2      101句

むつとしてもどれば庭の柳かな  蓼太

柳の芽  芽柳    青柳  夏柳  葉柳

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
その下の君は柳の精かとも 稲畑廣太郎 ホトトギス 200804  
二三本揺れれば風に和す柳 稲畑廣太郎 ホトトギス 200804  
もつれては風の解きたる糸柳 鈴木多枝子 あを 200806  
動くさま思ひのままに糸柳 高木千鶴子 酸漿 200806  
青柳のひととき妻をつつみたり 邑橋節夫 菊揃へ 200806  
川下り枝垂柳を肩に受け 井上あき子 ぐろっけ 200808  
葉柳や風のささやき聞き流す 鈴鹿仁 京鹿子 200809  
柳さへ梅雨の住吉小橋かな 阿部ひろし 酸漿 200809  
風絶えてたちまち痩せし柳かな 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
西湖まだ柳のほかの色を見ず 片山由美子 200904  
苔清水老柳荘はあの辺り 稲畑廣太郎 ホトトギス 200907  
青柳や「人間環境学部」棟 下山田美江 風土 200907  
夕星を掴みそこねし糸柳 梶浦玲良子 六花 200908  
どぢやう屋を微醺に出づる青柳 倉科紫光 馬醉木 200909  
葉柳や蘇州運河を舟辻る 伊舎堂根自子 万象 200909  
蝉穴に柳の白きひげ根かな 加藤和子 万象 200911  
遠柳なびきては色零したる ことり 六花 201003  
楊柳へ紅殻の窓開け放つ 江見悦子 万象 201004  
柳おぼろ手兒奈入水の跡といふ 大坪景章 万象 201005  
雨後の日につつまれて柳萌ゆ 小川玉泉 末黒野 201006  
楼門の雨にしだるる柳かな 吉沢陽子 201006  
空と川揺らしてつなぐ糸柳 古川千鶴 201006  
柳影橋の袂のそば処 吉田晴子 201007  
青柳の影に風音生れにけり 近藤きくえ 201007  
蕉翁の句碑に影さす柳かな 妹尾貞雪 春燈 201007  
墨染めの風の行方や糸柳 梶浦玲良子 六花 201007  
葉柳に夢二の女出てきさう 竹内悦子 201008  
どの風にも応へてをりぬ糸柳 畑佳与 京鹿子 201008  
哲学の道の小橋や糸柳 内藤恵子 万象 201008  
遠柳風のかたちになってゐる 遠藤実 あを 201105  
水夫のこゑ水面を渉る柳かな 松木ひろ ろんど 201106  
青柳の橋一つ過ぐ人力車 外川玲子 風土 201106  
柳絮とぶ石に石積む祈りかな 卜部黎子 春燈 201107  
日暮れくる倉敷川の柳かな 外川玲子 風土 201107  
目立て屋の在りし辺りや柳萌ゆ 山本町子 風土 201107  
雨音を聞きゐるやうな青柳 上原恒子 雨月 201107  
風を呼び風に戯る糸柳 奥村真人 雨月 201107  
葉柳や液状化の路走るバス 鴨下昭 201108  
風評に右往左往の糸柳 赤松鈴江 京鹿子 201108  
黄砂来る胡楊紅柳の香もあらず 中原俊之 201108  
青柳や花川戸より二天門 瀬島洒望 やぶれ傘 201109  
白川の澱みなき瀬や糸柳 渡邊孝彦 やぶれ傘 201110  
水は揺れ映る柳はそよぎをり 續木文子 あを 201111  
初風にまこと奔放糸柳 水上依乃 万象選集 201205  
膳所と呼ぶひびきやさしき柳かな 中村嵐楓子 春燈 201206  
どこまでを枝と言ふべし糸柳 渡部節郎 201206  
捨て舟の湖畔に吹かれ柳かな 中川すみ子 201207  
池に影映して弧なる柳かな 岡野ひろ子 201207  
