3       154句

泳ぎの葛隠るまで羞ぢらひぬ   芝不器男

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
紀ノ川へなだれ込むかに真葛原 上田明子 雨月 200912  
梵妻を見舞ふ高野の葛の雨 細川コマヱ 雨月 200912  
風の意にしろがね色をなせる葛 小原登志春 雨月 200912  
薬師寺の塔を遠くに葛の風 小原登志春 雨月 200912  
葛あらし活断層のうへ歩く 浅田光代 風土 200912  
猪囲ひ真葛が原の畑守る 海上俊臣 酸漿 200912  
音たてて山雨来たりし真葛原 田口紅子 201001  
鉛筆を落し音なき真葛原 水野恒彦 201001  
胸中に迷ひの深し葛嵐 舩越美喜 京鹿子 201001  
法螺貝や山ふくらます葛嵐 坂口夫佐子 火星 201001  
寝落つまで夜雨の葛をかむらんか 井上信子 201001  
葛原に始まる風の鬼ごつこ 笠井敦子 201001  
まつしぐら葛は枯るるや捨て鏡 八田木枯 晩紅 201002  
指で梳く蓬髪葛の原に佇ち 清海信子 末黒野 201002  
けふ明日のことでなけれど葛嵐 高橋道子 201002  
潮鳴りや葛うらがへる火焔塚 柴田志津子 201002  
葛の風嬥歌の山の紫影濃き 神田恵琳 春燈 201010  
山尋ね山瞼しみて葛の蔓 福田雅子 万象 201010  
三伏の葛叢そよぎをりにけり 戸栗末廣 火星 201010  
山の辺の葛覆ひけり廃寺跡 笠井清佑 201011  
逃走より闘争思ふ風の葛 甲州千草 201011  
大ざつぱな行く手ありけり真葛原 山尾玉藻 火星 201011  
白々と葛のただよふ夜更かな ことり 六花 201011  
葛裏葉島の哀史を聞きをれば 荒井千佐代 201012  
いささかも日差しゆるまず真葛原 稲垣佳子 末黒野 201012  
葛の葉を風のめくりぬ日の匂ひ 稲垣佳子 末黒野 201012  
まといつく葛に街灯仄暗く 先山実子 ぐろっけ 201012  
真葛いちいち触れてみたくなる 近藤喜子 201101  
吊橋は遠見するもの葛の風 井上信子 201101  
葛がくれゆく透明な雨合羽 井上信子 201101  
寄りどころ無きまま葛の絡みかな 竹田ひろ子 ろんど 201101  
天平の伽藍の跡や葛の原 秋山信行 やぶれ傘 201101  
真葛原恋の方程式解けず 川崎光一郎 京鹿子 201102  
真葛原心も白くしてをりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
葛茂る宿や数学老教師 太田昌子 馬醉木 201109  
また訪うて縁切寺の葛あらし コ田千鶴子 馬醉木 201110  
裏返ることも命や葛の原 星野早苗 船団 201110  
ごつそりと真葛ヶ原のくつがへる ことり 六花 201110  
折れ垂れて葛黒々と散らずあり ことり 六花 201110  
葛引くや手応へうすき子のこころ コ田千鶴子 花の翼 201111  
山の音確かに聞こゆ葛かずら 遠山みち子 201111  
あらかじめ真葛ヶ原の雪崩るる日 井上信子 201112  
低く来て高く去る鷺真葛原 生田作 風土 201112  
心電図の波長の狂ひ真葛原 水野恒彦 201112  
いにしへの風音を聞く真葛原 岩月優美子 201112  
釣人の道を拓きし葛河原 平居澪子 六花 201112  
地のゆがみ覆ひ尽せり真葛原 森清堯 末黒野 201201  
歩道にも這ひ上がる葛田へそつと 大西ユリ子 ぐろっけ 201201  
真葛野や雲の下ゆく雲迅し 園部早智子 ろんど 201201  
葛の葉にトラックの土埃かな 大崎紀夫 やぶれ傘 201201  
葛原の風裏表うらおもて 松本恒子 ぐろっけ 201202  
