神無月1   230句

風寒し破れ障子の神無月    宗鑑

十一月  神の留守  神の旅  神無月  神有月

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
雨も又待たれゐしもの神無月 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
稿債も旅も家居も神無月 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
神無月船に乘りたる夕べかな 竹内悦子 199902  
庭神の榊をかへる神無月 町野昭人 遠嶺 199902  
何んやかや云うてるうちに神無月 平井奇散人 船団 199902  
九回裏二死満塁の神無月 塩見恵介 船団 199903  
はかりごとよりはじまりぬ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
神無月支度はじめる児と鴉 保坂加津夫 いろり 199911  
耳たぶに石けんの泡神無月 小枝恵美子 ポケット 199911  
神無月水筒に白湯注ぎをり 竹内悦子 199912  
一泊の鞄にくすり神無月 辻田明 200002  
蒟蒻のぷるんとうなずく神無月 北川孝子 京鹿子 200002  
裏返す魚の目つぶら神無月 北川孝子 京鹿子 200002  
ゆるやかに回転扉神無月 田中藤穂 水瓶座 200002  
夕影の影に捕らわる神無月 尾上有紀子 わがまま 200002  
神無月絵馬の嘶きつぎからつぎ 宇都宮滴水 京鹿子 200011  
神無月来て神の子の嘘ばれて 保坂加津夫 いろり 200012  
神無月単身赴任の娘を送る 熊谷みどり いろり 200012  
うっかりと命日忘れ神無月 福田みさを いろり 200012  
ヴィオロンの形なりけり神無月 岡井省二 200101  
スナメリの汀に来てや神無月 岡井省二 200101  
風音の棚の大樹や神無月 井出智恵子 春耕 200101  
林中に風のとどまる神無月 生田作 風土 200102  
神無月電波のこない海老の髭 笠間圭子 京鹿子 200102  
境内を鶏走り神無月 師岡洋子 ぐろっけ 200103  
神無月人の数だけポリバケツ 小倉喜郎 船団 200105  
はやも灯を納めし船や神無月 山仲英子 200110  
手順あり齟齬ありしこと神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
連休の列車混み合ふ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
死ぬときは馬鹿でもいいよ神無月 松山律子 六花 200111  
人もまた旅に連れだつ神無月 白岩三郎 馬醉木 200112  
独り居のどっぷりつかる神無月 大平保子 いろり 200112  
神無月誤爆もありて闇に消ゆ 柴田美佐子 いろり 200112  
看取ごと放り出したい神無月 正木光子 いろり 200112  
神無月こつそり眼鏡買ひにゆく 井尻妙子 京鹿子 200201  
露天湯に薔薇を浮べて神無月 富田志げ子 酸漿 200201  
神無月漆の椀を拭いてをり 竹内悦子 200201  
神無月石を渡つてをりにけり 雨村敏子 200202  
神無月留守居するごと鳩のいて 高樋洋子 いろり 200202  
神無月ひよっとこ踊りの老いかろし 林田加杜子 いろり 200202  
神無月満願納め来りけり 河野友子 六花 200202  
神無月の杜に大きく鈴鳴らす 神山喜美代 遠嶺 200203  
寺を訪ひ教会を訪ひ神無月 加藤暢一 200203  
反芻のしづかなるかな神無月 矢島久栄 200203  
友逝くと妻の放心神無月 林翔 200212  
夫逝きて残りし薬神無月 田中藤穂 あを 200212  
雲割つて風吹き出づる神無月 宮津昭彦 200301  
走雲に神乗り給ふ神無月 横山佳世子 築港 200301  
音もなくやつてくるなり神無月 田村はじめ 銀化 200301  
鈍色に大阪暮るる神無月 阪谷村比呂未 銀化 200301  
障子流ひ網戸洗ひて神無月 石川元子 酸漿 200301  
やはらかな和紙に指切る神無月 関口ゆき あを 200301  
成仏の魚瞑らず神無月 太田昌子 馬醉木 200302  
ネプチューンいくら呼びても神無月 泉田秋硯 200302  
潮入れて動かぬ運河神無月 柿沼盟子 風土 200302  
