鵙日和    137

邪魔のなき二階職場や鵙日和    森川暁水    黴

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
声鋭きはくちばしもまた鵙日和 八染藍子 199901  
あちこちで値切る声あり鵙日和 桑垣信子 いろり 199911  
鵙日和名水汲みに行きにけり 林田加杜子 いろり 199911  
割箸を干す深吉野の鵙日和 高野清風 俳句通信 199912  
鵙日和蔵みな小さき窓を持ち 小田悦子 俳句通信 199912  
ジョン万褒む土佐はちきんや鵙日和 松崎鉄之介 200001  
尼さまに木橋をゆづる鵙日和 塩貝朱千 京鹿子 200003  
山と積む攻め焚の薪鵙日和 竹川貢代 春耕 200010  
鵙日和句碑を巡りて翁堂 谷野由紀子 俳句通信 200012  
鵙日和片手で開く山の地図 曽根田幸子 遠嶺 200101  
寄棟の方丈高し鵙日和 仲安敏雄 200101  
かすむ目をそつと拭ひぬ鵙日和 武藤嘉子 木椅子 200102  
村呑みしダムの蒼さや鵙日和 長しず子 京鹿子 200103  
牧に積む塩の叺や鵙日和 皆川盤水 春耕 200111  
鵙日和いささか腹の出具合も 中原道夫 銀化 200112  
鬼貫の町に酒の香鵙日和 中御門あや 雲の峰 200112  
朝より猛る庭先鵙日和 名越夜潮 円虹 200112  
吹き竿に膨らむ硝子鵙日和 芦澤一醒 200112  
挿す棹のふた節濡れず鵙日和 塩貝朱千 京鹿子 200201  
遠くより音の集まる鵙日和 関洋子 200201  
攻め焚きの煙ますぐや鵙日和 新家豊子 馬醉木 200201  
山容のくつきりとある鵙日和 小田ひろ 円虹 200201  
ひたすらに経蔵廻す鵙日和 志水干代子 雲の峰 200201  
筆先のほぐるる庵や鵙日和 関口幹雄 遠嶺 200201  
蔵の鍵すんなり開いて鵙日和 芦塚智恵子 200202  
リハビリの万歩に挑む鵙日和 辰巳比呂史 200202  
鵙日和遠足声を先立てて 村上田鶴子 風土 200202  
鵙日和天守閤より伊予の海 高尾豊子 火星 200202  
遥かまで枝打つ並木鵙日和 鎌田篤 雨月 200203  
猪穴を耕す母や鵙日和 長田秋男 酸漿 200204  
ウイスキーを寝かす工場鵙日和 梅谷昌弘 雲の峰 200212  
鵙日和小諸百句の山河あり 中山世一 百鳥 200301  
畑人の声の明るし鵙日和 八木岡博江 酸漿 200301  
母の髪整えている鵙日和 後藤とみ子 ぐろっけ 200301  
常歩に戻して和む鵙日和 泉田秋硯 200302  
入院へ指輪蔵ひぬ百舌日和 戸田和子 200302  
鵙日和柿渋染めの糸を干す 能村研三 200312  
子ののぼる脚立支へぬ鵙日和 野中弓子 酸漿 200312  
住職の衣あたらし鵙日和 後藤志づ あを 200312  
ふた色の絵具買ひ足す鵙日和 金子つとむ 雲の峰 200312  
鵙日和子の柔らかき爪を切る 川瀬さとゑ 雲の峰 200312  
大寺に文机運ぶ鵙日和 加瀬美代子 200312  
山手線のゆつくり動く鵙日和 伊藤早苗 200401  
石塀に俎を干し鵙日和 淵脇護 河鹿 200401  
鵙日和髪切つて帰路軽やかに 上野よし子 草の花 200401  
一日で建ちし新宅鵙日和 隅田享子 200402  
童女還りの母が母呼ぶ鵙日和 岡田章子 ぐろっけ 200403  
交互に泣く姫の双子や鵙日和 針谷律子 八千草 200404  
首怩ニ別に胴懋E日和 佐藤喜孝 あを 200410  
研ぎ減りし砥石が下屋に鵙日和 朝妻力 春耕 200412  
農小屋も寺も茅葺鵙日和 朝妻力 春耕 200412  
大正の小切れを選ぶ鵙日和 立脇操 春耕 200412  
薬屋の百の抽斗鵙日和 渡辺周子 春耕 200412  
焙茶に堅焼せんべい鵙日和 芝尚子 あを 200412  
新車ナンバー好きに選べり鵙日和 山崎靖子 200501  
廻廊の杉板軋み鵙日和 工藤進 200501  
休みつつ千段のぼる鵙日和 竪ヤエ子 雲の峰 200501  
神灯を戸毎に峡の鵙日和 中川晴美 雲の峰 200501  
鵙日和カーテン洗つてしまひけり 竹嶋知子 対岸 200501  
大屋根の改修進み鵙日和 滝川あい子 雨月 200501  
石段のじやんけんあそび鵙日和 東條恭子 200503  
煎餅に二人の寡黙鵙日和 浦野里山 200505  
鵙日和坊の蕎麦処のしづけさに 松村多美 四葩 200512  
刻かけて櫛洗ひをり鵙日和 岡本眸 200512  
手の平に香の物受け鵙日和 高千夏子 200601  
石くらへ野良着干さるる鵙日和 紺野とも子 200601  
舟底の貝がら剥がす鵙日和 荒井千佐代 200601  
鵙日和どこにも行かぬ顔を剃る 芝生南天 河鹿 200602  
揚舟の笹子乾ける鵙日和 加瀬美代子 200612  
鵙日和ますます深む空の青 伊藤稔代 200702  
鵙日和柄付きブラシの水切つて 生田恵美子 風土 200712  
