陽 炎 1  100句

陽炎や寝たい程寝し昼の鐘    小林一茶

陽炎  かぎろひ  かげろふ  糸遊  遊糸

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
陽炎や軟骨折れる音のして 竹内悦子 199807  
陽炎や馬は休めのポーズとる 横倉由紀 船団 199811  
陽炎の先へ先へと野を展げ 河野美奇 円虹 199905  
陽炎の中の己をみな知らず 河野美奇 円虹 199905  
四方に陽炎土塀の瓦怠けてずる 丸山海道 京鹿子 199905  
陽炎にまぎれむための早歩き 能村研三 199905  
風化せる人頭税石陽炎へり 上原瑞子 199905  
陽炎の渚踏み来る肩車 塙三千男 馬醉木 199906  
陽炎へる小学校の壁新聞 北村照子 遠嶺 199906  
操車区の電線あまた陽炎へる 鰍澤真佐子 春耕 199906  
父の守りし砲台跡の陽炎へり 松崎鉄之介 199906  
園庭の遊具塗りたて陽炎へる 原茂美 俳句通信 199906  
陵蒼し珠となるまで陽炎ふ砂 丸山海道 京鹿子 199906  
陽炎や胴へなへなと瓦斯タンク 田中みちよ 199907  
陽炎やジャンボ機招く手信号 塩田博久 風土 199907  
陽炎の出入りする口見張つてゐる 加藤邦枝 海程 199907  
陽炎やひとりにひとつきゅうがあって 宮崎斗士 海程 199907  
陽炎に身を細うして人の来る 金國久子 青葉潮 199907  
陽炎が少年となる猫の町 吉川真実 海程 199911  
陽炎やかへりそこねしゆりかもめ 田中藤穂 水瓶座 200002  
陽炎へる宅地を譲り老仕度 品川鈴子 ぐろっけ 200004  
ゆく人や陽炎に揺れなほ見ゆる 藤田宏 200005 柳沢二葉さんを悼む
陽炎や漂いづれも黄泉を指し 大島康弘 銀化 200005  
陽炎を掴めば消えて仕舞ひたり 保坂加津夫 いろり 200005  
田を歩む鳧陽炎をふやしゆく 片田千鶴 馬醉木 200006  
弾みてはマウンテンバイク陽炎へり 斎藤多美子 火星 200006  
潮騒の九十九里浜陽炎へる 山田をがたま 京鹿子 200006  
陽炎やいつもどこかに妻の声 吉原一暁 200007  
「母の塔」の指の先より陽炎す 田村すゝむ 風土 200007  
陽炎を一樹に集むピカソ館 吉村春風子 遠嶺 200007  
陽炎を蕩尽くしたる俊寛忌 河内桜人 京鹿子 200007  
鋭角に機首上ぐジャンボ機陽炎へり 佐藤真次 200007  
人待ちて佇む一樹花陽炎 稲辺美津 夏椿 200007  
北面も陽炎ふ源氏武者の島 品川鈴子 ぐろっけ 200007  
陽炎を抜け出して来る馬が勝つ 後藤立夫 ホトトギス 200008  
陽炎にほろほろ追われここまで来た 斎藤白砂 海程 200009  
陽炎や同じ話に相槌を 長谷川鮎 ぐろっけ 200101  
生くるとは陽炎を追ふ旅に似て 武藤嘉子 木椅子 200102  
陽炎を狩る少年のブーメラン 佐渡美佐子 船団 200102  
陽炎や傾いてくるモノレール 荻野美佐子 船団 200102  
陽炎に草原の端消えてをり 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
風落ちて陽炎の野となりゆけり 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
陽炎に距離失ひし行手かな 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
陽炎の殊に濃かりし象の墓 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
陽炎へり地震の秒より長信号 品川鈴子 船出 200104  
陽炎をいくつ抜け来し母の杖 赤川孝子 200105  