この宮もすでにお発ちか神無月 稲岡長 ホトトギス 200304  
み仏は結跏解かれず神無月 丁野弘 200311  
張りつめし大気まとひぬ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200311  
神無月病むはらからに名を問はれ 斎藤節子 馬醉木 200312  
記念日のスペシヤルランチ神無月 小池津や子 帆船 200312  
青きまま菜屑ちらばる神無月 朝妻力 雲の峰 200312  
箆つけし着物を縫うて神無月 中島陽華 200401  
神無月狂女かざしを手にしたる 中島陽華 200401  
ギヤラリーに丹塗りの小鉢神無月 藤本純子 京鹿子 200401  
ひよつとこの面と出くはす神無月 杉浦典子 火星 200402  
寂寞と鴉を殖やす神無月 渡部義雄 200402  
歯を削る音がうがうと神無月 沖増修治 百鳥 200402  
国宝の門に屋根あり神無月 鹿間樟 百鳥 200402  
神無月ふつと重たい腕時計 栗原道子 京鹿子 200402  
寂寛と鴉を殖やす神無月 渡部義雄 200402  
神無月さつま切子を家苞に 沼口蓬風 河鹿 200403  
神無月水琴窟に耳立てて 清水千代子 草の花 200403  
神無月巫女の黒髪のびそろふ 細川知子 ぐろっけ 200403  
降り出して雨に鎮もる神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
祀られし城主偲びぬ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
旅終へて心切り替へ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
神無月とて賑はへる一日あり 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
吹きすさぶ六甲の風神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
かみわざや物失せ忘る神無月 安部里子 あを 200411  
鬼灯の網ふえにけり神無月 石川一郎 対岸 200412  
ブラックバスばかりの魚影神無月 高千夏子 200412  
今一つ物に手つかぬ神無月 鈴木政子 雲の峰 200501  
泉源の湯煙匂ふ神無月 森木久美 雲の峰 200501  
自転車の補助輪外す神無月 坂口美代子 河鹿 200501  
馬運ぶトラックに窓神無月 冨村みと 対岸 200501  
神無月西なる雲の金のふち 豊田都峰 京鹿子 200501  
風神の荒ぶる海や神無月 山本喜朗 雨月 200502  
神無月ジャズと洋酒に夜を重ね 高島久 百鳥 200502  
神無月一木一草活けにけり 桜井葉子 遠嶺 200503  
西晴れの湖に下りたる神無月 井上信子 200503  
神無月人黙々と働けり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200511  
白そこひのオペとはなんぬ神無月 大橋敦子 雨月 200512  
髭を見て席ゆづらるる神無月 大澤邦雄 四葩 200601  
山国の大き雨粒神無月 宮川みね子 風土 200601  
眠る赤手に母の面影神無月 太田佳代子 春潮 200602  
神無月預けしままの御朱印帳 大村真佐子 遠嶺 200602  
神無月古都の仏に人集ひ 西村しげ子 雨月 200602  
神無月昼餉に借りし神の庭 村田さだ子 酸漿 200602  
名儀書替へおほかた終る神無月 相沢有理子 風土 200602  
竹細工の蟹の手招き神無月 筒井八重子 六花 200602  
盛り塩の煤に汚れし神無月 高倉和子 200603  
大層な病名貰ひ神無月 苑実耶 200610  
とんとんとすれば眠る子神無月 辻美奈子 200611  
怠け顔鏡に見られ神無月 能村研三 200612  
こころの祭とふ幟立つ神無月 岸本林立 雨月 200612  
神無月神いまさねど手を合はす 木村茂登子 あを 200612  
大杉の影太りゐる神無月 高倉和子 200612  
神無月杯も逃してしまひけり 鷹羽狩行 200701  
還暦のお礼参りや神無月 大塚民枝 酸漿 200701  
錠剤の粒の原色神無月 新井佐知子 遠嶺 200702  
がらんどうの舟屋を覗く神無月 今井妙子 雨月 200702  
