3    200句
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
退院す蝉鳴く家へ足早に 岡野峯代 ぐろっけ 200111  
蝉の羽化刻々開く脱皮線 佐々木スガ子 ぐろっけ 200111  
蝉の昼触れれば笑ふ二重顎 小林玲子 ぐろっけ 200111  
蝉声に押されて上る寺の磴 大森ムツ子 ぐろっけ 200112  
蝉を採る木戸侵入も早業で 岡野峯代 ぐろっけ 200112  
蝉の声何を告げたや啼きやまず 大森ムツ子 ぐろっけ 200201  
蝉を持つ曽孫の眼かがやける 熊口三兄子 ぐろっけ 200211  
母の忌やいつしか蝉の声聞かず 蔵本博美 ぐろっけ 200211  
掌に一声鳴きて蝉果てし 藏本博美 ぐろっけ 200212  
岩風呂の男女を隔つ岩に蝉 松木清川 ぐろっけ 200212  
宿題の子に蝉が鳴き虫が鳴き 嶋崎茂子 百鳥 200212  
暮れ六つの鐘蝉声に紛れけり 飛高隆夫 万象 200212  
晩年や蝉声に背を押され歩し 加瀬美代子 200310  
秒針の動きにならひ蝉の羽化 清水公治 200311  
蝉の死のひつそりと悔いなかりけり 今瀬一博 200311  
透明な真昼に覚めて蝉の羽化 矢崎すみ子 200311  
蝉わあつと国破れたる日なりけり 渡部義雄 200311  
蝉はいま畳の上で虫の息 丸山佳子 京鹿子 200311  
織元の井筒屋四代目蝉涼し 林日圓 京鹿子 200311  
今生れし蝉のさみどりしんとして 丹生をだまき 京鹿子 200311  
蝉の木にしがみついてゐる齢 直江裕子 京鹿子 200311  
喧しい蝉と一緒の誕生日 滝沢環 京鹿子 200311  
しづもりて一族の墓蝉涼し 岡淑子 雨月 200311  
森深く蒼さが暗さ蝉蛻く 東野鈴子 雨月 200311  
朝蝉や城に逢ふ人みな無口 鳴海清美 六花 200311  
一生は夢のごとくや夜蝉鳴く 中谷喜美子 六花 200311  
声もらし墓へあやふく蝉つぶて 道具永吉 対岸 200311  
蝉の声雅楽にまじり慰霊祭 田中千枝子 対岸 200311  
羅の干されて蝉の翅のごと 物江晴子 八千草 200311  
雨の蝉荒草に土這ひのぼり 仲村青彦 200311  
夕蝉や母の背見ゆる厨窓 糸井芳子 200311  
燈籠に灯の入る蝉の短鳴き 四宮一子 200311  
蝉涼しギブスの先の指動き 杉浦典子 火星 200311  
蝉取りの幹うら捜しまた五匹 安部美和子 ぐろっけ 200311  
その中に筑紫恋しと鳴く蝉も 鷹羽狩行 200312  
名刹の蝉の好きな木嫌ひな木 有山八洲彦 200312  
蝉声の砦をなせる森に入る 田所洋子 雨月 200312  
蝉の木になりきつてゐる翁かな 田村みどり 京鹿子 200312  
一夏の蝉声の滲み能舞台 芝川百合子 京鹿子 200312  
蝉コツとすでに事切れわが足下 大井貞一 京鹿子 200312  
蝉のこゑに波動ありけり阿波縮羅 雨村敏子 200312  
子の声と重なる蝉の羽音かな 尾本美恵子 200312  
蝉の声真紅の空に届けかし 亀浜ふみ子 200312  
蝉生る山に狼煙の立ちにけり 松原仲子 200312  
断崖の蝉聲つねに新たなる 岡本眸 200312  
駅の灯のおよぶ一樹や夜の蝉 真塩実 200312  
体当りされて夜蝉によろめける 阪上多惠子 雨月 200401  
遊ぶ子の蝉鳴く幹をたたきをり 北嶋美都里 西の峰 200401  
蝉の死をあちこちに見る気候変 西島みね子 八千草 200402  
庭下駄をつっかけ蝉の声聴きに 栢森定男 「風よ」 200407  
