1     100句

蜩の止めば水色ひろごりぬ    富澤赤黄男

秋の蝉  秋蝉  残る蝉  法師蝉  つくつく法師    ひぐらし

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
蜩の青く小さきが捕はれし 加藤三七子 黄鐘 199808  
渕底に棲む蜩の金のこゑ 丸山海道 京鹿子 199808  
蜩や青のこる空谷に落つ 丸山海道 京鹿子 199810  
蜩や海を見下す切通し 島田教夫 春耕 199811  
蜩やしづかにくぐる夕庇 山田禮子 遠嶺 199812  
夜明けかな蜩の背の透き通る 河野志保 海程 199812  
蜩の村の大樹となりにけり 遠藤和彦 遠嶺 199905  
蜩に荘の月日の入れ替はる 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
蜩や仕事の目途の立たぬ日よ 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
蜩や久しく行かぬ山の荘 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
蜩や夫亡きあとの荘の日々 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
ふくれ来し風蜩を乗せて来し 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
蜩に引返したる山路かな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
初蜩こころ後れてゐたりけり 神蔵器 風土 199910  
無事一と日夕蜩に風呂を焚く 田口泡水 風土 199910  
勅願寺の骨堂つつむ夕蜩 松崎鉄之介 199910  
蜩やくぐり戸抜ける山の風 森脇恵香 俳句通信 199910  
蜩や正座にてむく文机 宇利丞示 俳句通信 199910  
蜩の今年遠くの声ばかり 宮津昭彦 199911  
夕蜩人は毘沙門天残す 小倉行子 風土 199911  
蜩の声休む時丸い空 西塚成代 六花 199911  
蜩が鳴きて六甲日暮れたる 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
蜩の名乗るがごとく鳴きにけり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
蜩に見破られたる忍び足 三浦喜久子 ぐろっけ 199912  
蜩の惑星はみな碧なす 塩見恵介 虹の種 200005  
蜩の遠ざかるとき風渡る 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
蜩に山の夕風立ちそめし 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
蜩の声へ電話をかざしやる 阿部ひろし 酸漿 200008  
蜩や使ひ痩せたる湯揉板 斉木永久 馬醉木 200009  
蜩や自刃弔ふ五輪塔 末益冬青 俳句通信 200009  
野馬追の出陣祝げり暁蜩 松崎鉄之介 200010  
蜩のはぐれ鳴きして遠江 児玉輝代 200011  
蜩の森抜けてより耳熱し 長尾康子 風土 200011  
蜩の宿となりけり旅一日 山田禮子 遠嶺 200011  
蜩や海かたどりし石の庭 鶴田武子 俳句通信 200011  
初蜩聴くや一茶の土蔵裏 安藤衛門 春耕 200011  
蜩のこゑ対岸に大樹あり 大谷茂 遠嶺 200012  
蜩や動かぬ釣瓶苑深く 三崎由紀子 遠嶺 200012  
蜩の山の一日となりにけり 井上清子 200012  
耳元を濡らして過ぎる蜩よ 河野志保 海程 200101  
蜩や女も一番風呂が好き 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
蜩に山の朝のはじまりし 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
蜩の声夕風を誘ひをり 栢森敏子 あを 200108  
