青 葉 6   100句

ぶつぶつ言う馬居て青葉郵便局    加川憲一

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
人を待つ青葉やつれとも違ひ 井上信子 200908  
いたつきや青葉隠れといふことも 笠井敦子 200908  
青葉道少年耳に蒼き石 徳永明世 200908  
魂も竦みてをりぬ青葉谿 中根健 200908  
目に青葉眼鏡のくもり拭きにけり 金子隆吉 200908  
若葉より青葉に移る山の色 内山芳子 雨月 200908  
青葉風加賀は百万石なりし 上原恒子 雨月 200908  
つぎつぎと風走り行く蓮青葉 木内美保子 六花 200908  
青葉風雨の止む間を渡り来る 長崎桂子 あを 200908  
ひと粒の薬に頼る青葉の夜 篠田純子 あを 200908  
切通し抜けて海の香青葉光 半澤正子 馬醉木 200909  
鎮もりの青葉囲ひに古寺一つ 遠藤和彦 遠嶺 200909  
どの窓も青葉一色新居祝ぐ 和田セツ子 遠嶺 200909  
眠る嬰に禰宜の祓ひや青葉風 山口キミコ 200909  
法螺の音や青葉の中の稚児大師 谷村幸子 200909  
戒名は読めずともよし青葉風 桑原逸子 200909  
古備前や青葉の奥を一座とす 豊田都峰 京鹿子 200909  
をさふね一振底光りして青葉陰 豊田都峰 京鹿子 200909  
安らけし命の褥青葉して 谷中弘子 200909  
風を生む青葉大樹の力かな 七種年男 200909  
御佛に青葉あかりの連子窓 川端俊雄 火星 200909  
若葉して青葉して味噌汁二杯 陽山道子 船団 200909  
自販機に礼を言はるる青葉風 守屋井蛙 酸漿 200909  
青葉光長谷寺キッズ選びをり 田中貞雄 ろんど 200909 鎌倉長谷周辺吟行
観音の慈眼遥けし青葉風 松尾京子 末黒野 200910  
鳴き竜の眼のらんらんと青葉濃し 橋本良子 遠嶺 200910  
十六羅漢五百羅漢へ青葉風 前原早智子 春燈 200910  
飛行船青葉の上に現はるる 松村光典 やぶれ傘 200910  
朝日透く三百年の欅青葉 手島南天 万象 200910  
青葉騒関節チクと痛みけり 木下もと子 200910  
白神の歳月深し橅青葉 國永靖子 ぐろっけ 200910  
リフト行く青葉若葉に囲まれつ 中里カヨ 酸漿 200910  
青葉風サッカーコーチの精神論 花岡花子 炎環 200910  
みくじ結ふ枝より青葉時雨かな 熊谷尚 200911  
ゆさゆさと朝の空気に柿青葉 神山市美 やぶれ傘 200912  
詩集なる頁は青葉風まかせ 豊田都峰 土の唄 201002 高原の夏
爪先まで青葉の毒のまはりきる 伊藤白潮 201004 伊藤白潮集自註現代俳句シリーズより
曲水のほとりで和歌を青葉風 林日圓 京鹿子 201005  
樽出しの京漬物屋青葉風 松田和子 201007  
青葉風大極殿へ人の列 笠井清佑 201007  
なめくぢり青葉に汝の命跡 四條進 201007  
なんば橋栴檀木橋や青葉風 白石善子 雨月 201007  
青葉風一里を過ぎて旅あらた 小島三恵 酸漿 201007  
昨夜の雨青葉の色もひとしほに 渡辺暁 酸漿 201007  
青葉若葉無色の風を袂にす 堀内一郎 あを 201007  
史実読む石佛堂塔青葉風 長崎桂子 あを 201007  
カフェテラスぶだう青葉に囲まれし 田中藤穂 あを 201007  
白壁と青葉が誘ふレストラン 楯野政雄 201008  
古民家の裏へつつ抜け青葉風 熊切光子 末黒野 201008  
かはらけの落ち行く青葉若葉かな 内藤静 風土 201008  
