 金子兜太 海程 199911  
入り替りては無住寺の法師蝉 松田裕子 六花 199911  
閑けさの極みに鳴けり法師蝉 中川濱子 ぐろっけ 199911  
寺山の僧を呼び出す法師蝉 中村祭生 ぐろっけ 199911  
羽黒嶺の法螺やみてより法師蝉 岸のふ 馬醉木 199912  
俳諧の祖を讃へて法師蝉 鷹羽狩行 199912  
水に日の当ってをりぬ法師蝉 西村純吉 199912  
母の忌の遠い木で鳴く法師蝉 川島真砂夫 199912  
捗らぬ遺句集の選法師蝉 松崎鉄之介 199912  
みちのくの鬼の岩屋の法師蝉 多田鬼堂 200001  
法師蝉墓に寝転ぶ漢ゐて 坊城俊樹 ホトトギス 200001  
墓碑になほも彫る恋の歌法師蝉 本橋怜加 冬牡丹 200003  
法師蝉ほどの尿りをかぶりけり 岡本高明 200008  
法師蝉鳴いて身ほとり深山めく 柏井幸子 円虹 200008  
ビリヤード年中無休法師蝉 山田六甲 六花 200008  
つくばひに知足とありぬ法師蝉 阿波谷和子 俳句通信 200010  
木が大きくなりたる町の法師蝉 宮津昭彦 200010  
莨うまき日なり双耳に法師蝉 林翔 200010  
杉箸にふる里の香や法師蝉 西村博子 馬醉木 200011  
結跏趺坐丹田に鳴く法師蝉 三橋泥太 遠嶺 200011  
伊勢は津でもつとつくづく法師蝉 鷹羽狩行 200011  
真昼かな浮かれ法師の法師蝉 林翔 200011  
帰り来し父か破調の法師蝉 中村祭主 ぐろっけ 200011  
この幹の鳴きつくしたる法師蝉 盛良孝 200101  
五線紙に採譜叶わぬ法師蝉 葉月ひさ子 船団 200102  
声々も岬細りの法師蝉 鷹羽狩行 200109  
法師蝉明日は穂高の米を研ぐ 朝妻力 俳句通信 200109  
幹に日ざしのあるうちと法師蝉 鷹羽狩行 200110  
声はなればなれや城の法師蝉 鷹羽狩行 200110  
神杉に雨走り来る法師蝉 木下玉葉子 酸漿 200110  
法師蝉鳴き少年に里心 高野清風 俳句通信 200110  
法師蝉一息つぎて鳴き出しぬ 池尻足穂 俳句通信 200110  
今だけと力の限り法師蝉 桑原敏枝 いろり 200110  
西海に入る日を呼びて法師蝉 山陰石楠 200111  
法師蝉倍の体の声となり 中村昭義 百鳥 200111  
法師蝉鳴いて貴船は水の神 水谷芳子 雨月 200111  
法師蝉頭ごと魚食べをり 加藤みき 200111  
法師蝉聞かまく園を深く来し 斉藤陽子 雨月 200112  
法師蝉峠越えしと思ふこと 海輪久子 円虹 200112  
只生きてゐるだけもよし法師蝉 保田英太郎 風土 200112  
化野にたたみ鳴きして法師蝉 田中佐知子 風土 200112  
教科書に墨塗りしこと法師蝉 永橋久子 百鳥 200112  
二の丸の松に尽きたり法師蝉 千坂美津恵 200201  
縁切寺に聞く十月の法師蝉 江木紀子 雨月 200201  
温泉の宿の想い出遠し法師蝉 鈴木喜三郎 ぐろっけ 200209  
一本の樹が鳴くごとし法師蝉 鷹羽狩行 200210  
いそがるるもの何々ぞ法師蝉 鷹羽狩行 200210  
市街地に目立つ空家や法師蝉 喜多初枝 雨月 200210  
啄木を偲ぶ停車場法師蝉 長谷川通子 雲の峰 200210  
一拍のあと法師蝉鳴きつげり 西村純一 雲の峰 200210  
法師蝉おつとり刀で来る月曜 藤岡紫水 京鹿子 200211  
今日は死ぬな死ぬなと鳴いて法師蝉 木田千女 200211  
なきがらに耳の二つや法師蝉 恩田甲 百鳥 200211  
法師蝉序破急と鳴き収めけり 宮城白路 風土 200211  
法師蝉湖の全容俯瞰して 河中透水 雨月 200211  
ままごとの始まる茣蓙や法師蝉 邑橋節夫 遠嶺 200212  
豊作を壽ぐやうに法師蝉 上田祥子 遠嶺 200212  
法師蝉読経終るも鳴き止まず 海老原信男 築港 200212  
法師蝉継ぎ足すやうに鳴き終る 橋本佐智 円虹 200212  
廃校の庭に蜂起す法師蝉 武政礼子 雨月 200212  
法師蝉果てゐて女人高野かな 西村操 雨月 200212  
待庵に人待ち声の法師蝉 河村泰子 ぐろっけ 200212  
法師蝉姿勢正して鳴きにけり 大串章 百鳥 200212  
法師蝉矛を収むるごとく止む 大串章 百鳥 200212  
法師蝉鳴き損なひしまま終る 大串章 百鳥 200212  
風向の変はりてよりの法師蝉 稲畑廣太郎 ホトトギス 200301  
あかときの空の隙間よ法師蝉 浦川聡子 水の宅急便 200305  
法師蝉壁を共鳴板として 稲畑廣太郎 ホトトギス 200308  
消息にまじる訃ひとつ法師蝉 鷹羽狩行 200309  
旅心はるかな森の法師蝉 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
鳴きつぎて命惜しめり法師蝉 藤原たかを 馬醉木 200310  
白鳳の塔の礎石や法師蝉 祐森省造 雲の峰 200310  
隠れ家にしたき一亭法師蝉 伊藤白潮 200310  
法師蝉鍵穴一つ抵抗す 山田美智子 築港 200310  
法師蝉いつまで続くこころの喪 山田美智子 築港 200310  
家ぬちの哄笑止むや法師蝉 泉田秋硯 200311  
嬉しきは試歩のたしかさ法師蝉 名取袿子 200311  
日をまとふ森の暗さよ法師蝉 阿部ひろし 酸漿 200311  
禅林のいづこかふかく法師蝉 阿部ひろし 酸漿 200311  
里人の守る観音や法師蝉 大島黎子 築港 200311  
法師蝉声高に鳴き指揮をとる 庄野房女 築港 200311  
近く来よ敷居の外の法師蝉 岩下芳子 200311  
法師蝉水の流れを追ふやうに 大串章 百鳥 200311  
山の子の休み短し法師蝉 江頭信子 馬醉木 200311  
法師蝉子らの休暇のあと二日 平田はつみ 馬醉木 200311  
森清め人浄めをり法師蝉 岩田育左右 遠嶺 200312  
光圀も耳を澄ますや法師蝉 鷹羽狩行 200312  
鳴きつくし飛び立ちゆけり法師蝉 石原静子 酸漿 200312  
休みなき磴の高さや法師蝉 岡本眸 200312 法師蝉 2

 

2020年8月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。