1       100句

磯の日は今くもりをり崖の上にはびこる葛の葉あまねくあをし   木下利玄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
星浴びて真葛ヶ原に眠らむか 小澤克己 遠嶺 199811  
羊腸を遶れと葛の裏葉かな 梅田津 銀化 199812  
北を指しみで胸中の真葛原 梅田津 銀化 199812  
葛原や奈落の底へ風変る 河村八重 円虹 199901  
傘とぢて葛の隧道くぐりけり 石山惠子 遠嶺 199901  
葛の葉に盛りて万葉食講座 長谷川翠 馬醉木 199902  
吾妻郡字袋倉葛の雨 小林鱒一 天牛 199904  
葛覆ふ辺りより香のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
しばらくは日本海と真葛原 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
径いづこ一面葛に覆はれし 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
日を返し風に返して真葛原 稲畑廣太郎 ホトトギス 199909  
けふもまた秋の来てゐる葛の叢 山尾玉藻 火星 199910  
日昇れば金一すぢの葛の川 丸山海道 丸山海道全句集 199910 佐渡金山
葛の雨去り点滴ののこる村 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
葛嵐三つ児を埋めし殯かな 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
葛を刈るしばらく蔓と遊びして 河口仁志 199911  
簗小屋の真葛がくれにありにけり 勝田公子 199911  
葛を聽く葉裏へ廻ることもなく 中原道夫 銀化 199911  
まぼろしは眞葛が原を出て三日 中原道夫 銀化 199911  
ひるがへる葛葉出羽まで嶺つづき 坂井まさき 六花 199911  
木落し坂覗く危ふさ葛の蔓 能村登四郎 芒種 199911  
葛の風くねくねゆるゆるバス登る 小枝恵美子 ポケット 199911  
葛の風吉野の谷を裏返し 長谷川翠 馬醉木 199912  
真葛原抜けて流刑の地に佇つも 堀田恵美子 雨月 199912  
簗の旗真葛が原にはためける 大橋淳一 雨月 200001  
大葛葉おいでおいでと忍者村 渡辺純 京鹿子 200001  
葛引けば思はぬ処より音が 貝森光大 六花 200002  
八月のきれいな葛の吹かれをり 山尾玉藻 火星 200007  
東京都千代田区丸の内の葛 柏井幸子 円虹 200008  
刈寄する葛のありたる空の丈 浜口高子 火星 200010  
往診の馬小屋失せて真葛原 三嶋隆英 馬醉木 200010  
向う嶺は葛の寝釈迦の山なりし 有本恵美子 200011  
角突をしぶる赤牛葛嵐 島田万紀子 馬醉木 200101  
葛伸びるじわりじわりと国道へ ゆにえす 船団 200105  
後れじの足に絡みて葛の蔓 品川鈴子 ぐろっけ 200106  
後山に葛刈り入りし葛さわぐ 能村登四郎 200108  
日の当りゐる葛原の嵐かな 山尾玉藻 火星 200109  
葛覆ふ遇去へ未来へ闇の口 中村昭義 百鳥 200111  
山彦の通ひし跡か葛めくれ 中原道夫 銀化 200111  
病室に置ききしこころ葛の雨 山田弘子 円虹 200111  
溶岩原の地続きに葛たぐりけり 佐藤みほ 200112  
通ひ路の跡形もなし葛の風 武田菜美 銀化 200112  
蔓先に葛の野心のとどまらず 海輪久子 円虹 200112  
県道にタイヤ捨てある葛の雨 米澤光子 火星 200112  
働いて憂さを晴らしぬ葛の風 能村研三 200112  
葛の葉に埋もれ坑夫の殉職碑 古市枯声 春耕 200112  
真葛原遠くに村の夕灯 岡本明美 春耕 200112  
葛茂る素手を重しと思ひをり 柴田朱美 京鹿子 200201  
廃村の葛の葉どつと裏返る 柴田朱美 京鹿子 200201  
傷舐めてけものとなれり真葛原 柴田朱美 京鹿子 200201  
落ちどころここと定めて真葛原 柴田朱美 京鹿子 200201  
継ぎはぎの生涯葛に埋もれて 柴田朱美 京鹿子 200201  
去るものは追はず真葛の村なりけり 柴田朱美 京鹿子 200201  
こんな夜は父が来てゐる葛の雨 柴田朱美 京鹿子 200201  
葛の香の漂うて来し我が家かな 城尾たか子 火星 200201  
断崖の葛天日を曇らしむ 中杉隆世 ホトトギス 200202  
かなかなに葛に峠は高くなる 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
葛かけて山川の音いづくにか 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
雲ケ畑の清流たゝへ葛を愛で 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
峡沿ひのトロッコ列車葛に触れ 津田経子 火星 200203  
葛をとく心に奈落ありにけり 櫛原希伊子 百鳥 200203  
雨一日葛の近道失せてをり 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
葛あらし男ことばの魚売女 太田寛郎 200209  
葛の蔓ひと日出水に揉まれけり 塩谷康子 百鳥 200210  
美しきひとの首ゆく真葛原 川名将義 銀化 200210  
青葛に捲かれ本性見せぬ樹よ 久保田曲布 ぐろっけ 200210  
葛繁りカーブミラーを覆ひけり 長谷川守可 百鳥 200211  
アンチモン掘りし標識葛隠れ 松本静香 帆船 200211  
ありたけの丈を伸ばして葛吹かる 田中英子 火星 200211  
工房に独楽の転がる葛嵐 水原春郎 馬醉木 200212  
訃報また真葛原に日の当り 木下野生 200212  
真昼間の真葛原に風の穴 雨村敏子 200212  
アルバイト的に葛の葉うらがへる 山野みどり 銀化 200212  
産土の葛の原なる水の音 金川眞里子 百鳥 200212  
葛の雨銚子小浜といふ辺り 井上信子 200301  
雨雲の走る先なる真葛原 岩月優美子 200301  
振り仰ぐ波状岩壁葛嵐 鳴海清美 六花 200301  
枯れすすむ葛の葉音を信条に 山崎靖子 200302  
葛の蔓漂ふ昼の天の川 西村葉子 京鹿子 200302  
曳かれしは万策尽きし葛の蔓 田村みどり 京鹿子 200303  
天平の朱唇を壁に葛嵐 山陰石楠 200310 八角堂
寂しさのたとへば風の葛葉かな 梅村すみを 200310  
かこ山万葉人の葛匂ふ 小林共代 風土 200311  
葛の葉に暮雨の重たき日本海 木下ふみ子 馬醉木 200311  
七草の葛を探しに逝かれけり 松崎鉄之介 200312