鵙日和手術可能の心電図 宮崎高根 200712  
ゆつくりと払ふ筆先鵙日和 高田令子 200801  
腰に鉈下げて翁や鵙日和 朝妻力 雲の峰 200811 八尾町
延段の石目が黒し鵙日和 朝妻力 雲の峰 200811  
「俳諧有情」の兜太の渇筆鵙日和 田村葉 炎環 200812  
展望を誇る天守や鵙日和 小山徳夫 遠嶺 200812  
吊橋を揺らさぬやうに鵙日和 小林正史 200901  
鵙日和半端な数の軍手干す 平野みち代 200901  
三つ釦中のみ留めて鵙日和 和田満水 200901  
土鈴掌に転がしてみる鵙日和 安藤久美子 やぶれ傘 200901  
朽ちすすむ仁王の怒り鵙日和 神谷文子 馬醉木 200902  
トロッコ軌道残す山路や鵙日和 浜福惠 風土 200902  
鵙日和きのふの湿り歩きけり 高尾豊子 火星 200902  
何の実かしきりにこぼれ鵙日和 山岸治子 馬醉木 200912  
擦傷の凸が勲章鵙日和 森下康子 200912  
涸れダムの底に足跡鵙日和 野崎タミ子 炎環 200912  
鵙日和むかし登りし樹木のこる 大西八洲雄 万象 200912  
鵙日和上陸の島傾けて 橋添やよひ 風土 200912  
健脚の口程になし鵙日和 清海信子 末黒野 201001  
鵙日和旧道行けばゆきどまり 原田達夫 201001  
まつさきに犬が舟降る鵙日和 米澤光子 火星 201002  
窯の火を夫婦で守る鵙日和 佐久間由子 201010  
アドバルーン真つ赤がひとつ鵙日和 麗秀麿 201101  
大吉と黙して示す鵙日和 藤沢秀永 201101  
かざす手に血の色透けて鵙日和 清海信子 末黒野 201101  
原色の夢が尾を引く鵙日和 荒井千佐代 201101  
三手先の上ぐる楼門鵙日和 小幡喜世子 ろんど 201102  
堂裏に下駄干されあり鵙日和 小倉正穂 末黒野 201102  
鵙日和つけもの樽のよく乾き 塩路隆子 201112  
五百羅漢なべて福耳鵙日和 小倉陶女 春燈 201112  
今日よりは八十路の旅や鵙日和 紀川和子 201201  
夢のことかも鎌倉の鵙日和 松本周二 かさね 201201  
無住寺を訪ふ人のあり鵙日和 松田明子 201202  
吸つて止めて肺の検診鵙日和 布川孝子 京鹿子 201202  
納屋の戸に牧夫着乾く鵙日和 根岸善雄 馬醉木 201211  
白寿へと歩み初めけり鵙日和 築城百々平 馬醉木 201212  
回復の歩みの確か鵙日和 田中藤穂 あを 201212  
故郷に似たる異郷の鵙日和 森岡正作 201301  
水神の傍に句碑や鵙日和 加藤静江 末黒野 201301  
鵙日和陵の空円かなり 橋添やよひ 風土 201302  
谿ふかき一枝もひかり鵙日和 丸山佳子 京鹿子 201310  
鵙日和腰曲げて選る陶器市 阪本哲弘 201312  
鵙日和木偶のさんばら髪を結ふ 福島せいぎ 万象 201401  
限りなく蒜山三座鵙日和 碇天牛 雨月 201401  
竹林の奥まで透ける鵙日和 大村かし子 万象 201401  
快眠の朝はひときわ百舌日和 井上あき子 ぐろっけ 201402  
神官が床几を運ぶ鵙日和 津野洋子 京鹿子 201403  
地鎮めの切り幣散らす鵙日和 本木茂 万象 201412  
自販機にうみたてたまご鵙日和 つじあきこ 201412  
鵙日和存在感を誉められて 大谷信子 201501  
取的の下駄音高く鵙日和 成宮紀代子 201501  
蔀戸の開け放たれて鵙日和 堺昌子 末黒野 201501  
鵙日和成金饅頭ふところに 中島陽華 201501  
山里は黄金色なり鵙日和 岡野里子 末黒野 201502  
音の糸張り巡らせて鵙日和 甕秀麿 201502  
八湯になんでも蒸して鵙日和 松田明子 201504  
沈下橋は村の入口鵙日和 金森教子 雨月 201512  
鵙日和大黒天へ男坂 竹内久子 京鹿子 201601  
神杉や神も移ろふ鵙日和 上野紫泉 京鹿子 201602  
新しき鎌の切れ味鵙日和 阿部澄 万象 201602  
乗りてより行き先決むる鵙日和 矢野百合子 201602  
鵙日和若狭に残る塩の道 七種年男 201611  
居留守よし応対もよし鵙日和 鈴鹿呂仁 京鹿子 201612  
図書館の喫茶コーナー鵙日和 高田令子 201612  
鵙日和用はないけど橋渡る 火箱ひろ 201612  
わだつみの波頭真白き鵙日和 石崎和夫 201701  
鵙日和陣屋の猿戸馬の丈 田勝子 万象 201702  
百舌日和奈良井の宿は峠越え 青木薫 京鹿子 201703  
探幽の弟という鵙日和 火箱ひろ 船団 201707  
昼までをパジャマで過ごす鵙日和 荒井千佐代 201712  
鵙日和鎮守に遺る芝居小屋 堀井英子 雨月 201801  
掛け替はる村のキネマや鵙日和 中根美保 風土 201801  
おほかたは忘れゆく夫鵙日和 山内碧 201803  

2018年10月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。