寝て起きて食べて今日より神無月 青山丈 200702  
サイレンの眠りを裂けり神無月 永田勇 六花 200702  
病院に五体預ける神無月 森津三郎 京鹿子 200703  
神鼓打つ音はホ短調神無月 稲畑廣太郎 ホトトギス 200711  
しろがねの魚に刃を当つ神無月 蘭定かず子 火星 200712  
神無月貼紙にある迷ひ犬 遠藤実 あを 200712  
神無月亡き友の椅子座りみる 四條進 200801  
日に祈り月に願ふや神無月 服部菰舟 雨月 200801  
いま置きし物につまづく神無月 丸山佳子 京鹿子 200801  
躓きて眉間を割れり神無月 松崎鉄之介 200801  
神無月弥山を仰ぐ竜の松 大井邦子 ぐろっけ 200801  
噺家の陽気な離婚神無月 鈴木撫足 春燈 200802  
神無月石の巾着縄の紐 中野京子 200802  
生きてゐるものに忌日や神無月 今橋眞理子 ホトトギス 200803  
神無月記紀にもありぬ口語訳 森竹昭夫 遠嶺 200803  
夫ひとりおいて出る旅神無月 鶴岡加苗 200811  
神無月神の集る方へ旅 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
これよりの旅路を思ふ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
神無月縁起絵巻のふくら顔 加藤みき 200812  
神無月と言へど那智滝神在す 小林成子 200901  
神無月鍋をこがしてをりしかな 鈴木しのぶ 200901  
悪阻と云ふ細きうなじや神無月 清水淑子 炎環 200901  
臍の緒の名残身にあり神無月 藤井みち子 200901  
起きぬけの喉のささくれ神無月 松田千枝 春燈 200901  
深呼吸は一日一善神無月 丸山佳子 京鹿子 200901  
カルボナーラやさしくからむ神無月 殖栗歩 炎環 200902  
奥の院に水の溢るる神無月 岩井ひろこ 火星 200902  
神無月虚子への心失せぬ館 稲畑廣太郎 ホトトギス 200911  
神無月いかなお気持宮司さま 丸山佳子 京鹿子 200912  
もう遭へぬ人一人増え神無月 田中藤穂 あを 200912  
神無月相談室のシャガール絵 安部里子 あを 201001  
だまし絵を斜めから見る神無月 佐方敏明 ぐろっけ 201001  
神無月誰にも命一つづつ 岩本セツ女 ろんど 201002  
糠床に足す糠の量神無月 中谷葉留 風土 201002  
神無月科学に触れて宇宙そらの旅 岡野ひろ子 201002 国土地理院見学
仏壇を洗ひに出すや神無月 卯辰美苗 万象 201002  
幣振れば白き風立つ神無月 藤岡紫水 京鹿子 201002  
吠ゆる犬吠えかへす犬神無月 大東由美子 火星 201002  
神無月骨折の手をかばひをり 内藤順子 酸奬 201002  
鉄瓶の湯の滾りたる神無月 衣斐ちづ子 201007  
神無月地球ゆるりと廻り欲し 丸山佳子 京鹿子 201011  
神無月なれど伊吹に神通力 丸山佳子 京鹿子 201011  
神無月しづしづとくる八十才 安部里子 あを 201012  
神無月熊野の杜に濡れし燈 笠井清佑 201101  
神無月夫の知らない小田原丼 小野口正江 末黒野 201101  
神頼みせずの決心神無月 泉田秋硯 201102  
風少し日差の少し神無月 井上信子 201102  
町深く海鳥の飛ぶ神無月 戸栗末廣 火星 201102  
箒目は今朝も揃ひし神無月 宮﨑正 ホトトギス 201103  
一夜にて白銀なせり神無月 加藤千津 ろんど 201103  
月山の闇たつぷりと神無月 コ田千鶴子 花の翼 201111 出羽吟遊
懐かしきあの饒舌よ神無月 仁平則子 201112  
今さらと思ふ約束神無月 丸山佳子 京鹿子 201112  
身ほとりに佛はゐます神無月 木村茂登子 あを 201112  
御手洗の細ぼそとして神無月 長崎桂子 あを 201112  
軒先の煤け杉玉神無月 笠井清佑 201201  
巫のひよんの笛吹く神無月 西村純太 201201  
神無月訛りゆらして福祉バス 岡野ひろ子 201201  
海に出て鳥の光れる神無月 蘭定かず子 火星 201201  
自動車が自動車運ぶ神無月 荒木甫 201202  
神無月お百度踏みし老婆かな 坂上じゅん かさね 201202  
神無月まあまあですねと心電図 松嶋一洋 201202  