悼浦野芳南氏

「眼にかぞふ秋の七草

何か無し」の句あれば

葛ひいて隣の垣の鳴りにけり 長田曄子 火星 200312  
葛引けば大地の力引き戻す 城石美津子 京鹿子 200312  
単線の車窓を過ぎる葛嵐 野内妙子 200312  
トンネルと葛と交替交替に 武田正子 ぐろっけ 200312  
行く先は知らねど来し方眞葛原 吉田多美 京鹿子 200401  
道路迄はみ出し葛の遊びをり 加藤君子 火星 200402  
真つ白な狼藉ぶりの葛の谷 能村研三 滑翔 200402  
葛の葉の茂りで山路狭めたり 藏重艶子 六花 200409  
風吹けば葛の葉見たく家を出づ 岡本眸 200410  
葛を引く星を引き寄す勢ひもて 中尾公彦 200411  
吊橋を捉へてよりの葛の照 坂ようこ 200411  
葛這うて這うて天辺ありにけり 高尾豊子 火星 200411  
山伏の法螺の朱の紐葛あらし 卜部黎子 春燈 200411  
葛の雨蔓這つてをり案内板 竹中昭子 百鳥 200411  
葛あらし三日つづきの句座通ひ 岡本眸 200411 葛 →2

 

2019年9月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。