陽炎に触れきしのみの手を洗ふ 長尾康子 風土 200105  
陽炎を見過ぎて猫の狂ひけり 泉田秋硯 200105  
鉋引く人に陽炎たちにけり 小儀洋子 百鳥 200106  
陽炎の真中に母を置いて来し 嵯峨根鈴子 火星 200106  
解れゆくわが人生の陽炎へり 大塚民枝 酸漿 200106  
陽炎の歓喜を見たり九十九里浜 中原梓 海程 200106  
陽炎や脚丈揃ふフラミンゴ 山田由利枝 雨月 200106  
陽炎ひて潮入池のふくらみし 能村研三 200107  
陽炎に浮きたがる橋渡るかな 赤川孝子 200107  
陽炎を歩いてきたる麒麟かな 谷口佳世子 200107  
陽炎や壁画に城主の悲運聞き 武政礼子 雨月 200107  
陽炎へる土に打ち込む鍬の音 門伝史会 風土 200107  
陽炎や詠みつがれゆく歌枕 川井政子 風土 200107  
陽炎の中に吾ゐてかぎろひぬ 水井千鶴子 風土 200107  
陽炎や国道下の船溜まり 村田近子 遠嶺 200107  
朱の彩を醸す陽炎朱雀門 中川濱子 ぐろっけ 200107  
陽炎に分け入る単車駆けりつつ 足利ロ子 ぐろっけ 200107  
陽炎や忘れたきこと思ひ出す 片山煕子 京鹿子 200108  
陽炎にすぽつと嵌る旅鞄 矢野千佳子 京鹿子 200108  
陽炎やヒエログリフの人歩く 能勢京子 船団 200109  
陽炎ひて行きかの雲に乗るつもり 安達しげを 船団 200111  
空港に人働きて陽炎へる 加瀬美代子 200202  
陽炎や柳行李で来しが母 堀内一郎 あを 200202  
陽炎の中より産まれ来し子かな 朱間繭生 銀化 200204  
ゆき処なき牛陽炎に繋がるる 池元道雄 馬醉木 200205  
傷つきし野鳥の病院陽炎へる 門伝史会 風土 200205  
陽炎に入り行く人止められず 中村昭義 百鳥 200205  
楼門に犬繋がれて陽炎へり 芦澤一醒 200205  
櫛の歯の欠けるが如く陽炎の 河合笑子 あを 200205  
陽炎へるお好み焼と象の糞 泉田秋硯 200206  
陽炎に魂うすれゆく日かな 西川五郎 馬醉木 200206  
陽炎や別れてのちは振りむかず 三沢蘭 遠嶺 200206  
遠くより吾を呼ぶ子の陽炎へり 木原清彦 百鳥 200206  
陽炎や肩の力をふつと抜き 辻田明 200206  
雑踏を抜け陽炎にぶつかりぬ 近藤栄治 200206  
陽炎追ふ渓谷鉄道単線車 鈴木石花 風土 200206  
陽炎を割つて川鵜の首の浮く 山路紀子 風土 200206  
陽炎の上に拝せし磨崖仏 福井鳳水 円虹 200206  
陽炎に立てかけてあり翁杖 栗栖恵通子 200206  
陽炎をよく噛んでゐる羊かな 山尾玉藻 火星 200206  
陽炎ひて一輛電車浮いて来る 武政礼子 雨月 200206  
陽炎ひて他人のやうな吾とゐる 野路斉子 200206  
陽炎ひて廊下の端の手水鉢 櫻井多恵 200206  
陽炎に笑ひの止まぬ道祖神 西岡残照 京鹿子 200207  
武士の駆けたる地なり陽炎へり 嶋崎茂子 百鳥 200207  
陽炎の揺れゐて一本径歪む 宮みさお 百鳥 200207  
鉄棒にもたれゐる人陽炎へり 谷上佳那 百鳥 200207  
陽炎の芯へサッカーボール蹴る 杉浦典子 火星 200207  
陽炎の呪文のように立ちのぼる 貝森光大 六花 200207  
陽炎の中より現るる郵便夫 松下八重美 200207  
畝切りて陽炎ふ畑を漕ぎゆけり 丸本博子 200208  
ロープウエー己が影引き陽炎へり 中島みどり 帆船 200208  
陽炎や畦に休める耕運機 中島みどり 帆船 200208  
陽炎や暗渠に音の入りこむ 鳴海清美 六花 200208 陽炎 →2

 

2014年4月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。