2     100句

霜ふるらし青き花梨を夢にみし   高島茂

初霜   別れ霜  春の霜  忘れ霜  霜柱

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
霜の夜は風に突かれて目覚めけり 宮脇ちづる 200303  
帰り来て駅の灯親し霜夜かな 谷上佳那 百鳥 200303  
火襷も上々霜へ窯びらき 泉田泉一 200303  
母逝きし日のこと思ふ霜夜かな 竹内喜代子 雨月 200303  
胸に手を置きて眠れり霜の声 島田妙子 200303  
山影のするどき霜夜雁鳴けり ほんだゆき 馬醉木 200303  
ふり返る畑に霜のつぶやけり 渡邉友七 あを 200303  
金星や葉蘭の上に霜の花 谷村幸子 200303  
霜の夜のカーテンコール止まざりし 岡和絵 火星 200303  
残り火をかきて霜夜の自服かな 小林あかり 遠嶺 200303  
走り根に朝日とどきぬ霜の花 秋元きみ子 200304  
霜晴やいつもの刻の退職日 高尾豊子 火星 200304  
強霜やクレーンが吊りし朱の鳥居 大山文子 火星 200304  
人間といふ作品や霜の花 丸山敏幸 200304  
霜受し野菜たつぷりなべ料理 松下幸恵 六花 200304  
過去帳に妻の名しるす霜夜かな 牧野耕二 ホトトギス 200304  
病棟に街の灯の綺羅霜夜なり 和田敏子 雨月 200304  
ものの芽にかくあきらかな今朝の霜 檀原さち子 酸漿 200304  
アパートも古りたり霜の浄閑寺 青山丈 200304  
遠からぬ柚子さんさんと霜日和 永田二三子 酸漿 200304  
霜白し筍山に藁敷きて 木船史舟 200304  
霜夜読む未婚のAへ渡す恋 富沢敏子 200305  
霜日和なんでもない日の笛吹薬缶 坂本敏子 京鹿子 200305  
水霜や征かざりしかど還り来ず 井上信子 200305  
窮屈な柩を思ふ霜夜かな 柴田佐知子 200305  
霜焦げの薔薇なほ紅し久女の忌 川勝春 馬醉木 200305  
止め石に霜のひかりやにじり口 南うみを 風土 200305  
羽二重のやうな朝の霜の花 浜中雅子 遠嶺 200305  
霜くすべ朝刊の煤払ひけり 金升富美子 200306  
しゃりしゃりと耳を澄せば霜の音 榊原章一 雨月 200306  
霜ふすべ神座(かみくら)の峯明けにける 延広禎一 200306  
乾坤に霜の綺羅置く積翠忌 辻口静夫 ホトトギス 200307  
朝霜の霽れ弥白き沙羅の花 宮原悦子 雨月 200309  
暁けてゆく刻々霜の朝かな 稲畑汀子 ホトトギス 200311  
霜待ちて咲く紫陽花の毬一つ 阿部ひろし 酸漿 200311  
大霜やショコラケーキとグラニュー糖 川股広実 200312  
霜の香の白川に入る日暮かな 山尾玉藻 火星 200312  
霜の降る百万弗の夜景かな 山田六甲 六花 200312  
窯主の霜髪さやか初対面 大橋敦子 雨月 200312 伊勢崎満氏の窯場を訪いて
水霜の夜や枕辺におしらさま 山路紀子 風土 200312  
赤々と鶏冠が揺れて霜の花 柴田佐知子 200312  
霜凪ぎて合掌の屋根鎮めをり 能村研三 200312  
八人と一人の霜夜晩餐会 山田六甲 六花 200312  
霜晴の分散和音躍りけり 宮津昭彦 200401  
霜夜燃え天竜と化す登り窯 大串章 百鳥 200401  
風穴に何か音する霜の朝 北吉裕子 雲の峰 200401  
武士道を青き目が説く霜夜かな 岡田万壽美 雲の峰 200401  
霜の畑鶺鴒翅を切りむすび 岡本まち子 馬醉木 200401  
ヴアイツエンの醸す高原霜しづく 南奉栄蓮 風土 200401  
