遠花火 1     100句

死にし人別れし人や遠花火   鈴木真砂女   居待月

花火 遠花火 手花火 花火殻 花火果つ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
岐れ道ふと振り返る遠花火 北村照子 遠嶺 199811  
遠花火ひとり遊びに馴れている 佐伯のぶこ 船団 199812  
触るるもの皆もゆる日の遠花火 朝日彩湖 船団 199902  
湯浴みして髪梳く夜の遠花火 倉本美代子 ヒッポ千番地 199905  
ビル街を風わたるなり遠花火 倉本美代子 ヒッポ千番地 199905  
遠花火コップの水に指の透け 渡辺よし生 風土 199907  
遠花火司祭は暗き灯にをらむ 藤田宏 199909  
時々は話交わして遠花火 伊藤一歩 いろり 199909  
湯上りの窓より見ゆる遠花火 金子八重子 酸漿 199910  
医帰りの子を慰むる遠花火 三村禮子 酸漿 199910  
テンポよき色のワルツや遠花火 三村禮子 酸漿 199910  
遠花火戸口に杖と立つて居り 村越化石 199910  
下の関発山陰の遠花火 早乙女健 199911  
海と陸分たぬ昏さ遠花火 柏井幸子 円虹 199911  
遠花火家郷はなるゝこと久し 柏井幸子 円虹 199911  
遠花火パントマイムの哀しき目 柏井幸子 円虹 199911  
わだつみの魂かも知れず遠花火 柏井幸子 円虹 199911  
遠花火風がつれくるうすなさけ 豊田都峰 京鹿子 199911  
遠花火ときをり塔を映し出す 能村登四郎 芒種 199911  
遠花火過去のぺージをめくる晩 平田恵美子 ぐろっけ 199911  
遠花火声かけて見る塾帰り 水野範子 ぐろっけ 199911  
遠花火田を吹く風が脛に来る 中田ゑみこ 馬醉木 199912  
始まりも終わりも知らない遠花火 三宅やよい 船団 199912  
振りむけば一筋残る遠花火 山本恵美 ぐろっけ 199912  
遠花火まぼろしに聴く君の鼓動 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
遠花火には迫りくるもののなく 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
恋の句をせかされてをり遠花火 松村武雄 200008  
遠花火からりと揚げし魚の骨 山田六甲 六花 200008  
大手術結果待つ間の遠花火 山本潤子 いろり 200009  
遠花火果てし石階固かりし 柳沢杏 酸漿 200010  
遠花火二つまたたき母の里 小倉行子 風土 200010  
音聞いて飛びでて見れば遠花火 大平保子 いろり 200010  
太白の光り増しつゝ遠花火 阿部寒林 200010  
初恋は儚く消えし遠花火 茂木とみ いろり 200011  
遠花火乾きし音の届きけり 岸はじめ ぐろっけ 200011  
山国の山よりのぞく遠花火 谷村睦子 200012  
遠花火小さく上りはたと情 稲岡長 ホトトギス 200012  
遠花火わたくしたちといふ孤島 田中亜美 海程 200012  
眉根とはやはらかき遺棄遠花火 田中亜美 海程 200012  
こんとんとスープは重し遠花火 芹沢愛子 海程 200012  
音空に置き去りにして遠花火 新開一哉 円虹 200102  
世紀明くテレビの中の遠花火 須山つとむ 船団 200105  
この町の地酒を酌みて遠花火 市川英一 遠嶺 200109  
遠花火見ず手花火に興ず子等 高垣和惠 雨月 200109  
仏飯にもの言ふ母の遠花火 鎌倉喜久恵 あを 200109  
木に草に湿りのもどり遠花火 南うみを 風土 200110  
遠花火大阪城に舟渡御に 金澤明子 火星 200110  
