秋の蚊 1     199句

くはれもす八雲旧居の秋の蚊に   高浜虚子  五百句

  蚊柱/藪蚊  なごり蚊  残り蚊  秋の蚊

秋蚊 残り蚊 名残り蚊 溢れ蚊 哀れ蚊

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
庭に焚く秋の蚊遣を置き去りに 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
秋の蚊に油断の隙間ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
確かめて秋の蚊遣を置くことに 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
秋の蚊のこゑ手枕のうしろより 鷹羽狩行 199810  
秋の蚊のつき当たるたび音のする 山尾玉藻 火星 199812  
秋の蚊の目玉がなぜか重くって 坪内稔典 船団 199812  
閑散で寺の秋の蚊つきまとふ 大橋敦子 雨月 199911  
秋の蚊をしばし泳がせたるこころ 櫂未知子 銀化 199911  
読みさしをひらけば秋の蚊の骸 林翔 199912  
大辞典閉ぢて秋の蚊たたせけり 徳丸峻二 風土 199912  
引き綱の渦より秋の蚊の出でし 柚口満 春耕 200010 諏訪大社
葬儀より帰りて秋の蚊に刺さる 松崎鉄之介 200001  
秋の蚊をともなひて着く宅急便 田中藤穂 水瓶座 200002  
後ろ指・刃物・目薬・秋の蚊・魔 小西昭夫 船団 199912  
秋の蚊を叩く女の小さき掌 中川二毫子 夏木立 200008  
秋の蚊や塔炎上の古写真 石橋翠 いろり 200011  
秋の蚊の身を尽くすかにまとひつく 水谷ひさえ 六花 200011  
ピアノの下より秋の蚊が浮き上がる 金澤明子 火星 200012  
秋の蚊よ老人の血はまずかろに 林翔 200012  
不器用に秋の蚊叩く少年兵 大谷昌弘 海程 200101  
秋の蚊のアキレス腱をうかがへり うまきいつこ 200101  
桝酒へくる秋の蚊を吹きかへす 高瀬哲夫 200102  
秋の蚊の隣の庭と往来あり 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
秋の蚊を打ち父母の墓の前 野澤あき 火星 200111  
秋の蚊に攻めらる父の墓拝み 近藤豊子 雨月 200112  
秋の蚊の闇討ちに会ふ森の口 和田崎増美 雨月 200112  
欲しければ血を誑せ秋の蚊よ 朱間繭生 銀化 200112  
落柿舎に秋の蚊遣の炷かれあり 田中佐知子 風土 200112  
秋の蚊の影瞭かに壁の上 小山森生 200112  
秋の蚊にアキレス腱を刺されけり 小島和子 百鳥 200112  
パフォーマンスの支那カバンより秋の蚊が 元田千重 火星 200201  
わが髪に秋の蚊もつれ鳴きにけり 大石喜美子 雨月 200201  
秋の蚊の光の翳におののきぬ 貝森光大 六花 200201  
秋の蚊を払ひ転居の荷を解く 稲畑廣太郎 ホトトギス 200202  
もてあます秋の蚊ひとつ看取りの夜 芦塚智恵子 200202  
秋の蚊に刺されて墓地を通り抜く 久保恵子 200202  
まだ生きてゐるぞと秋の蚊に刺さる 宮みさお 百鳥 200202  
秋の蚊や仁王の浮き足なきどころ 鳥羽夕摩 京鹿子 200202  
秋の蚊のひそむ庭木となりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
秋の蚊に刺されしほどの庭歩き 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
秋の蚊やネギトロのネギ乾きゐる 山田六甲 六花 200210  
ふるさとの夜な夜な秋の蚊に鳴かる 宮原みさを 花月亭 200208  
秋の蚊のさも弱さうにさまよへり 渡辺真奈美 200212  
秋の蚊の漂ひきたる筆の尖 川端実 遠嶺 200212  
秋の蚊の残り力に刺されけり 松村富子 200301  
秋の蚊にかくもしたはれ仮住まひ 矢島久栄 200301  
秋の蚊のしたたかにして代官所 和田照海 京鹿子 200302  