青葉の扉ひらけば生まれたての風 豊田都峰 京鹿子 201008  
川灯台今なほみちびく青葉風 豊田都峰 京鹿子 201008 揖斐川行
十重囲む青葉や尽忠自刃址 豊田都峰 京鹿子 201008 湊川
鏡より余命抜け来る青葉光 服部郁史 京鹿子 201008  
歩くほど青葉の空となつてきし 樋囗みのぶ 201008  
目に青葉湯川小さき石の橋 仁平則子 201008  
青葉籠りや舌頭に十七字 千田百里 201008  
きのふより雨のまつすぐ青葉肥 奥田順子 火星 201008  
青葉騒二タ夜のことでありにけり 井上信子 201008  
滝壺の天を覆ひし青葉かな 五ケ瀬川流一 六花 201008  
法鼓打青葉若葉の深大寺 青木政江 酸奬 201008  
大きめの園服歩く青葉風 小澤徳江 遠嶺 201008  
運慶の地蔵くろぐろ青葉光 篠田純子 あを 201008  
点描で描き切ったり青葉山 松岡和子 201009  
風騒ぎ青葉の遊ぶ雑木山 伊東和子 201009  
せせらぎや青葉若葉の川湯かな 西田史郎 201009  
川底を覆ふ青葉の濃く淡く 田中浅子 201009  
棕櫚蓑を纏ふ船頭青葉渓 塩路隆子 201009  
青葉山を呑み込むばかり深呼吸 松岡和子 201009  
青葉映ゆ馬上聖徳太子像 山下美典 ホトトギス 201009  
団子屋に生醤油匂ふ青葉風 能美昌二郎 201009  
青葉なる風一身に信心す 豊田都峰 京鹿子 201009 近飛鳥行
療法士に腕とられて試歩青葉道 山田をがたま 京鹿子 201009  
この径は抜けられません青葉風 井尻妙子 京鹿子 201009  
小禽の影洩る青葉明かりかな 中嶋昌子 春燈 201009  
親木守る実生の橅の青葉かな 工藤ミネ子 風土 201009  
雲湧いて午後の青葉となりにけり 大島英昭 やぶれ傘 201009  
切岸に日差し一すぢ羊歯青葉 大島英昭 やぶれ傘 201009  
青葉山手早き猿の毛繕ひ 島内美佳 ぐろっけ 201009  
青葉山越えるやいなや鼠捕り 島本知子 ぐろっけ 201009  
鬨の声きざみし年輪楠青葉 鈴木浩子 ぐろっけ 201009  
青葉深き道幾筋や山に消え 松林順子 雨月 201009  
フルートを吹くまなざしに青葉光 大崎ナツミ 雨月 201009  
関羽旗の城郭しかと青葉風 塩路隆子 201010  
すだま住む森とも青葉月夜かな 今村征一 ホトトギス 201010  
城崎で天下取ったり青葉の湯 丸井冬星 201010  
毎日の鼓動を色に青葉風 中野京子 201010  
山間の青葉若葉に囲まるる 渡邉孝彦 やぶれ傘 201010  
富士山見えて青葉時雨に打たれけり 白石正躬 やぶれ傘 201010  
青葉影水棹をゆるくどんこ舟 安武晨子 201010  
山青葉深く鎮もる鞆の浦 山下良江 万象 201010  
大天狗小天狗像や青葉風 大里快子 酸奬 201010  
石灯籠仄あかりして青葉の香 岸野美知子 酸奬 201010  
南房や角刈り高き青葉垣 藤井圀彦 201011  
青葉涼風南無和合歓喜天 平子公一 馬醉木 199908  
青葉風捕へてみれば鉋屑 伊藤希眸 京鹿子 201101  
青葉蔭白洲次郎と正子墓碑 長谷川鮎 ぐろっけ 201106  
秀吉の御土居や今も青葉風 松田和子 201107  
文字の海ひろがつてくる青葉の夜 柴田佐知子 201107  
流れ来る聖鐘青葉ぐもりかな 西村博子 馬醉木 201107 青葉→ 7

 

2014年6月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。