花 火 1     100句

花火やむあとは露けき夜也けり    正岡子規

花火 遠花火 手花火 花火殻 花火果つ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
髪の根の乾かぬままの初花火 浦山輝代 199808  
花火師のその一瞬の奢りかな 水谷芳子 雨月 199810  
羅漢さん揃うて花火待つてゐる 西村葉子 京鹿子 199811  
ねずみ花火やたら忙しき父親めく 牧野睦子 199811  
花火果て汗の電車へ乗り込める 津田このみ 船団 199812  
グラビアの花火濡れてる昭和かな 寺田良治 船団 199812  
起きぬけに初虚空蔵の花火鳴る 中森百合子 199903  
花火師の足の運びの確かなり 野口光江 遠嶺 199905  
遅れくる音に花火の夜空あり 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
ととのひし花火の空となりゆけり 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
しばらくは花火の匂ふ靄にゐる 吉田島江 火星 199908  
花火師の暗躍待ちて大河原 佐渡美佐子 ヒッポ千番地 199908  
皆咲きて皆散る花火嫌いなり 佐渡美佐子 ヒッポ千番地 199908  
仏塔の浮き沈みする花火かな 小形さとる 199909  
Tシャツに昨夜の花火の匂ひけり 配藤和子 円虹 199909  
川下に見て秋の花火と思ひけり 能村登四郎 199909  
花火後の離散の續く家族かな 中原道夫 銀化 199909  
ほんたうは鼠花火が得意なり 深澤鱶 ヒッポ千番地 199905  
いのちなど惜しくないやと大花火 保坂加津夫 いろり 199908  
北国の空を濁して花火果つ 鈴木ゆき子 風土 199910  
利根川は花火の音と水音と 保坂加津夫 いろり 199909  
その昔鉱毒の川花火咲く 林田加杜子 いろり 199909 渡良瀬川
ねずみ花火胎蔵界を巡りけり 栗栖恵通子 199910  
わが死後へ花火の音は遅れけり 高橋修宏 海程 199910  
康黍の花や花火を捧ぐごと 宮津昭彦 199910  
さい果の花火とおもふ川下に 能村登四郎 199910  
花火果て橋に往き来の戻りきし 丸川越司 円虹 199910  
上ミの橋下モの橋暮れ花火待つ 丸川越司 円虹 199910  
暗号は花火に仕掛けられてゐる 青山茂根 銀化 199910  
鼠花火中途はんぱに逃げ回り 岬雪夫 199911  
目ざわりのなんにも無くて大花火 松沢久子 いろり 199910  
大花火星も見えずに雲もなく 松沢久子 いろり 199910  
舟の陣しきて花火を見てゐたり 黒川悦子 円虹 199911  
舟揺れてゐること忘れ見る花火 黒川悦子 円虹 199911  
叡山に花火の音のぶつかりぬ 黒川悦子 円虹 199911  
フィナーレの花火かぶさり来るかな 黒川悦子 円虹 199911  
一斉に引き揚げてゆく花火舟 黒川悦子 円虹 199911  
一湾の魚おどろかす花火かな 関根洋子 風土 199911  
花火果てし海をみてゐる漢かな 中沢三省 風土 199911  
つぎつぎに柳橋より花火船 安陪青人 雨月 199911  
花火終へ月の出潮の戻り船 安陪青人 雨月 199911  
波音のいつしか消えて花火果つ 小林光美 春耕 199911  
消えぬ間に花火が揚がるまた揚がる 安井よしこ ヒッポ千番地 199910  
ぬばたまの闇まだ降りず花火待つ 山田久子 199912  
川底に魚族の屯ろ大花火 富田美和 200001  
花火果て流れを急ぐ水の調べ 富田美和 200001  
動かざる舟が散らばり花火待つ 嶋田一歩 ホトトギス 200002  
対岸の仕掛花火に人浮び 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
満天の花火へ翔べり天道虫 田中藤穂 水瓶座 200002  
火祭の空の花火はやはらかし 田中藤穂 水瓶座 200002  
