つゆけし       20句

八鹿踊り合ひの唄声つゆけしや  高島茂  冬日

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
つゆけしや生きて日覚めてゐたること 柏井幸子 ホトトギス 200001  
つゆけしや螺鈿の琵琶の葩も 田中藤穂 「水瓶座」 200002  
つゆけしや板戸に褪せし武将の絵 深川知子 俳句通信 200012  
三彩の欠けのつゆけし曝涼会 深川知子 俳句通信 200012 正倉院展
つゆけしや薬香残る百箪笥 深川知子 雲の峰 200211  
つゆけしはよべ千灯会供へし野 豊田都峰 京鹿子 200211  
つゆけしや生れしばかりの子のくしやみ 比田誠子 百鳥 200301  
幼子の靴底の減りつゆけしや 高千夏子 200312  
つゆけしや使はぬ門の花頭窓 山口マサエ 雲の峰 200411  
つゆけしや紅引いてやや強くなり 柴田佐知子 200601  
つゆけしや梵字ひとつの僧の墓 徳永亜希 馬醉木 200701  
つゆけしや一期一会の京の菓子 水野あき子 遠嶺 200812  
枕上ミ以後なき日記つゆけしや 岸本久栄 雨月 200812  
膝ついて撮る草の丈つゆけしゃ 蘭定かず子 火星 200812  
能役者立たせたき松つゆけしや 伊藤宇太子 200812  
露けしと言へば幼もつゆけしと 太田昌子 馬醉木 200911  
つゆけしや卒寿の美しき死化粧 大木清美子 201011  
つゆけしや線路の脇の花低し 山内碧 201401  
つゆけしや一枝もて足る小鳥塚 錫木妙子 馬醉木 201612  
ふるさとの月のつゆけさ仰ぎけり 久保田万太郎 春燈 201808 『冬三日月』

 

2019年9月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。


 

2019年9月21日