3     138句

呼吸とはこんなに蜩を吸うことです    金子兜太

秋の蝉  秋蝉  残る蝉  法師蝉  つくつく法師    ひぐらし

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
強弱をつけて蜩輪唱す 木藤ヒデ子 築港 200511  
せせらぎと蜩もつれ峡の村 長崎桂子 あを 200511  
蜩のみそぎのごとく鳴き暮るる 清原彰子 河鹿 200512  
蜩の声につつまれ歩かれず 庄中健吉 200512  
蜩や今日生きて今日何為せし 林翔 200512  
蜩やなんのこれしき母の守 荒井和昭 200512  
蜩の声のとび込む訃の電話 風間史子 200512  
蜩のさびしみにあり今日も亦 寺島順子 雨月 200512  
蜩も静けさの内吉田山 舩越美喜 京鹿子 200512  
帰りは一人初蜩は短く了る 瀧春一 瓦礫 200606  
初蜩よ朝めしの熱いじやがいも 瀧春一 瓦礫 200606  
拍手の音蜩を鎮めたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200607  
蜩の四部合唱といふ距離に 稲畑廣太郎 ホトトギス 200607  
うぶすなの六甲むこの蜩君を待つ 品川鈴子 ぐろっけ 200607 句友K様へ
蜩を近づけひとり閼伽を汲む 伊藤白潮 200609  
蜩の駅師を訪ふに降りし駅 宮津昭彦 200610  
蜩の鳴ける古刹の杜深し 綿谷美那 雨月 200610  
蜩の夕日しみたる声放つ 鈴木栄子 酸漿 200610  
茅蜩やことばをすこしづつうすめ 佐藤喜孝 あを 200610  
蜩や抜道鎖し官舎の灯 芝宮須磨子 あを 200610  
蜩をこころに聴きてひとり旅 泉田秋硯 200611  
蜩の他は聞こえず乗り継ぐに 山崎靖子 200611  
蜩や又変り来し潮の色 飯田明己 遠嶺 200611  
蜩の一笛澄める蝉時雨 千手和子 馬醉木 200611  
蜩の水の流れを研ぐごとく 伊東恵美子 馬醉木 200611  
蜩や驟雨を浴びて息づける 一瀬昭子 馬醉木 200611  
蜩や父祖の育てし雑木山 田中峰雪 雨月 200611  
蜩や丁寧な字の手紙来る 田中藤穂 あを 200611  
蜩を背に総門を出でにけり 近藤きくえ 200612  
ウインド・サーファーにも蜩の声とどく 宮津昭彦 200612  
蜩の合宿所なる大欅 石橋萬里 ぐろっけ 200612  
茅蜩のたかどのまもる磨崖佛 林美智 ぐろっけ 200612 湖南省長沙にて
蜩の高音に夕日呼び落す 稲岡長 ホトトギス 200701  
蜩のこみちと名付け散歩かな 滝川あい子 雨月 200701  
通されし庫裡に蜩鳴きをりぬ 岡本直子 雨月 200702  
蜩のささやく夕へ歩を延ばす 藤原りくを 八千草 200703  
蜩やシグナルやがて光りそむ 瀧春一 200706  
蜩や白雲尚もかゞやける 瀧春一 200706  
梅雨の峽蜩鳴けば暮れ心地 瀧春一 200706 奥武蔵高麗川谿谷にて
蜩の祈りに似たる神の山 稲畑廣太郎 ホトトギス 200708  
蜩に森従つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200708  
蜩を聞きつつ決めてゆけること 稲畑汀子 ホトトギス 200708  
蜩やよすがの山のひとつ雲 鈴鹿仁 京鹿子 200709  
蜩や鏡の裡を過ぐ月日 須田紅三郎 200709  
蜩や顧みて坂まだ半ば 林翔 200709  
蜩のけふ鳴き初むや梅雨最中 青木政江 酸漿 200709  
蜩に許されてゐる心地かな ことり 六花 200709  
休み休み鳴くが優しき蜩は ことり 六花 200709  
道路橋蜩の声反射せり 宮津昭彦 200710  
蜩を終章として灯をともす 豊田都峰 京鹿子 200710  
をちこちに湧く蜩や子の手曳く 永峰久比古 馬醉木 200710  
蜩に水びたしなる森の中 佐藤喜孝 あを 200710  
蜩の声につぶされさうな宿 鈴木多枝子 あを 200710  
読経に蜩相の手を入るる 木下もと子 200711  
灯点さずゐる蜩の二階かな 蘭定かず子 火星 200711  
蜩の一と節長く編む妻よ 丸山冬鳳 京鹿子 200711  
蜩や夕空雲のかけらも無く 丸山冬鳳 京鹿子 200711  
父の木の蜩のまたはじめから 水野恒彦 200711  
蜩や句友と並ぶ句碑の前 梅田秀子 酸漿 200711  
蜩のこゑの中なる巫女神楽 松元末則 酸漿 200711  
蜩のよく鳴く丹波山まろし 稲岡長 ホトトギス 200712  
蜩に六甲の朝はじまりし 稲畑汀子 ホトトギス 200808  
蜩の森に沈める山の荘 稲畑汀子 ホトトギス 200808  
ごぼごぼと天然の水初蜩 中山純子 万象 200810  
蜩の陣立ち上がる霧の中 丹間美智子 炎環 200810  
蜩のそれきりなりし別れかな 柳生千枝子 火星 200810  
蜩の一声耳に納めけり 中村しげ 酸漿 200810  
蜩の腹からつぽに鳴けるなり 小泉貴弘 筑波の道 200811  
蜩や吾が逍遥を待ちゐたる 泉田秋硯 200811  