花火果て初島赤き灯の一つ 田中藤穂 水瓶座 200002  
あらたまの弥勒が穹の花火かな 岡井省二 200003  
百円の鼠花火の捩ぢれやう 深澤鱶 ヒッポ千番地 200004  
たゆたひて決してひらく大花火 本橋怜加 冬牡丹 200003  
花火見しよべの会話のつながりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
ぽつつんと像香花火の涙かな 富村波聴 六花 200007  
花火師に刺青一字命かな 富村波聴 六花 200007  
天上へ咲かす花火は夫が摘む 柏井幸子 円虹 200008  
銃より花火へ創業四百六十年 松崎鉄之介 200008  
手漕舟近づき客に花火売る 石鍋みさ代 春耕 200008  
貧しかる花火の音に目覚めをり 山尾玉藻 火星 200009  
銃より花火へ創業四百年以前 松崎鉄之介 200009  
花火果て千夜一夜を経しごとし 牛田修嗣 200010  
花火見る間中石いらうてをる 小形さとる 200010  
病み疲れ音で花火をかぞへをり 池尻足穂 俳句通信 200010  
花火の夜くらがりにゐしひよこ売 小倉行子 風土 200010  
花火師の動きみてゐて花火見ず 武政礼子 雨月 200010  
へらへらと揚りてぱっと大花火 武政礼子 雨月 200010  
音を追ふ一里の先の花火かな 宮津昭彦 200010  
沖待の船にしだれし大花火 鈴木夢亭 春耕 200010  
花火浴びキリスト教徒仏教徒 中原幸子 遠くの山 200010  
大花火ひらかず落ちて終ひたり 松沢久子 いろり 200010  
大花火中止となりて孫ぐづり 篠田三七子 いろり 200010  
花火師が昼寝している河川敷 三宅やよい 玩具帳 200004  
せがまれて煙ばかりの昼花火 高尾豊子 火星 200011  
歯が痛い歯医者は嫌い花火好き 小枝恵美子 ポケット 199911  
六甲の風に凭れて花火見る 山田弘子 円虹 200011  
青を濃く強気の終り花火かな 能村登四郎 200011  
独酌や肘掛窓に花火爆ぜ 守屋井蛙 酸漿 200011  
居座りし雨雲払ふ昼花火 永岡セツ 酸漿 200011  
眩しさの猪名の穂すすき花火待つ 大橋宵火 雨月 200011  
花火待つ子ら大土手を駆け廻る 大橋宵火 雨月 200011  
戻り路の豪華な花火かへり見る 大橋宵火 雨月 200011  
花火打てば万朶の露のふるへけり 藤田宏 200011  
花火待つわずかに水の匂うかな 津田このみ 月ひとしずく 199912  
地ひびきもとどく花火を子とふたり 藤井昌治 200010  
花火待つ潮入川のふくれゐて 笹松浩子 200012  
描きたる空は黒板花火消ゆ 嶋田摩耶子 ホトトギス 200102  
これ如何これも如何と楊ぐ花火 嶋田摩耶子 ホトトギス 200102  
喚声が瀬音に変る花火の間 内山和江 奧嶺 200010  
沢山のことば遣うて花火の夜 ふけとしこ 船団 200102  
七月の胸に花火がはじけてる 朝倉晴美 船団 200102  
酒飲めぬ男も混じり花火待つ 朝倉晴美 船団 200102  
嫁かぬ子の花火が好きで背の高き 深澤鱶 火星 200103  
投げつける鼠花火の間合ひかな 篠田純子 あを 200107  
花火見る時間過ぎゐしインタビュー 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
日本語も英語も花火はじまりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
花火見る人の熱気の外にをり 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
少しづつ大胆になる花火かな 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
葉蘭叢へ走りしねずみ花火かな 山尾玉藻 火星 200108 花火 2→

 

2019年8月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。