蝉の声高まり雷の遠ざかる 栢森定男 「風よ」 200407  
草蝉の草色草をはなれても 前田貴美子 万象 200408  
遠い蝉ともかく寝よと医師の言 岡本眸 200408  
突と蝉声朝刊に知人の訃 岡本眸 200408  
壬生屋敷近藤しのび蝉の声 藤田昇 築港 200408  
林道に蝉声耳を聾しをり 二口毅 築港 200408  
蝉生まれその日に神は召されしと 山田六甲 六花 200408 七月十一日西村咲子さん
生きておればきっとあしたも蝉は鳴く 松山律子 六花 200408  
欝々の日に胸張れと蝉鳴けり 松本圭司 200408  
夕蝉や江戸切子にて銘酒なる 近藤公子 200409  
幹移るめくら飛びして夜の蝉 河口仁志 200409  
生き急ぐとは夜半も鳴く蝉のこと 岡崎伸 200409  
蝉の木となりて欅の直立す 坂ようこ 200409  
赤松の幹の光りて蝉生る 諸冨清子 対岸 200409  
初蝉や三歩もあらぬ馬出橋 辻井桂子 京鹿子 200409  
移り鳴く蝉に明けゆく佐保の朝 辻井桂子 京鹿子 200409  
初蝉の耳もとに来て鳴きにけり 宇利和代 京鹿子 200409  
蝉の世に吸ひ込まれゆく嵯峨あるき 鈴鹿仁 京鹿子 200409  
初蝉やどの木に在す水の神 鈴鹿仁 京鹿子 200409  
朝よりの蝉の狂想曲なれや 大橋敦子 雨月 200409  
蝉捕れず兄貴の後の次男坊 和田一 雨月 200409  
負けん気の強き蝉ゐて鳴きつづく 塩川雄三 築港 200409  
初蝉の前ぶれもなく鳴きゐたり 国包澄子 築港 200409  
初蝉や森しらじらと明けゆける 井口初江 酸漿 200409  
初蝉の二声三声朝の庭 青木陽子 酸漿 200409  
遠き蝉雲やや重き照りかげり 岡本眸 200409  
物干して蝉声聞かぬことをふと 岡本眸 200409  
初蝉や日差しさっそくもり立てる 長崎桂子 あを 200409  
喜雨過ぎて尚も激しき蝉の声 森山のりこ あを 200409  
朝の蝉クレッシェンドにて鳴きはじむ 斉藤裕子 あを 200409  
蝉までが鳴き方違ふ豪州は 長谷川登美 ぐろっけ 200409  
麻酔打つ痩躯を遠く蝉囃す 淵脇護 河鹿 200410  
短命の蝉に病ひはなかるべし 園部蕗郷 春燈 200410  
妄想の長湯となりて地蝉鳴く 瀬下るか 200410  
蝉生まる夜は馥郁と匂ひけり 天野きく江 200410  
信州の旅に出る子に朝の蝉 木野本加寿江 火星 200410  
夜蝉のぢぢと西村京太郎 堀義志郎 火星 200410  
切株にうしほの匂ひ朝の蝉 環順子 遠嶺 200410  
初蝉やドレツシングの油浮き 中谷葉留 風土 200410  
投げ込み寺蝉棲む大樹残りけり 久染康子 200410  
夜蝉鳴く眠られぬ師の魂かとも 湯橋喜美 200410  
蝉声に目覚めふるさと発つ朝 白井剛夫 200410  
朝あをき空気に濡れて蝉の羽化 矢崎すみ子 200410  
蝉覚まし禰宜正眼の構へ解く 禰寝瓶史 京鹿子 200410  
俳句講座折しも蝉のまぎれ入る 守屋井蛙 酸漿 200410  
蝉声を背にくぐりけり蕎麦暖簾 渋谷ひろ子 酸漿 200410  
寺の庭しのび歩きに蝉取す 林敬子 酸漿 200410  
風化仏集めしところ蝉鳴けり 村田さだ子 酸漿 200410  
間一髪鳥の追跡かはす蝉 長澤健子 酸漿 200410  
蝉どつと鳴きて目覚めし月曜日 谷野由紀子 雲の峰 200410  
百千の蝉鳴く朝を寝過ごせり 若山実 雲の峰 200410  
夕の蝉力を込めて鳴き止みぬ 伊藤たいら 雲の峰 200410  