秋の蚊を打つて寝にけりクラス会 島谷征良 風土 200302  
ふらふらと来て秋の蚊のしたたかに 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
俳磚の庭秋の蚊に喰はれつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200310  
ほんのすこし血を頒けてやろ秋の蚊に 林翔 200310  
岩風呂に秋の蚊遣を焚いてあり 山田六甲 六花 200310  
秋の蚊の止まるとみしがすぐに刺す 大畑善昭 200401  
秋の蚊に刺されてをりし野鳥園 美波治恒 築港 200401  
コピー機のうしろに逃げし秋の蚊よ 稲畑汀子 ホトトギス 200409  
又逃げし秋の蚊に稿乱さるる 稲畑汀子 ホトトギス 200409  
あなどれぬ所在秋の蚊なりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200409  
秋の蚊や史記講読の席にゐて 渡辺立男 馬醉木 200411  
秋の蚊と車の中に小半時 宮永順子 雲の峰 200411  
秋の蚊の鈍き羽音を払ひけり 新保主 雲の峰 200411  
秋の蚊に聞耳立つる膝の猫 託正夫 200412  
みちのくの秋の蚊出でし机辺かな 上崎暮潮 ホトトギス 200506  
秋の蚊の近くを打てば落ちにけり 土井田晩聖 銀化 199911  
もう容赦せぬ秋の蚊を見失ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
忌を修す秋の蚊著き白襖 伊丹さち子 馬酔木 200511  
秋の蚊の我が身と同じ無気力に 黒沢宮雄 四葩 200512  
人恋へば秋の蚊の声過ぎゆけり 廣畑忠明 火星 200512  
秋の蚊に食はれて後の祭なり 二瓶洋子 六花 200512  
秋の蚊を追うて厨に見失ふ 二瓶洋子 六花 200512  
秋の蚊の纏はり付けりマリア像 角南英二 栴檀 200512  
秋の蚊に刺されるままの薄茶席 三橋早苗 ぐろっけ 200512  
秋の蚊の家の隅ずみ知つてをり 牧長幸子 対岸 200601  
秋の蚊の忍びの木戸を入りきたる 杉浦典子 火星 200601  
秋の蚊のまとはりつきし疲れあり 高倉和子 200601  
墓場より寄する秋の蚊凄じき 瀧春一 瓦礫 200606  
秋の蚊に惚れ込まれたる脚線美 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
汝が頬を叩くは難し秋の蚊よ 稲畑汀子 ホトトギス 200609  
逃げる気のなき秋の蚊でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200609  
秋の蚊がオクラの花にゐたりけり 山尾玉藻 火星 200610  
秋の蚊の囁くやうに寄り来たる 小林朱夏 200610  
秋の蚊を返り討ちして屯所跡 鈴鹿仁 京鹿子 200610  
秋の蚊の曳きたる影のふらつきし 浜田南風 200612  
秋の蚊の死に欲めきて付きまとふ 前川明子 200612  
秋の蚊を払ふ男滝の風速し 篠田純子 あを 200611  
秋の蚊の吹かれ落ちきし肌かな 岡和絵 火星 200612  
秋の蚊を打ちて豪傑わらひせる 竹内弘子 あを 200612  
秋の蚊一ぴき園長を振りまはす 荒井千佐代 200612  
秋の蚊が真夜の眠りを出入りせり 青木朋子 200612  
秋の蚊にわっと囲まる高野墓地 村田とくみ ぐろっけ 200701  
畑より秋の蚊連れてきたりけり 高倉恵美子 200701  
秋の蚊よ身替り吾を刺し給へ 森田子月 ぐろっけ 200703  
秋の蚊のひそむ木立を通らねば 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
初舞台待つ間にくはる秋の蚊に 馬場宏一 春燈 200711  
秋の蚊の狙ひは鼻つ柱かな 西田たかこ 万象 200712  
はらひたる掌に秋の蚊のぶつかりぬ 荒井和昭 200712  
秋の蚊の少女の声とまがふ音 前川明子 200712  
蓑虫庵秋の蚊遣の焚かれあり 堀井英子 雨月 200801  
