青葉冷   78句

この鳥の印度に生まれ青葉冷   宇佐美魚目   薪水

青葉  青葉雨  青葉潮  青葉闇  青葉冷  青葉寒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
異人館壁炉の虚青葉冷え 中川濱子 ぐろっけ 199908  
幕すすむ石の桟敷の青葉冷 村田近子 遠嶺 199909  
青葉冷えなるB階のバー「トトロ」 小山徳夫 遠嶺 199909  
玉の緒の涙を拭ふ青葉冷 能村研三 200107  
瞑れば君在り寝屋の青葉冷 林翔 200108  
高倉のねずみ返しや青葉冷 近藤暁代 馬醉木 200110  
覚めて灯の消し忘れあり青葉冷え 鷹羽狩行 200207  
白鷺の脛の二本の青葉冷え 飯塚ゑ子 火星 200207  
独り居の閂下ろす青葉冷 西村博子 馬醉木 200208  
青葉冷舞妓姉妹の安息日 前田倫子 百鳥 200208  
青葉冷看護疲れの胃の痛み 片山喜久子 雨月 200208  
蝋燭は絶やさずにおく青葉冷え 柴田朱美 京鹿子 200209  
繋船に刻のとどまる青葉冷 公山礼子 200209  
沈金の文箱からつぽ青葉冷 高橋あゆみ 200307  
ベスト着て夜は山住みの青葉冷 名取袿子 200308  
青葉冷笛一管を柩へと 高橋照子 雨月 200308  
青葉冷こつと骨鳴る朝の肩 櫻井幹郎 百鳥 200308  
映る灯の窓に浮きたつ青葉冷 仲村青彦 200308  
青葉冷天のクルスに鳩の糞 丸山分水 200309  
打ち減りし魚板の疵や青葉冷 広瀬長雄 200408  
花時計遅々と狂へる青葉冷 長沼冨久子 馬醉木 200409  
青葉冷玻璃の明るき斜陽館 向井芳子 春燈 200507  
青葉冷え箸にとろりと治部煮鴨 塩沢とき子 対岸 200508  
青葉冷えさらに奥には蔵座敷 館容子 200509  
黒楽の底に潜みし青葉冷 河内桜人 京鹿子 200509  
饒舌に誇張もありて青葉冷え 三浦澄江 ぐろっけ 200509  
今日外は青葉冷よと見舞客 香月公恵 200509  
登呂の世の赤米今に青葉冷 水原春郎 馬醉木 200607  
CDの裏は銀色青葉冷 白井友梨 馬醉木 200608  
石ひとつ失せたる指輪青葉冷 高橋道子 200608  
青葉冷え紙燭ともして書庫文庫 大西八洲雄 万象 200608  
したたかに雨したたかに青葉冷 小澤克己 遠嶺 200609  
湖も比叡も青葉冷えのまゝ 山田六甲 六花 200706 追悼小田元さん
赤ん坊は火種のごとし青葉冷 辻美奈子 200708  
天井に天女舞ひゐる青葉冷 奥田順子 火星 200708  
青葉冷え蛸やきの香のいづくから 荻野千枝 京鹿子 200709  
青葉冷「強気でゆけ」と父遺し 杉山哲也 馬醉木 200807  
火入れ待つ窯へ神酒撒く青葉冷 山口順子 馬醉木 200808  
何も彼もオートロックや青葉冷 藤見佳楠子 200808  
横降りの雨に御母衣の青葉冷 遠藤真砂明 200809 御母衣より白川郷へ
魚の腹あらふ渓川青葉冷 浜口高子 火星 200809  
父祖の田を埋め新道青葉冷 岸本久栄 雨月 200809  
青葉冷己が骨壺焼く話 松原智津子 万象 200809  
削られし鋼の匂ひ青葉冷 小山徳夫 遠嶺 200810  
一雷のあとの風音青葉冷 渡辺昭 200907  
天空に鉄接ぐ火花青葉冷 上谷昌憲 200907  
青葉冷え釜鳴りに身をゆさぶらる 須賀允子 万象 200907  
あらためて習ふ折紙青葉冷 高橋道子 200908  
祖師堂へ登る回廊青葉冷え 小林武弘 200908  
玻璃越しの太刀の抜き身や青葉冷 小山徳夫 遠嶺 200909  
行者らと見上ぐる塔や青葉冷 小林成子 200909 羽黒山
青葉冷要心もまたわが山居 浅井青陽子 ホトトギス 200910  
美しき地球の狂ふ青葉冷 中村喜美子 春燈 201007  
痛む肩を摩ればまとふ青葉冷 伊東和子 201009  
てのひらに丸薬の粒青葉冷え 西村博子 馬醉木 201009  
夫留守は仮の独居ぞ青葉冷 木下もと子 201009  
約款にルーペを這はす青葉冷 中島霞 ぐろっけ 201109  
萩焼に薬湯そそぐ青葉冷 大村かし子 万象 201110  
青葉冷吉野に薪のある暮し 牧田澄子 雨月 201208  
子規の机撫でうべなへり青葉冷 山尾玉藻 火星 201306  
傘もたぬ男に摩耶の青葉冷 山田六甲 六花 201406  
ぼろぼろの零戦に触れ青葉冷 坂上香菜 201408  
青葉冷ゆ人工骨の膝抱けば 玉置かよ子 雨月 201409  
フラスコは火を待つかたち青葉冷 林昭太郎 201409  
目つむりて出を待つ木偶や青葉冷 綿谷ただ志 馬醉木 201608  
青葉冷優待券は期限切れ 松本文一郎 六花 201608  
青葉冷え検査着の母小さくて 大川ゆかり 201608  
列島に断層混み合ひ青葉冷 田所節子 201608  
雨雲のちぎれてゆくや青葉冷 松原三枝子 万象 201609  
城址を騒めかす風青葉冷 森清信子 末黒野 201610  
枝蛙しづくの翅を咥へをり 南うみを 風土 201708  
遠拝の磨崖佛あり枝蛙 伊丹さち子 馬醉木 201708  
一水の翳に動かず枝蛙 藤岡紫水 京鹿子 201709  
青葉冷え足にまつはり魚板打つ 竹内弘子 あを 201806  
音もなく雨降る街や青葉冷 赤羽陽子 春燈 201808  
逢ふための別れもありぬ青葉冷 藤岡紫水 京鹿子 201808  
睫毛なき鳥の眼光る青葉冷 井上和子 201811  
青葉冷林不忘の本に入る 佐藤恭子 あを 201905  

 

2019年6月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。