1   100句

邪魔のなき二階職場や鵙日和   森川暁水   黴

  百舌鳥  鵙の贄  鵙日和  春の鵙  冬の百舌

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
鵙よ鳴け余命懸ける絵の重さ 岡田貞峰 馬醉木 199812
塔婆さす女の力鵙の晴 岡本眸 199812
夕鵙や糸引き泣かすお弓木偶 岡部名保子 馬醉木 199901
鵙晴や手慣れし父の杖使ひ 能村研三 199901
鳴かず去る鵙や父の忌近づきぬ 村田冨美子 京鹿子 199901
石階を下る一歩に鵙鳴けり 水原春郎 馬醉木 199902 鎌倉
眼帯のまま夕鵙のこゑ仰ぐ 山岸治子 馬醉木 199902
鵙に醒めいま夕鵙に鍬洗ふ 川崎不坐 火星 199902
鵙猛る三人寄れど讀めぬ句碑 川崎不坐 火星 199902
裸婦像に触れれば鵙の声しきり 萩野谷三和 遠嶺 199902
朝酒の鵙に叱られゐたるかな 小谷部東吾 199902
朝鵙や坐禅和讃を誦したる 渡辺信也 春耕 199902
鵙猛り小石の荒き白洲跡 三浦みち子 199903
裸木に鵙の定位置ありにけり ふけとしこ 船団 199903
夕鵙や風の噂も無くなりぬ 吉田小幸 ホトトギス 199904
声高く鵙低く飛び来たるかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 199910
飲み過ぎの寝覚めに鵙の声高し 稲畑廣太郎 ホトトギス 199910
高音して今日も晴れなむ鵙の秋 田口泡水 風土 199910
鵙鳴きて夕日きらめく入り江かな 朝妻力 俳句通信 199910
いつの間にほぐれし雲や鵙の声 金子つとむ 俳句通信 199910
鵙鳴いて校長室の半開き 松山律子 ヒッポ千番地 199910
街の音きこゆと鵙がきみをよぶ 丸山海道 海道全句集 199910
逝く夏の風を思へば鵙の声 井口初江 酸漿 199911
わが耳にけふ聞えけり鵙のこゑ 白鳥婦じゑ 酸漿 199911
朝鵙の一喝に醒む身の弱り 能村登四郎 芒種 199911
かけ違ふ釦に鵙の鋭声かな 櫨木優子 199912
朝鵙の声つつ抜けに活火山 白澤良子 199912
夕鵙や直火の焦げを落しをり 栗栖恵通子 199912
悔の字になぜか母をり鵙高音 小澤克己 遠嶺 199912
鵙高音干されし物のかろき影 豊岡清子 遠嶺 199912
見慣れたる夫の背籠と鵙の声 城戸愛子 酸漿 199912
朝鵙に藁焼く煙地を這へる 柳沢杏 酸漿 199912
みちのくの空真青なり鵙高音 松宮幹彦 春耕 199912
鵙鳴くや講提灯を下げし宿 北吉裕子 俳句通信 199912
赤鵙の一声に鳴き落ちにけり 大和田鏡子 俳句通信 199912
鵙高音擦り傷熱をもちはじめ 藤井みち子 200001
信玄の狼煙台跡鵙猛る 川合広保 俳句通信 200001
朝鵙の声の高さに吉野杉 橋本佐智 円虹 200001
生来の訥弁鵙は嫌ひなり 大村美智子 京鹿子 200001
葛城道すがた見せざる猛り鵙 上原瑞子 200002
お歳暮に鵙から届く愛の品 尾上有紀子 わがまま 200002
白壁は崩えやすくして鵙の声 鷹羽狩行 200003
官衙址に鵙を猛らす梢あり 松本鷹根 京鹿子 200003
阿吽なる仁王に突如鵙高音 嶋田一歩 ホトトギス 200004
健やかにありたし朝の鵙高音 青陽子 ホトトギス 200005
寒鵙の視線の低い安息日 岩崎法水 京鹿子 200007
鵙高音山寺に子ら遊ぶ声 小林光美 春耕 200010
尾をふつて余呉見晴るかす鵙一羽 朝妻力 俳句通信 200010  