梅雨蜩鳴くや深山の靄揺すり 岩崎きゑ子 馬酔木 200109  
蜩や碑文に島の殉教史 木下仁司 200109  
遠蜩はや邯鄲と聴きゐたり 阿部ひろし 酸漿 200109  
蜩の六時半には鳴きやみぬ 高木伸一 六花 200109  
蜩や灯して暗き飛騨格子 金子きくえ 春耕 200109  
蜩や水天宮の赤鳥居 渡辺正子 百鳥 200110  
蜩の敷居に坐る子供かな 山西雅子 200110  
蜩よ米寿の吾に何急かす 林翔 200110  
蜩や明日も又来て鳴いてくれ 浅井千鶴子 いろり 200110  
蜩や気鬱の髪を強く梳く 宮脇ちづる 200111  
蜩や消えゆくものは尾を曳きて 中本憲巳 200111  
ひとときは蜩の町海蒼し 藤本鷹山 百鳥 200111  
蜩や羅漢の中にマリア仏 吉岡久江 火星 200111  
青淵に蜩の声鋼なす 和田敏子 雨月 200111  
蜩の暮れのこる声尾を曵けり 宮津昭彦 200111  
蜩の金属疲労夜に入る 波多洋子 銀化 200111  
ためらひの初蜩に山けぶる 池崎り子 六花 200111  
蜩や後戻りして仏花買ふ 岩永節 春耕 200111  
蜩のあと静かなる宮の杜 小林光美 春耕 200111  
蜩の森雨音の奥にある 木暮陶句郎 ホトトギス 200112  
蜩の声の目指せる星のあり 木暮陶句郎 ホトトギス 200112  
聞き留めし蜩に耳突き出せり 湯川雅 ホトトギス 200112  
蜩や夕ベの心空つぽに 湯川雅 ホトトギス 200112  
落伍せし子に蜩の山路急 沼尾紀伊子 ホトトギス 200112  
蜩に山沈黙をしてをりし 沼尾紀伊子 ホトトギス 200112  
はるかなる蜩かはた潮騒か 遠田やすゆき ホトトギス 200112  
蜩の顔こちらむきかも知れず 遠田やすゆき ホトトギス 200112  
蜩の浜に消えゆく日なりけり 遠田やすゆき ホトトギス 200112  
六甲の蜩摩耶へ鳴き移る 千原叡子 ホトトギス 200112  
指揮者追ひ駆くや蜩谿越えて 千原叡子 ホトトギス 200112  
蜩の風となりつつ森更けぬ 千原叡子 ホトトギス 200112  
峡宿に近く蜩にも近く 岩垣子鹿 ホトトギス 200112  
夕日置き忘れ蜩遠ざかる 岩垣子鹿 ホトトギス 200112  
木霊まづ誘ひ蜩応へけり 長山あや ホトトギス 200112  
耳澄ますより蜩の谷に湧く 吉村ひさ志 ホトトギス 200112  
蜩の大合唱や谷暗め 吉村ひさ志 ホトトギス 200112  
蜩や神域にして山がかる 吉村ひさ志 ホトトギス 200112  
蜩の止み宿題の子を放つ 石川多歌司 ホトトギス 200112  
窓開けて夕蜩に車駆る 永森とみ子 ホトトギス 200112  
蜩や賽銭集め寺男 永森とみ子 ホトトギス 200112  
蜩を心のどこか待つてをり 城谷桂子 ホトトギス 200112  
蜩に覚め夜かとも昼かとも 下田水心子 円虹 200112  
蜩の鳴き加はりし賀茂の杜 鰍澤真佐子 春耕 200112 糺の杜
蜩よ法師よ薬草園に鳴く 岡田芳子 ぐろっけ 200112  
蜩や能舞台より暮れてゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 200207  
時とどめゐし蜩の遠ざかる 稲畑汀子 ホトトギス 200208  
かの日憶ふ梅雨蜩の恋の声 林翔 200208  
蜩の声をこころに呼び戻す 鷹羽狩行 200209  
蜩やうすみどりなる弧光灯 太田寛郎 200209  
初蜩母に聞えぬ夕餉かな 八木岡博江 酸漿 200209  
耳鳴りを蜩にかへ歩きだす 堀内一郎 あを 200209  
蜩の鳴きつぐ中に母逝けり 大野ツネ子 酸漿 200210  
蜩に一生の一日暮れてゆく 林翔 200210  
蜩の鳴き止み森のそつけなし 関洋子 200210  
夢の中とも蜩の一しきり 伊藤多恵子 火星 200210  
蜩や椅子より剥がす怠惰あり 下村志津子 銀化 200210  
帰りし子蜩の門閉ぢにけり 閑田梅月 馬醉木 200211 蜩 2

 

2020年8月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。