遠花火たぐれど紐のたよりなき 華明日香 銀化 200110  
終りしと思ひしころの遠花火 能村登四郎 羽化 200110  
連れ添ひてよりの歳月遠花火 吉田久子 200111  
独りにても声あげてゐる遠花火 本河康子 200111  
一湾をかこむ灯淡き遠花火 藤木竹志 馬醉木 200111  
遠花火こんなところに人の立つ 小田玲子 百鳥 200111  
桟橋に欠航の札遠花火 村田美穂子 百鳥 200111  
明治より五世代で見る遠花火 岡本幸枝 ぐろっけ 200111  
夫の手の意外に温き遠花火 中野たけみ 雨月 200112  
遠花火とびだす絵本閉じにけり 小野裕三 海程 200112  
音ばかり空に散らして遠花火 武田幸栄 円虹 200112  
薬石の効きらきらと遠花火 和田悟朗 船団 200202  
遠花火見知らぬ人と乾杯す 能勢京子 船団 200202  
今日よりは一人の暮し遠花火 菊池育子 遠嶺 200209  
七階のデート間に合ふ遠花火 福田蔦恵 帆船 200210  
煮物の火細めて妻の遠花火 小泉豊流 酸漿 200210  
森に咲き森に散りたり遠花火 金山千鳥 酸漿 200210  
三世代のにはか漁師や遠花火 菊地英雄 酸漿 200210  
身に添ひし風を離さず遠花火 松原仲子 200210  
遠花火すでに昏れたる波頭 柴田靖子 200210  
母の髪匂ひて来たる遠花火 小山田子鬼 200210  
遠花火ちよこ一杯の盗み酒 木野本加寿江 火星 200210  
喪ごころや屋根のあはひの遠花火 吉田島江 火星 200210  
天を突くポプラ並木や遠花火 渡辺智佳 遠嶺 200211  
手術日の決まり遠くに聞く花火 中薗道子 遠嶺 200211  
間をおいて僅かに響く遠花火 海老原信男 築港 200211  
遠花火征きて還らぬ人の供華 木内美保子 六花 200211  
無駄といふ美しきもの遠花火 菊池一枝 200211  
居ながらに見るとはなしの遠花火 中島知惠子 雨月 200212  
薬飲み五感ばらばら遠花火 大塚まや 京鹿子 200308  
虚偽詭弁妄想厖大遠花火 吉弘恭子 あを 200308  
遠花火音を束ねて終りけり 高橋としを 酸漿 200309  
諍ひの一因はわれ遠花火 篠田純子 あを 200309  
海の字の中の母の字遠花火 中野京子 200310  
遠花火早々と児の眠りたる 杉本美智江 雨月 200310  
遠花火へ知恵熱の嬰を抱き起す 太田絵津子 200310  
三々五々歩道橋より遠花火 赤座典子 あを 200310  
牛小屋の牛に水汲み遠花火 石川貞子 対岸 200310  
廃校の蛇口上向き遠花火 山田美智子 築港 200310  
四五日の月のかかれる遠花火 藤井昌治 200310  
愛淡き青春なりし遠花火 木船史舟 200311  
女にはなれず男の遠花火 根岸善行 風土 200311  
二階より談笑聞こゆ遠花火 滝本香世 百鳥 200311  
負け試合見終へし帰途の遠花火 今瀬一博 200311  
遠花火傘いっぱいの川辺かな 林裕美子 六花 200311  
はからずも常陸の国の遠花火 増田文雄 遠嶺 200311  
愛憎もかなたに消えて遠花火 磯みどり 遠嶺 200311  
うらなひの良きことばかり遠花火 公山礼子 200311  
たぐりよす面影ひとつ遠花火 大橋夏生 200311  
遠花火傘寿の坂をふり向かず 閑田梅月 馬醉木 200312  
今年又夫と見てゐる遠花火 城石美津子 京鹿子 200312  
思ひ出は闇の向ふの遠花火 伊藤マサ子 ぐろっけ 200312  
門燈を消しに出て見る遠花火 山崎泰世 200410 遠花火 2→

 

2019年8月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。