空港の拡張工事に鵙猛る 中村祭生 ぐろっけ 200010
鵙猛る火袋の無き石燈籠 朝妻力 俳句通信 200011
鵙鳴きて過不足もなき野の日ざし 朝妻力 俳句通信 200011
鵙高音大都の隅に隠れ住み 新関一社 京鹿子 200011
鵙鳴くやこころの弱さ突かれたる 清水節子 馬醉木 200012
揺らぐなき水底の日や鵙の声 丹羽啓子 馬醉木 200012
鵙の晴海になだるる千枚田 乾佐知子 春耕 200012
鵙啼けり川衰ふと気づくより 岡本眸 200012
白髭の深ねむりする鵙の晴 大久保廣子 火星 200101
赤鵙の昼のしじまに猛り出す 市場基巳 200101
鵙高音墓地を一つに敵味方 棚井文江 200101
夕鵙やはやばや灯る司祭館 井出智恵子 春耕 200101
鵙晴の一天手向けたる葬 桑田青虎 ホトトギス 200102
源氏山貫く鵙の鋭声かな 大石喜美子 雨月 200102
ひと言に逡巡のあり遠き鵙 北川孝子 京鹿子 200102
瓢型の磐座に鵙こだまして 品川鈴子 ぐろっけ 200102
鵙猛る姿は見せず杉襖 品川鈴子 船出 200104
キチキチの鵙聞く会に誘われる 北原武巳 船団 200105
月曜に早朝があり鵙猛り 北原武巳 船団 200105
鵙叫ぶバイク突っきる沈下橋 北原武巳 船団 200105
刃物研ぐ節くれ指や鵙の天 北原武巳 船団 200105
刃の声を湖に放ちて鵙の秋 鷹羽狩行 十三星 200105
朝鵙や腰紐だけで着る着物 山仲英子 200110
大空に穴のあくよな鵙高音 松山律子 六花 200110
初の鵙遥かなるもの見据ゑをり 皆川盤水 春耕 200110
鵙遠しつむりて熱きまなこかな 宮川みね子 風土 200111
鵙高音汝にも今日が始まるか 原教正 200112
もう夢に戻れずに聴く明けの鵙 冨岡夜詩彦 200112
暮れゆくや舌鋒の鋭き鵙がゐて 冨岡夜詩彦 200112
鵙しぼる我が誕生の日の深空 渡邊牢晴 雨月 200112
鵙鳴けば菩薩音声もて応ふ 南光翠峰 馬醉木 200112
キウイの実太る梢に鵙高音 芦澤一醒 200112
巳の神に置く地卵や鵙高音 石崎淨 風土 200112
いつに無く鵙の高音や日暮れたり 大平保子 いろり 200112
鵙鳴いて峡の湯宿の日の短か 大田かづみ いろり 200112
赤鵙やひとのこころの大和歌 小形さとる 200112
鵙高音御陵の森の天翔けて 武田孝子 春耕 200112
筑波嶺仰ぎ鵙猛りけり 植木緑愁 春耕 200112
鵙高音師の墓前へと額づけば 小澤克己 遠嶺 200112
鵙猛る携帯電話鳴る予感 千坂美津恵 200201
鵙高音夕風荒くなりにけり 森重夫 春耕 200201
塩倉の黒ずむ梁や鵙の声 足立登美子 春耕 200201
列なして船待つ河岸に鵙の声 岩永節子 春耕 200201
鵙鳴いて呼び覚まさるる記憶あり 城戸愛子 酸漿 200201
窓にきし鵙の遠鳴く向ふ山 佐野美智 200201
籠り居を叱るが如し猛り鵙 笠原ひろむ 200201
音訳を一冊終へし鵙の窓 石城幸子 百鳥 200201
旅に持つ電子手帳や鵙高音 大村孝 百鳥 200201
鵙猛る町いちばんの樹の上で 市川英一 遠嶺 200201
草庵を抜けたる鵙の猛りかな 関口幹雄 遠嶺 200201
多忙こそ生きる張り合ひ鵙の秋 藤坂陽子 200201
鵙鳴きて陵の風さわぎ出す 山田京子 200202 鵙 →2

2020年11月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。