踏み入りて起伏の多き真葛原 松下八重美 夢見の鐘 201203  
真葛原風の存問受けてより 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
葛の葉を風が彩る静寂かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
トンネルを出るに生駒の真葛原 北崎展江 くりから 201209  
寺領なる色里廃れ真葛原 松井洋子 ぐろっけ 201210  
けもの道いな猫の道葛嵐 布川直幸 201210  
なにもかも覆ひ尽くして葛の風 松本周二 かさね 201211  
施餓鬼果て葛葉南瓜葉うらがへり 池田光子 風土 201211  
葛の上葛這ひ流離始めかな 湯橋喜美 201211  
天碧き葛折ゆく大花野 伊藤平八 末黒野 201211  
葛の葉に稲荷祠の闇増せり 宮崎きみ枝 201212  
絡みあひどれがどれやら真葛原 大石よし子 雨月 201212  
歌垣の山真つ向に真葛原 中村恭子 201301  
愛ほどに実を整へて真葛 斎藤栖峰 馬醉木 201301  
お披露目の紅に間のある実葛 田中貞雄 ろんど 201301  
煽らるる葉裏の白や葛の雨 横路尚子 末黒野 201301  
地に這うて行く手を阻む葛かづら 尾崎みつ子 雨月 201301  
踏み出さば谷かもしれず真葛原 青木朋子 201301  
葛の葉の生命力を恐れけり 安藤虎酔 かさね 201302  
歳晩の雨やさしかり吉野葛 高橋道子 201302  
吹き白め吹き白めつつ葛嵐 中杉隆世 ホトトギス 201303  
真昼間の耶蘇墓しんと葛の風 柿本麗子 千の祈り 201307  
世を捨てし如く病みをり葛嵐 宮井知英 201404  
真葛原雲は低きを流れをり 本多俊子 光のうつは 201404
世を捨てし如く病みをり葛嵐 宮井知英 201404  
長尺の龍を綯はむや葛ヶ原 瀬川公馨 201409  
田端駅刈られし葛の山積みに 田中藤穂 あを 201409  
葛の葉のおほひて低き山ばかり 松本美簾 馬醉木 201410  
過疎の里攻め入るごとく葛伸びる 青野安佐子 201411  
葛の葉や渓より巌そびえ立つ 田中文治 火星 201411  
葛覆ふ荒地の起伏あるばかり 井浦美佐子 201411  
射撃場の跡真葛原昼の闇 加藤みき 201411  
海見えて波の音なし葛の丘 松本三千夫 末黒野 201412  
葛に雨きてより旦暮しのぎよし 黒滝志麻子 末黒野 201412  
雨音の定まり葛の匂ふかな 松尾芳子 万象 201412  
空地はや葛の天下となつてをり 谷岡尚美 201412  
業平の通ひ路真葛覆ひたる 杉山瑞恵 雨月 201412  
渓風に湧き立つ白さ真葛原 森脇貞子 雨月 201412  
葛が香の蹴上や古き水流れ 堀志皋 火星 201412  
萱原に埋れ一途の葛根掘 不破幸夫 馬醉木 201501  
神鏡の裏は荒ぶる真葛原 柴田佐知子 201501  
電線の混み合ふところ葛の雨 大山文子 火星 201501  
銀輪の過ぐる度の葛の揺れ 村上留美子 火星 201501  
葛の香や伝説残し村消ゆる 柴田佐知子 201503  
木の高さ葛のたかさのねむりかな 津波古江津 船団 201505  
葛の葉の奔放自在をうらやまし 故角南昧波 201504  
夜通しの風を余らす葛の蔓 甲州千草 201509  
葛あらし砂丘の先に海の色 大崎紀夫 やぶれ傘 201509  
ホームだけの駅をまた過ぎ葛嵐 青谷小枝 やぶれ傘 201509  
葛の葉にトラックの土埃かな 大崎紀夫 虻の昼 201510  
人間は転ぶものなり葛嵐 甲州千草 201510  
相愛の時は流れて真葛原 柴田佐知子 201511  
葛の香や牛馬沈めし阿蘇の闇 柴田佐知子 201511  
葛の風路地のどこかに波郷の眼 岸上道也 京鹿子 201512  