つづけさまに大梁の鳴る霜夜かな 木下節子 雲の峰 200402  
姉小路曲れば霜を掃いてゐし 山尾玉藻 火星 200402  
気が付けば一人離れて霜の道 手嶋節子 200402  
夜霜立つ気配やペンを措きしより 岡本眸 200402  
霜踏みてひとりの音をたてにけり 釜井瞳子 対岸 200402  
釉薬の三筋は涙霜の夜 鹿志村正子 対岸 200402  
霜の夜のコントラバスの余韻かな 恒川絢子 対岸 200402  
霜の夜の星を掬ひに摩耶夫人 山田六甲 六花 200402  
霜の夜の一心に貼る喪の切手 村上一葉子 200402  
霜踏んで直言すこし距離をおく 柴崎英子 200402  
強霜やまだ日の射さぬ峡の川 井関祥子 酸漿 200402  
天金の剥がれし詩集霜夜更く 栗田武三 ぐろっけ 200402  
ジョギングの靴跡著き霜の道 原田伸夫 雲の峰 200402  
簷落つる水霜に覚め奥湯なる 藤原たかを 馬醉木 200402  
音たてて渡る木の橋朝の霜 釜井瞳子 対岸 200402  
旅の荷におくのほそ道霜の夜 橋本良子 遠嶺 200402  
積み藁の湯気匂ひ来る霜の朝 森木久美 雲の峰 200402  
花売りに更けゆく霜夜アヴェマリア 栗田武三 ぐろっけ 200402  
霜のこゑ月は素顔を曝したる 横山淑子 200402  
霜の夜に煌たり自動販売機 栗田武三 ぐろっけ 200402  
燈籠の十字ひそかに朝の霜 水原春郎 馬醉木 200402  
残る葉の囁き聞こゆ霜の夜 藤井智恵子 百鳥 200402  
ほんたうの暮らし嬬恋村に霜 伊藤早苗 200402  
墓のこともうもち出すな霜夜更く 栗田武三 ぐろっけ 200402  
霜晴の積まれて匂ふ檜材 下平しづ子 雨月 200403  
霜鳴ると月明に出てみたりけり 長沼三津夫 200403  
霜の声じんじん白髪ふえゆけり 藤原時子 雨月 200403  
霜くすべ朝刊の煤払ひけり 金升富美子 200403  
霜の花敷く木道をへっぴり腰 藤井久仁子 ぐろっけ 200403  
霜晴の積まれて匂ふ檜材 下平しづ子 雨月 200403  
眼を病みて夢鮮やかな霜夜かな 小林朱夏 200403  
金魚田の霜の四角でありにけり 城孝子 火星 200403  
霜の声じんじん白髪ふえゆけり 藤原時子 雨月 200403  
梵天はまねきの上に霜の朝 中島陽華 200403  
霜おいて風に動かぬ草となる 彦坂範子 ぐろっけ 200403  
霜の夜や金色の目のよぎりたり 迫口君代 河鹿 200403  
霜晴れや鳥の目にある海の色 林裕子 風土 200403  
白けゐる大霜晴の避雷針 木下節子 雲の峰 200403  
百体の仏百態霜のこゑ 佐々木咲 草の花 200403  
封緘を押さへてあれば霜の声 鷹羽狩行 200403  
霜晴れや棒一本の猫の墓 柴田久子 風土 200404  
霜解けの道様様な靴の跡 石川敬子 対岸 200404  
霜の花六角堂をまはしけり 松井治美 遠嶺 200404  
大霜の棚田百枚汝が故郷 服部菰舟 雨月 200404  
万象のささやいてをり霜の花 清水晃子 遠嶺 200404  
躓きてギターの鳴りし霜夜かな 徳永真弓 百鳥 200404  
ライバルの窓の灯消えず霜の夜 岡谷栄子 200404  
梳る鏡の中に霜のこゑ 中島静子 酸漿 200404  
朝霜に白鳥の声漲れり 須原正三 200404  2017年1月14日 野中ちよこ 馬醉木 200404  
ロシヤ語のすれちがひゆく霜夜かな 蓮尾あきら 風土 200404 霜 3 へ

 

2017年1月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。