秋深し 1     100句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
気にかゝる消息も又秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
庄内の「初孫」原酒秋深し 石丸弥平 春耕 199812  
渓渡るまた渓渉り秋深し 石丸弥平 春耕 199812  
笹叢は風のふところ秋深し 小澤克己 遠嶺 199901 「秋嶺俳句会・秋季吟行(六義園)」
秋深し催眠術の自在鈎 山田六甲 六花 199911  
天界の句に遊ばれよ秋深し 井上芙美子 円虹 199912  
秋深しはるけきものに麟麟の眼 しおやきみこ 船団 199912  
忘れゆくことは恐ろし秋深し 今井千鶴子 ホトトギス 200001  
東京にこんな空がと秋深し 保坂加津夫 いろり 200001  
人恋ふて淋しさばかり秋深し 大平保子 いろり 200001  
秋深し村に遺れる飢饉蔵 村越化石 200001  
黒牛に神島蒼し秋深し 金子兜太 海程 200002  
葛城山に雲のひとひら秋深し 松宮幹彦 春耕 200010  
留守の間の溜まりし仕事秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
幾度も訪ねし町や秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
秋深し山路踏み分けゆくときは 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
計画の着々として秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
完成へ向け展示室秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
秋深し烏の胡麻も枯果てて 栢森定男 翡翠吟行 200010  
秋深しマントルピースに明治の香 水原春郎 馬醉木 200012 山本有三館
秋深し能笛闇をふるはせて 成重佐伊子 俳句通信 200012  
蝶消えて雑木林の秋深し 小山徳夫 遠嶺 200101  
秋深し浅間の素肌粗きかな 赤羽正行 遠嶺 200101  
萱葺の正造生家秋深し 仲安敏雄 200101  
生き残る親となりたる秋深し 宮本道子 酸漿 200101  
秋深し再度たずねる金閣寺 松沢久子 いろり 200101  
野良猫の浮かぬ気配や秋深し 柴田美佐子 いろり 200101  
語り部の口元の皺秋深し 合川月林子 ぐろっけ 200101  
海の軒場に青鳩三羽秋深し 金子皆子 海程 200102  
福田屋も踊子像も秋深し 岡淑子 雨月 200102  
秋深し子等はパソコン夢中なり 大平保子 いろり 200102  
秋深し湖水に映ゆるリーズ城 大塚洋子 酸漿 200103  
ギターリストの指しなやかに秋深し 甲田夏湖 船団 200109  
展示替手直し少し秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
消息を伝へ来しより秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
残されし心受けとめ秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200110 悼 五十嵐八重子様
秋深し窓も半分閉めて寝る 桑原敏枝 いろり 200110  
良き方へ話進みて秋深し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
ふり返る心あるより秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
何もかも気の急かるるや秋深し 保坂加津夫 いろり 200111  
秋深し隣人いつもひとりらし 保坂加津夫 いろり 200111  
傾けて心耳といはめ秋深し 大嶋康弘 銀化 200111  
まなかひの蔵王嶺の靄秋深し 寺崎美江女 春耕 200111  
別れての後のしじまや秋深し 宮本俊子 雨月 200112  
秋深し松葉杖にて遠出して 保坂加津夫 いろり 200112  
秋深し太鼓の少女紅潮す 石橋翠 いろり 200112  
経営のままにならぬや秋深し 福田みさを いろり 200112  
金鶏門虫雀門玉兎門秋深し 木村茂登子 あを 200112  
秋深し煩悩なだむゆびの先 田渕昌子 京鹿子 200201  
秋深し真昼も暗き長屋かな 森重夫 春耕 200201 新発田市足軽長屋
秋深し風鐸に風待ちをれば 前川みどり 春耕 200201  
チャップリンの笑顔の悲し秋深し 内田和子 酸漿 200201  
膨膨るほどに薬を秋深し 平山八十子 雨月 200201  
秋深し笑める遺影へ香けむり 大橋宵火 雨月 200201  
乗りあはせし作務衣の女人秋深し 田所洋子 雨月 200201  
秋深し須磨琴に聞く盛衰記 志水芳秀 雲の峰 200201  
土壁の寸莎みゆ奈良の秋深し 武井美代子 風土 200201  
朝ごとに向ふ鏡の秋深し 松本米子 あを 200201  
秋深しやっぱり藍大島に決め 本河康子 200202  
秋深し見えざる畝にいきどほる 角直指 京鹿子 200202  
愁ひとはテロの標的秋深し 角直指 京鹿子 200202  
秋深し地図をたよりに友見舞ふ 網野茂子 酸漿 200202  
秋深し火の見櫓の古ぶまま 大山志津 雨月 200202  
秋深し若き探幽描きし松 宮地玲子 円虹 200202  
医を信じ医にまた不安秋深し 辻口静夫 ホトトギス 200203  
遥かなる虚子も晴子も秋深し 今井千鶴子 ホトトギス 200203  
薄れゆく書翰のインク秋深し 河野扶美 ホトトギス 200203  
子規書簡漱石書簡秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
水尾泡となりゆく早さ秋深し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200211  
真直ぐには歩けぬ砂丘秋深し 樋口多嬉子 雲の峰 200211  
攻められて火をふく窯や秋深し 三代川次郎 雲の峰 200212  
秋深し標高千の山泊り 高垣和恵 雨月 200212  
身に過ぎし沙汰ひとしほに秋深し 山田弘子 円虹 200301 兵庫県文化賞
鬼の面鼻の奥まで秋深し 大村孝 百鳥 200301  
診察室子の泣ききびし秋深し 稲木款冬子 築港 200301  
捨てかねし母のかね尺秋深し 五十嵐美穂 帆船 200301  
秋深し町の老医で名医かな 中里栄 帆船 200301  
山裾をめぐる単線秋深し 松原ふみ子 200302  
秋深し一人のための香を焚く 小西瑞穂 ぐろっけ 200303  
秋深し横川詣のいく度ぞ 浅井青陽子 ホトトギス 200304  
半世紀ぶりの邂逅秋深し 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
秋深しひたすら愚痴を聞かされて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200310  
アクセント迷ふ一語や秋深し 島谷征良 風土 200310  
秋深し小刀に飛ぶ竹の屑 大柳篤子 雲の峰 200311  
めざめれば山の宿なり秋深し 吉成美代子 あを 200311  
秋深しいつもの猫が庭通る 村田文一 遠嶺 200312  
人百年松三百年秋深し 東亜未 あを 200312  
父の膝取り合ふ子らや秋深し 川瀬さとゑ 雲の峰 200312  
墓碑銘に寂と一文字秋深し 仲尾弥栄子 雲の峰 200312  
秋深し一人の夜の白湯を吹く 山口マサエ 雲の峰 200312  
秋深し毀れさうなる骨拾ふ 恒川絢子 対岸 200312  
忌み殿の蹟は木がくれ秋深し 十河波津 200312  
人形は瞼を持たず秋深し 名取光恵 百鳥 200401  
秋深しアパートの名は一灯荘 半澤佐緒里 百鳥 200401  
グラビアの吾の老醜秋深し 泉田秋硯 200401  
秋深し陸橋の鳩日に向きて 谷野由紀子 雲の峰 200401  
ガス燈のともる馬車道秋深し 小松渓水 酸漿 200401  
秋深し指こまやかに飴細工 水田清子 200401  
秋深し波おだやかに安房の海 水田清子 200401  
あいまいなスペル綴りて秋深し 池田久恵 ぐろっけ 200401 秋深し→ 2

2014年11月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。