はるかなる虚空は美しや神無月 池田光子 201202  
ひいきめにみても病む顔神無月 黒澤登美枝 201202  
神無月声を掛け合ひ足場組む 小野寺節斤 風土 201202  
卓に散る京の干菓子や神無月 塩田博久 風土 201202  
石仏も間延び顔なり神無月 中田寿子 ぐろっけ 201202  
瀧音に山の深さや神無月 城孝子 火星 201202  
舞妓かんざし揺らずに歩む神無月 伊藤希眸 京鹿子 201203  
蘭の葉の埃を拭ふ神無月 田中貞雄 ろんど 201211 『田越川』
クリスタルスワンの向かう神無月 熊川暁子 201211  
腰据へて休む薬師寺神無月 中島玉五郎 201212  
重詰の展示始まる神無月 小林久子 201301  
父しのぶ軍艦めぐり神無月 神田恵琳 春燈 201301  
神無月家に籠つて一人酒 菊地崇之 かさね 201301  
神無月求む香炉の清水焼 南奉栄蓮 風土 201302  
産土に良き名残れり神無月 吉田葎 201301  
打切棒に並ぶ立ち木や神無月 園部早智子 ろんど 201302  
砂風呂に頭並べて神無月 松本恒子 ぐろっけ 201302  
手と足が囃子に乘りぬ神無月 中島陽華 201302  
みちのくの民話に触れし神無月 岩月優美子 201302  
神無月カーテンコールの死人役 平野みち代 201302  
ごほごほと咳の始まる神無月 松村光典 やぶれ傘 201302  
神無月講師は禰宜といふ講座 野村鞆枝 京鹿子 201303  
縁組みのうはさも少し神無月 野村鞆枝 京鹿子 201303  
神無月禰宜の説話は切れ目なく 野村鞆枝 京鹿子 201303  
神無月名の木手入れの大足場 今泉あさ子 末黒野 201303  
あらくれの土を返しぬ神無月 戸栗末廣 201303  
神無月もうあなたとは会へないの 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
神無月今日もビル街天目差す 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
狛犬の阿吽虚ろに神無月 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
山鳩のひとしきり啼く神無月 鈴鹿仁 京鹿子 201311  
神無月ただ太りゆくわが椿 井上信子 201312  
真新し杉玉軒に神無月 笠井清佑 201401  
神移り無事に終へたり神無月 鈴木初音 201401  
伝言板にきのふの文字や神無月 柴田志津子 201401  
神無月大き切手に舌を二度 甕秀麿 201402  
めまぐるし天変地異や神無月 小野寺節子 風土 201402  
まじなひの木の瘤撫づる神無月 原田しずえ 万象 201402  
コンビニヘ使ひの巫女や神無月 大島寛治 雨月 201402  
譲られし木椅子のぬくみ神無月 北川孝子 京鹿子 201402  
読めぬ字の並ぶカルテや神無月 高村令子 風土 201403  
神無月舟屋に舟の艫が見え 大崎紀夫 やぶれ傘 201403  
傷の子に母のまじなひ神無月 黒住康晴 璦別冊 201408  
責任をひしひし感じ神無月 稲畑廣太郎 ホトトギス 201411  
聞いてゐし甲斐の大地よ神無月 稲畑汀子 ホトトギス 201411  
西晴れの湖に下りたる神無月 井上信子 201412  
無言館に句帖忘れし神無月 小林共代 風土 201412  
喪の便り早ばや届き神無月 橋本靖子 201501  
外つ国の大道芸人神無月 四條進 201501  
なみなみと蕎麦湯を注ぐ神無月 岩木茂 風土 201501  
筬打てば塵のかがよふ神無月 蘭定かず子 火星 201501  
神無月神木槇に目礼す 下山田美江 風土 201501  
拭いてやる馬のまなじり神無月 城孝子 火星 201502  
踏切に独りたたずむ神無月 丸井巴水 京鹿子 201502  
ものの影長き日暮や神無月 水野恒彦 201502  
境内に骨董市や神無月 川上恵子 雨月 201502  
残されし石の安らぐ神無月 田中一美 ろんど 201502  
鍵二つかけて旅立つ神無月 田中一美 ろんど 201503  
鳥声や八橋乾く神無月 加藤静江 末黒野 201503  
神無月堰に細れる水の音 田岡千章 201504 神無月→ 2

 

2016年11月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。