忘れ霜       36句

鶯も元気を直せ忘れ霜   一茶   七番日記

初霜   別れ霜  春の霜  忘れ霜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
時無しの木瓜に紅刷く忘れ霜 岩崎きゑ子 馬醉木 199906  
鎌倉に虚子忌過ぎをり忘れ霜 神蔵器 風土 199906  
煙草の火もらふ畦道忘れ霜 宮下本平 199909  
美しき老いとはあるや忘れ霜 能村登四郎 芒種 199911  
背骨の指は我が指忘れ霜 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
薪の上にちらばつてゐる忘れ霜 西田美智子 200006  
打ち返す鍬音にぶき忘れ霜 齋部干里 ぐろっけ 200104  
単身の荷造り固し忘れ霜 木村真魚奈 京鹿子 200111  
よく見れば草にも地にも忘れ霜 阿部ひろし 酸漿 200205  
野の胎動ぐいと止めたる忘れ霜 永井雪狼 200206  
姨捨の棚田棚田の忘れ霜 中島知恵子 雨月 200308  
茶畑の朝けむれる忘れ霜 秋田庫 200310  
無観客試合てふ断忘れ霜 赤座典子 あを 200506  
日の当る堰のきらめく忘れ霜 高木一 200506  
生薬の匂ふ石臼忘れ霜 植木戴子 200507  
忘れ霜乳離れの子をすこし恋ひ 辻美奈子 200605  
忘れ霜あへて朱色の長者箸 林友次郎 遠嶺 200708  
何もかも許せる齢忘れ霜 大川冨美子 ぐろっけ 200708  
訃の続く週とはなりぬ忘れ霜 品川鈴子 ぐろっけ 200803  
信濃路の旅の朝立ち忘れ霜 布村松景 春燈 200805  
連休のたるみを責むる忘れ霜 泉田秋硯 200808  
滾るものたぎらせてをり忘れ霜 井上信子 200905  
輪塔の影蹲り忘れ霜 渡辺昭 200906  
束の間の忘れ霜置く家並かな 野木富貴 雨月 200907  
朱けの橋かかりし山の忘れ霜 中島陽華 201008  
目に見えぬものに怯ゆる忘れ霜 楠原幹子 201106  
忘れ霜忘れてならぬ人のこと 稲畑廣太郎 ホトトギス 201204  
笹原の笹の葉鳴つて忘れ霜 本多俊子 201206  
忘れ霜取り止めのなき便りして 風間史子 201305  
みそ汁の具沢山なり忘れ霜 宮崎左智子 201406  
爪切りの指に馴染まぬ忘れ霜 吉村摂護 201407  
忘れ霜世界一周船来たる 加藤みき 201506  
アルバムに逝きし師と友忘れ霜 有賀昌子 やぶれ傘 201506  
忘れ霜降りて発ちたる一人旅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704  
打ち返す土の匂ひや忘れ霜 水谷靖 雨月 201706  
忘れ霜別れ惜しみつ未来坂 大谷満智子 春燈 201905  

 

 

2020年4月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。