ふるさとを後にするとき葛嵐 佐藤千重子 201512  
高圧の鉄塔並ぶ真葛原 堀井英子 雨月 201512  
風の秋葛の葉見せる二おもて 池永加代 京鹿子 201601  
あとさきになりてみちくさ葛の風 元橋孝之 京鹿子 201601  
切岸を吹き溜りたる葛嵐 荒木甫 201601  
純白の蝶を匿ふ真葛原 水野恒彦 201601  
一と谷の葛の傍若無人かな 若土白羊 ホトトギス 201603  
風の波玉巻く葛を吹きつぶし 池田友之 夏雲 201603  
この辺でたたら踏まねば真葛原 直江裕子 京鹿子 201604  
真葛原地球の裏を見するかに 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
葛の葉に色失ひし風となる 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
登校の頭のみ見ゆ真葛原 湯橋喜美 201609  
足首を掴まれさうな葛の蔓 池田光子 風土 201610  
葛や葛絡まることに倦みてをり 森岡正作 201611  
葛あらし風に背後のありにけり 辻美奈子 201611  
古傷は染むるものなり葛嵐 コ田千鶴子 馬酔木 201611  
葛の塵這ひ寄る墓を洗ひけり 南うみを 風土 201611  
葛の香や径のひらけて日本海 宇都宮敦子 201611  
血縁のどろどろとあり風の葛 荒井千佐代 201611  
山際の没日燃え立つ真葛原 松井志津子 201612  
旧道の葛に消え行く木曽路かな 佐藤貞子 雨月 201612  
神鏡の裏は荒ぶる真葛原 水野恒彦 201612  
天上の青吹かれゐる真葛原 寺田すず江 201612  
葛かずらの大崩過ぐ海岸線 高橋まき子 風土 201612  
放埒な葛ふところに花を抱く 中嶋昌子 春燈 201612  
ねまり居る牛反芻す真葛原 小松敏郎 万象 201612  
葛の葉のうねりに遅れ渓の風 森清堯 末黒野 201612  
石見路のつづく隧道葛の谷 宮原悦子 雨月 201701  
大木の天辺搦め葛の関 藤本啓子 京鹿子 201701  
をそろしき潮位なりけり風の葛 荒井千佐代 201701  
段葛の新装なじみ薄紅葉 森清堯 末黒野 201702  
鎌倉の梅雨もまたよし段葛 小沼ゑみ子 末黒野 201704  
豊かなる宇陀の地下水葛晒す 城戸ひろみ 雨月 201704  
段葛抜け寿福寺の接待へ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201708  
猫の目や奥底暗き真葛原 中貞子 201710  
由布岳は牛の骨格葛嵐 大沢美智子 201711  
葛かづら生まれながらの追っ手なり 瀬川公馨 201711  
真葛原ぐらりと風の吹き変る 吉田順子 201711  
ひとりには多すぎる風真葛原 有松洋子 201711  
葛の葉を牛の冬餌に軒吊りす 小松敏郎 万象 201712  
葛の葉を裏返しゆき風白し 森清堯 末黒野 201712  
草競馬ありし原なり葛嵐 斉藤マキ子 末黒野 201712  
葛かづら生まれながらの追つ手なり 瀬川公馨 201712  
手鏡にわたしを消せば真葛原 井上菜摘子 京鹿子 201801  
結び目をほどけば傾る葛の秋 井尻妙子 京鹿子 201801  
葛を掘る鉄砲鍛冶が遠つ租(おや) 石田野武男 万象 201801  
被災地を太古に還し真葛原 千原叡子 ホトトギス 201802  
瀧不動へ爪先上り葛匂ふ 岸洋子 201803  
葛の花亀のひょっこり現れる 東英幸 船団 201806  
葛の蔓三つ巴なる梅雨入りかな 南うみを 風土 201808 葛→1

 

2018年10月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。