臥す夫と夕蜩を聴きてをり 千手和子 馬醉木 200811  
蜩の奥にひぐらし峡のバス 米山のり子 馬醉木 200811  
嬰抱きて蜩へ押す乳母車 藤田良 炎環 200811  
蜩や巌を文殊として祀り 高垣和恵 雨月 200811  
蜩や耳成山みみなし降りて消えし友 松崎鉄之介 200811 茂里正治氏行方不明
蜩や白檀の香の柩まで 岸はじめ ぐろっけ 200811  
蜩や温暖化のとき疑わず 櫻木道代 ぐろっけ 200811  
ファックスの直筆にじむ夕蜩 山崎靖子 200811  
蜩や売家の札の大屋敷 西村雪園 風土 200811  
蜩や二人に戻る夕廚 村上絢子 馬醉木 200812  
蜩や書斎兼居間兼食堂 吉岡一三 200812  
近づけば蜩の声はたと止み 田口登代 遠嶺 200812  
蜩や奴豆腐の箸とむる 高橋宏行 遠嶺 200812  
蜩のきこえて講座終りけり 西本輝子 雨月 200812  
蜩や指呼に言問ふ山のあり 出口貴美子 雨月 200812  
蜩の呼び合うて野を広げけり 鈴掛穂 200812  
すりこ木に夕蜩の遠さかな 梶浦玲良子 六花 200812  
蜩の仕舞よ墓所の桜の木 北島正太郎 炎環 200901  
月に覚め遠蜩に明けそめぬ 瀧春一 深林 200901  
丘は蜩青田に沈む多古の町 瀧春一 深林 200901 千葉県香取郡多古町
遅れたる蜩のあり二た三声  浅井青陽子 ホトトギス 200902  
蜩に明日の太陽確とあり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
蜩に山気吸ひ寄せられてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
山荘の蜩にして名残あり 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
風音となりて蜩遠ざかる 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
隠岐島夕蜩に包まるる 清水伊代乃 酸漿 200909  
蜩やむかしの記憶くひちがふ 田中藤穂 あを 200909  
蜩や外人墓地の石畳 松山三千江 春燈 200910  
蜩の声ひき寄せて台所 藏本博美 ぐろっけ 200910  
産土に蜩ききに出かけたり 坂井和子 酸漿 200910  
蜩や日のあるうちに湯浴みして 樋口みのぶ 200910  
蜩の少し切なき夕間暮 下野啓子 200910  
蜩や裏大山の男振り 和田森早苗 200911  
蜩がひぐらしを呼び風となる 伊東恵美子 馬醉木 200911  
朝風を入れ蜩に耳澄ます 小川玉泉 末黒野 200911  
蜩や風のまにまに鳴きふえて 清海信子 末黒野 200911  
蜩にひとしき間合ありにけり 西岡啓子 春燈 200911  
蜩の飛び入り森のコンサート 古田カイ 万象 200911  
蜩や上りの列車通り過ぐ 福島茂 200911  
蜩や岩座太古より傾ぎ 高垣和恵 雨月 200911  
耳冷えて遠蜩を聞いてをり 柳生千枝子 火星 200911  
蜩やリハビリの膝こきこきと 古林阿也子 200911  
蜩の古き街道斎宮趾 文田多加 200911  
蜩や南木曾の路地の夕ごころ 遠藤和彦 遠嶺 200912  
蜩や亡き夫のこと友のこと 塩野きみ 遠嶺 200912  
蜩や働きにゆく日曜日 倉持梨恵 200912  
声降るも湧くも蜩峠道 水野加代 万象 200912  
蜩や梁の重なる寺の土間 有本勝 ぐろっけ 200912  
蜩の下山をせかす高音かな 森清尭 末黒野 201004  
蜩の鳴けば雨止みゐしことを 稲畑汀子 ホトトギス 201008  
蜩の遠ざかりたる下山かな 稲畑汀子 ホトトギス 201008  
山影に蜩の声深みけり 高谷栄一 201010  
蜩のこゑの底なる女院陵 石田厚子 馬醉木 201010  
初蜩夕の庭に家族呼ぶ 大野ツネ子 酸漿 201010  
蜩や夜明を待ちて繰る雨戸 大野ツネ子 酸漿 201010  
蜩や生絹のやうな幕を張り 佐藤喜孝 あを 201010  
蜩や母の箪笥の香袋 清水美子 春燈 201011  
蜩の声の膨らむ雨上り 渡辺崖花 末黒野 201011  
彼の世より蜩吾を呼びつづく 泉田秋硯 201011  
蜩の宇宙に吾も暮れてゐし 泉田秋硯 201011  
蜩に母の一世の骨ひろふ 遠藤真砂明 201011  
蜩や墓地中央に大欅 瀬島洒望 やぶれ傘 201011  
夕やみに初蜩のはたと止む 長澤健子 酸漿 201011  
蜩のめくつてゆきし野のぺージ 湖東紀子 ホトトギス 201012  
蜩や駄目だし繁き立稽古 村上沙央 201012  
啼きつぎて蜩夕を昂ぶらす 城戸緑 末黒野 201012  
蜩や比叡越えれば京ことば 小堀寛 京鹿子 201012  
蜩のこゑの中なるバーベキュー 國保八江 やぶれ傘 201101  
山荘の蜩の頃なりしかと 稲畑汀子 ホトトギス 201108

蜩 →4

 

2014年8月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。