蝉の音の中に一村しづもれり 伊藤たいら 雲の峰 200410  
蝉声の短き夏でありしかな 大橋敦子 雨月 200410  
わが庭の蝉の生涯始まりぬ 高橋照子 雨月 200410  
蝉声に吸ひ込まるかに磴登る 林典子 雨月 200410  
蝉鳴いて起承転結守りたり 塩川雄三 築港 200410  
近寄れば蝉は舌打樹を移る 新子禎自 築港 200410  
鳴き疲れ螺子弛びたる蝉の声 大森玲子 築港 200410  
大樹より蝉の合唱沸き立ちぬ 大森玲子 築港 200410  
朝蝉の時刻違はず鳴き始む 岡村容子 築港 200410  
もう鳴かぬ朝蝉命全うす 岡村容子 築港 200410  
啄木の歌碑に蝦夷蝉鳴きしきる 二口毅 築港 200410  
納骨の済みし墓石に蝉音沁む 中山砂光子 200410  
帰省子のたちまち蝉を手掴めり 山本とみを 200410  
もう我慢ならない蝉と孫の声 柳澤恭子 帆船 200410  
蝉声の未だ聞かざる小暑かな 二瓶洋子 六花 200410  
蝉啼いてとうに忘れしことなどを 北村和子 草の花 200410  
夜の蝉母の足裏をさすりをり 樋口桂紅 草の花 200410  
昏睡の母の十日や雨の蝉 樋口桂紅 草の花 200410  
境内の篝火に夜の蝉鳴けり 大串章 百鳥 200410  
掌の中に蝉泣かせをり生きるべし 渡邉友七 あを 200410  
応援の校歌に混じる蝉の声 星加克己 ぐろっけ 200410  
須磨の海蝉の声ききリハビリす 的場うめ子 ぐろっけ 200410  
喪帰りの日暮を蝉の鳴き出づる 上薗シヅ子 河鹿 200411  
蝉啼くや出処進退潔し 坪田秀邑 河鹿 200411  
蝉が占む投げ込み寺の樹といふ樹 金子孝子 200411  
しつかりと背に蝉止る盆の道 長田秋男 酸漿 200411  
蝉声に煽られて湧く入道雲 中上照代 火星 200411  
百千の蝉をやしなふ村の空 荒井和昭 200411  
さまざまに鳴き一様に蝉死せり 大串章 百鳥 200411  
古希吾れを囃して蝉の鳴きやまず 松田雄姿 百鳥 200411  
夕蝉や磯桶船に伏せて干す 渡辺政子 雲の峰 200411  
蝉生れて鳴くだけ鳴いて一ト世果つ 大西正栄 雨月 200411  
ソナタ聴きをるに程よき蝉の声 岸本久栄 雨月 200411  
鎮魂や庭に来鳴ける蝉の声 佐野布娑 雨月 200411  
蝉の羽化地震の激しさ越えながら 伊藤希眸 京鹿子 200411  
鳴く蝉に一期の縁おもいけり 藤田京子 ぐろっけ 200411  
鳴き立てて保護色の蝉捕はるる 史あかり ぐろっけ 200411  
平仮名のじじじと啼きし夜の蝉 星加克己 ぐろっけ 200411  
雨かしら蝉にしっこを掛けられて 上原口チヱ ぐろっけ 200411  
一声を鳴いてそれきり夜の蝉 内藤ゑつ ゑつ 200411  
師の逝きて蝉の嗄れ声挽歌なす 沼口蓬風 河鹿 200412 角川照子主宰の逝去を悼む
次の世は大声で鳴く蝉も良し 野坂民子 馬醉木 200412  
蝉声に森の凹凸ありにけり 岩垣子鹿 ホトトギス 200412  
まぐはひの蝉胴ぶるひして離る 檜山哲彦 万象 200412  
もののふの馳せし間道夜の蝉 寺内信 遠嶺 200412  
蝉声や阿闇梨と読めて墓碑荒るる 中原吟子 雨月 200412  
声明と聴く蝉の声忽と止む 中原吟子 雨月 200412  
卵塔のかたまりくづれ蝉暑し 中原吟子 雨月 200412  
部屋に来て鳴く蝉声にさからはず 丸田安子 酸漿 200412  
蝉の森抜けて一微の濡れもなし 岡本眸 200412  