川すぢの青柳のすく芝居の灯 豊田都峰 京鹿子 201207  
青柳の雨は黒髪梳きゐたる 山田六甲 六花 201207  
浮舟に水溜りある柳かな 竹内悦子 201208  
青柳や東寺の見ゆる路地がある 岸千手 201208  
町に飛ぶ柳の綿毛北京いま 増本明子 ぐろっけ 201208  
人待ちて風待ちて青柳かな 橋本くに彦 ホトトギス 201209  
植田吹く風の柳におよびをり 北崎展江 くりから 201209  
葉柳を揺らして通る弓袋 師岡洋子 ぐろっけ 201209  
七月の柳は水に影つくる 郡山真帆 かさね 201210  
刈られ伏す草の匂へる柳かな 國保八江 やぶれ傘 201211  
ふふみては風を吐き出す若柳 荒木甫 201306  
風を呼ぶごとし柳の揺れやうは 大橋晄 雨月 201306  
楊柳へ紅殻の窓開け放つ 江見悦子 朴の青空 201307 太湖
川すぢの柳萌えをり阿国の碑 伊東和子 201307  
春の水漲る風の柳かな 半田稜 ろんど 201309  
ゆくりなく総理官邸糸柳 池谷鹿次 末黒野 201404  
裏白を見てをる川端柳かな 竹内悦子 201404  
しなやかに柳吹かるるほどの風 稲畑汀子 ホトトギス 201404  
荒川の柳青めく河川敷 渡辺安酔 201405  
遠景の柳に目立つ浅みどり 伊庭玲子 201406  
柳垂る昔栄えし舟着場 加藤北天 雨月 201406  
青柳のふれてはなやぐ夕明り 豊田都峰 京鹿子 201406  
葉柳や鳩の五六羽じつとして 小山陽子 やぶれ傘 201407  
岩はしる水音峡の青柳 吉田きみえ 末黒野 201407  
青柳や廓名残の輪違屋 齊藤いさを 馬醉木 201407  
鬼平のよこぎりさうな青柳 藤田素子 火星 201408  
想ひ出の銀座の柳数寄屋橋 大西よしき ろんど 201408  
楊柳の並木を揺らす石炭車 江見悦子 万象 201410  
葉柳に流るる如く車道あり 今橋眞理子 ホトトギス 201411  
柳吹く風が時雨れてきたりけり 浜福恵 風土 201412  
旅人にしたしき遊行柳かな 近昌夫 春燈 201412  
柳風櫂を忘れしだまし舟 山本正 京鹿子 201501  
渡し場の柳は青し旅送り 王岩 あを 201503
美しき小雨の色や嬌柳 王岩 あを 201504  
画仙紙を結ぶ紙縒や糸柳 下山田美江 風土 201505  
春風にふくらむ柳並木路 黒沢由紀子 201505  
やすやすと時流になびく柳かな 高橋将夫 201505  
水鏡柳ゆうらり親子鴨 布川孝子 京鹿子 201505  
空つぽの刀箪笥や楊柳 竹中一花 201506  
野遊や柳の枝の菜の箸 土江比蕗 春燈 201506  
ひしひしと大気の重さ糸柳 高橋将夫 201507  
昼の月川原の柳青みけり 時田義勝 やぶれ傘 201508  
絵手紙の水茎にほふ糸柳 元橋孝之 京鹿子 201508  
ああ言へばかういふ妻や糸柳 園部蕗郷 春燈 201508  
雨粒のふゆる岸辺や糸柳 藤生不二男 六花 201508  
若柳ロックンロールの風に揺れ 小林陽子 201606  
買つて出る力はもはや糸柳 山崎靖子 201606  
細波の水面に垂るる糸柳 高木邦雄 末黒野 201606  
街角の珈琲館や川柳 中村風信子 馬醉木 201606  
さみどりの花を水面に糸柳 水野加代 万象 201607  
点滴の二色の玉や春柳 小野弘正 末黒野 201607  
花街の柳の風につばめ来る 鈴鹿仁 京鹿子 201607 柳→3

 

 

2020年4月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。