秋の蚊の腕を離るる速さかな 柿沼盟子 風土 200801  
秋の蚊の音なく腕に止まりけり 藤田裕子 万象 200802  
秋の蚊に好かれ人には嫌はれて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
鉛筆を持つ指先に秋の蚊来 藤井美晴 やぶれ傘 200810  
秋の蚊の逃ぐるに見するしたたかさ 棗怜子 春燈 200811  
秋の蚊の集まる早さ疎ましき 和田郁子 200811  
現像を待つ間を秋の蚊に刺され 松崎鉄之介 200811  
子規庵の秋の蚊ならば打たず置く 奥田茶々 風土 200811  
亜麻色の秋の蚊起こすジンギスカン 庄司久美子 200812  
秋の蚊の伎芸天女へ近寄らず 竹内悦子 200901  
秋の蚊を払ひて大石遺髪塚 浅田光代 風土 200901  
秋の蚊の庭の蛇口に待ちゐたる 丑久保勲 やぶれ傘 200901  
秋の蚊の声なく卓をよぎりけり 藤井美晴 やぶれ傘 200901  
秋の蚊の先師の御軸忌を修す 浅井青陽子 ホトトギス 200903  
秋の蚊の耳の近くに寄りきたる 三宅禮子 やぶれ傘 200903  
秋の蚊を帽子で払ひ阿弥陀堂 吉沢陽子 200911  
秋の蚊を連れて戻りしにはか雨 吉田政江 200911  
秋の蚊や机の下の一天地 島谷征良 風土 200912  
力なき秋の蚊はらふ慈悲無慈悲 安本恵子 201001  
秋の蚊を黒子とおもふ月夜かな 松村光典 やぶれ傘 201002  
秋の蚊に手足喰はれて竹刀振る 松村光典 やぶれ傘 201004  
三箇所も咬まれた秋の蚊とは憎し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201009  
秋の蚊が寝床の闇に声潜め 仁平則子 201010  
秋の蚊に殺生をなし掌を合はす 中島玉五郎 201010  
秋の蚊のよろめきつつも刺し力 五十嵐勉 201011  
秋の蚊を平手一打ち頬辺り 新実貞子 201011  
秋の蚊を打ち逃したるたなごころ 水原春郎 馬醉木 201011  
秋の蚊に止めをさせずをりにけり 仁平則子 201011  
パソコンを打つ手に秋の蚊が止る 大橋晄 雨月 201011 松田雅代氏追悼
秋の蚊の涅槃に宿るすべもなく 西村純太 201012  
血を分けし秋の蚊打ちて鬼女かとも 横井明子 201012  
秋の蚊の禁帯出の書棚より 坂場章子 201012  
話好きの梵妻秋の蚊をいなし 山本漾子 雨月 201012  
達磨の軸に対座す秋の蚊に耐へて 久保田雪枝 雨月 201012  
打ち取れば実に痩せたる秋の蚊で 島本知子 ぐろっけ 201012  
秋の蚊の存外しかと刺しにけり 新堀満寿美 末黒野 201101  
秋の蚊の待ちゐし木陰通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 201109  
デパートの節電秋の蚊に刺され 阪本哲弘 201112  
秋の蚊にこころの隙をつかれたる 市村健夫 馬醉木 201112  
秋の蚊や目を閉ぢしまま二三言 仁平則子 201112  
名園の秋の蚊なるが纏ひつく 安藤久美子 やぶれ傘 201112  
秋の蚊を打てど逃げられ二度三度 前田玲子 ぐろっけ 201112  
秋の蚊や我に執念き心なく 生田恵美子 風土 201112  
秋の蚊を討ち損じたる二刀流 近藤紀子 201112  
秋の蚊に確と食はれて墳巡る 大橋晄 雨月 201112  
秋の蚊を払ひ払ひつ義士の墓 石川純 万象 201112  
秋の蚊の淋しからんに魂のあり 本多俊子 201201  
秋の蚊のまとふ名園苦吟の歩 西川みほ 末黒野 201201  
秋の蚊や露座の仏の胎の中 正谷民夫 末黒野 201201  
よろよろと来し秋の蚊を打ち損ず 根岸善行 風土 201201  
秋の蚊に耳朶うすき男かな 大山文子 火星 201201  
秋の蚊のゆるりと落ちる夕まぐれ 五ケ瀬川流一 六花 201201  
秋の蚊や簡易書留手渡さる 安藤久美子 やぶれ傘 201202  
秋の蚊に古びし手足食はれけり 松村光典 やぶれ傘 201202  