長き柄のたもで幼女が蝉を捕る 花房敏 ぐろっけ 200412  
もうすでに締め出しきれぬ蝉の声 松井洋子 ぐろっけ 200412  
蝉いつも来て鳴く角の電柱に 松尾緑富 ホトトギス 200503  
物淋し蝉鳴き尽きしこの日頃 松尾緑富 ホトトギス 200503  
掬ふ手を逸れ蝉氷失せにけり 田村園子 200506  
鳴り出すピアノ忽ち蝉の樹は遠し 林翔 200506  
今朝生れしか蝉の声して目覚めけり 窪寺良子 帆船 200506  
おいて来し子ほどに遠き蝉のあり 中村汀女 200507  
口先の話でをはる蝉の羽化 宇都宮滴水 京鹿子 200507  
初蝉に油彩の日射流れそむ 岡本眸 200507  
蝉の声乾ききつたる地球かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200508  
蝉の声涼し行楽日和なる 村越化石 200508  
湖畔の樹蝉の命を預かれり 村越化石 200508  
初蝉や離島をつなぐ渡し船 正木泰子 ぐろっけ 200508  
初蝉や潮の香溜る路地の奥 高岡敏子 200509  
一途とは無縫なりけり天の蝉 小澤克己 遠嶺 200509  
穴を出し蝉の夜歩き見てゐたり 大橋敦子 雨月 200509  
朝より蝉の喧騒世界かな 大橋敦子 雨月 200509  
蝉生るるより鳴きたつる鳴きたつる 大橋敦子 雨月 200509  
朝蝉のコーラスに明くホテルかな 福盛悦子 雨月 200509  
奇石林立いづこよりすや蝉の声 川上恵子 雨月 200509  
朝蝉や野小屋に牛の餌を炊ける 谷榮子 雨月 200509  
羽化終へし蝉に見る見る二つの目 今瀬剛一 対岸 200509  
初蝉に女三人だまりけり 小野さとし 対岸 200509  
たちまちに座を占め御所の蝉名乗り 豊田都峰 京鹿子 200509  
いのち迫る子にちかぢかと蝉鳴けり 瀧春一 菜園 200509 子を亡ふ――次男謙造流行性腦炎にて死す
鳴き澄める蝉よ吾が子の覺むるなき 瀧春一 菜園 200509  
蝉涼し絶えず刈藻のながれくる 瀧春一 菜園 200509  
まぐれ犬蝉を捕る子にしたがへる 瀧春一 菜園 200509  
蝉の朝のあたらしき浴衣著せかふる 瀧春一 菜園 200509  
神木といふこと知らず蝉鳴けり 塩川雄三 築港 200509  
初蝉の一声鳴いて息切れす 岩林勇雄 築港 200509  
蝉のこゑ総本山を押しつぶす 柴田佐知子 200509  
迷ひ蝉東北道を鳴かぬまま 赤座典子 あを 200509  
初蝉や一声啼きて飛びたてり 早崎泰江 あを 200509  
初蝉や火山灰土シラスの乾く切り通し 淵脇護 河鹿 200510  
初蝉か耳奥たぐる夕梢 伊地知真言 河鹿 200510  
蝉声の一瞬の黙地震来るか 水原春郎 馬醉木 200510  
脱稿のそのとき蝉の四重奏 泉田秋硯 200510  
書き出しの一行さらり蝉の声 永井雪狼 200510  
夜の蝉旧き家並の地図で泣く 坂井法 200510  
幾千の祈りのありて蝉生まる 近藤公子 200510  
蝉鳴いて箱根関所のおどし面 谷村幸子 200510  
初蝉に雲破れたり日の太矢 中野京子 200510  
初蝉に烏の嘴の開いてをり 中野京子 200510  
星赤し蝉の夜鳴きとなりにけり 本多俊子 200510  
ハンカチの樹や蝉声のしきりなる 丸山照子 火星 200510  
朝蝉を祈りの声と聞きゐたり 中上照代 火星 200510 蝉 →4

 

2016年7月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。