秋の蚊を叩く眼を吊り上げて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
秋の蚊の大胆不敵なる羽音 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
秋の蚊を連れて新幹線の旅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
たちまちに雨後の木蔭の秋の蚊に 稲畑汀子 ホトトギス 201209  
油断してをりしを知られ秋の蚊に 稲畑汀子 ホトトギス 201209  
秋の蚊の所在ありつつ見失ふ 稲畑汀子 ホトトギス 201209  
秋の蚊帳唱歌かすかに小諸宿 山内節子 201211  
秋の蚊の陣に入りたる腫れ目蓋 大畑善昭 201211  
秋の蚊を打ちそこねたる寺掃除 高田たみ子 万象 201211  
秋の蚊の腹に透けたる吾が血かな 和田紀夫 201212  
汝もまた血が欲しいのか秋の蚊よ 梁瀬照恵 ぐろっけ 201301  
長明庵覗きて秋の蚊にさされ 三浦喜久子 ぐろっけ 201301  
秋の蚊の領空にあるベンチかな 内藤呈念 ホトトギス 201302  
手踊に非ず秋の蚊払ひをり 内藤呈念 ホトトギス 201302  
外に出でてたちまち秋の蚊の餌食 松本アイ ぐろっけ 201302  
秋の蚊やペンを走らす手を刺して 川村嘉章 ぐろっけ 201302  
秋の蚊を打てば仏間の母笑まふ 小林正史 201302  
秋の蚊に食はるユダヤの墓地を出て 星野早苗 船団 201304  
秋の蚊の翅音枕の後ろから 吉成美代子 あを 201308  
マイルス・デイヴィス鳴きして秋の蚊は 山田六甲 六花 201309  
秋の蚊やもうこの辺で逝きなはれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
秋の蚊に右側ばかり刺されけり 小山陽子 やぶれ傘 201311  
秋の蚊ぞ指の間を刺し来るは 山田六甲 六花 201311  
靴下の上から秋の蚊に刺さる 山田六甲 六花 201311  
献杯のグラスを秋の蚊がよぎる 藤井美晴 やぶれ傘 201311  
秋の蚊の尻重たくて叩かれず 居内真澄 ぐろっけ 201312  
秋の蚊の蟄し痕にある痛みかな 古沢幸次 ろんど 201312  
髪梳くやつかず離れず秋の蚊が 松川悠乃 ろんど 201312  
車座や秋の蚊遣りを足元に 岡田史女 末黒野 201312  
踏み入るや人恋ふ秋の蚊に就かれ 生田恵美子 風土 201401  
秋の蚊にもてつぱなしの優男 橋本くに彦 ホトトギス 201401  
秋の蚊を打ち据ゑにけりかくまでに 菊谷潔 六花 201401  
秋の蚊と野良猫つき来池の暮 竹内涼子 末黒野 201402  
秋の蚊にAB型は嫌はれて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201410  
父何やら言うて秋の蚊払ひけり 山尾玉藻 火星 201411  
秋の蚊や二礼二拍手一礼す 高尾豊子 火星 201411  
野々宮に秋の蚊遣をくすべしよ 山田六甲 六花 201411  
秋の蚊に羽音に思案の途切れたる 谷村祐治 雨月 201411  
秋の蚊やソバージュヘアに眼帯と 庄司久美子 201412  
秋の蚊のまつわる執念たたきけり 犬塚芳子 201412  
秋の蚊の本気土塀の傾いて つじあきこ 201412  
死神を畳みこみたり秋の蚊帳 山内碧 201501  
秋の蚊を大事に打つて退院す 城孝子 火星 201501  
永平寺東司に秋の蚊のひそむ 福島せいぎ 万象 201501  
秋の蚊の音なく刺せる閻魔堂 山田和 京鹿子 201501  
秋の蚊の居間と厨に生きてゐる 丑久保勲 やぶれ傘 201501  
秋の蚊の道の駅までさまよえり 辻村拓夫 船団 201505  
今日からは秋の蚊として嫌はれて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201508 秋の蚊 →2

 

2019年9月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。