地 震 1     100句 (季語外)

忘れらる死や湯ざましに昼の地震    沢好摩

地震  余震  津波  震災  原発・原子炉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
一枚のすだれに隔つ地震の街 山田弘子 春節 199503  
地震の街覆ひて余るいわし雲 山田弘子 春節 199503  
山眠り地震跡も又鎮もれり 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
火事の跡留めて地震のありし街 稲畑廣太郎 ホトトギス 199812  
三年目春着溢れて地震の街 稲畑廣太郎 ホトトギス 199901  
山眠る地震観測計を秘め 神蔵器 風土 199901  
冴え返る地震見舞の客来たる 相蘇こいと 春耕 199905  
青芝の馴染みて地震に耐へし家 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906  
地震に覚め夜半の余寒の中にあり 安原葉 ホトトギス 199907  
心臓に蝿とまりたる朝の地震 吉田透思朗 海程 199909  
地震の痕留めぬ露の神戸港 稲畑廣太郎 ホトトギス 199910  
ケーブルは地震より不通花臭木 辻のぶ子 俳句通信 199910  
松蝉や地震を耐へ来し音色とも 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
死木立つ地震の跡のお花畑 中田征二 ぐろっけ 199911  
大地震のままの更地の花茗荷 田中呑舟 火星 199912  
大学の地震計おく草紅葉 神蔵器 風土 199912  
地震の街空広くして星月夜 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
枯芦や芦屋河畔に地震の跡 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
鰡ぼらとへつぴりごしの地震学者 直江裕子 京鹿子 200001  
冬の地震昨夜の仮面を脱がずゐる 田淵昌子 京鹿子 200001  
初空や地震八年は遠からじ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
悴みし記憶は消えず地震の街 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
地震断層鎮めの宮に蒼朮焼く 川村紫陽 200002  
星月夜地震娘が今日もゆく わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
身にひそむ地震の予感や水仙花 川井政子 風土 200004  
松蝉や地震を耐へきし音色とも 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
地震の日の土の匂へる内裏雛 朝妻真知子 俳句通信 200005  
昼網や地震痕指呼に賑はへる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200006  
地震のあと月を軽んじゐたりけり 後藤比奈夫 ホトトギス 200006  
地震の日は明日三寒の雲厚く 五十嵐哲也 ホトトギス 200006  
地震悲し雪の背山を迂回路に 五十嵐哲也 ホトトギス 200006  
地震の荷のがらくた今も鳥帰る 浜口高子 火星 200007  
家具店を出てきてからの春の地震 寺田良治 船団 200007  
医者患者西日の地震に立ち上る 築城百々平 馬醉木 200008  
春寒に地震を忘るる一慶事 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
地震を待つやうに使ひぬ秋団扇 岡本高明 200009  
小さき地震守宮の出でし夜のこと 星加克己 ぐろっけ 200009  
もみづれる事に地震禍の薄れゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 200010  
山祇の怒りの地震か栗落つる 澤田緑生 馬醉木 200012  
地震あとの鰥鰥とせる夜寒かな 浜明史 風土 200012  
さういへば地震より椋鳥の来ぬ庭木 山田弘子 円虹 200012  
地震多き年なり芋の露滂沱 小林希世子 200012  
地震かな?と吊紐見上ぐ炬燵より 林翔 200101  
冬蕨地震はどうも捷歩にて 中原道夫 銀化 200102  
地震を乗り越えし開館暖かし 稲畑廣太郎 ホトトギス 200103  
雑居家族眠る地震ずれ霜瓦 品川鈴子 船出 200104  
炬燵にて処し方較ぶ地震話 品川鈴子 船出 200104  
地震あとガラス破片と雪きらめく 品川鈴子 船出 200104  
年の豆地震の裂け目へ転がれり 品川鈴子 船出 200104  
冬凪の甲板に坐し地震通勤 品川鈴子 船出 200104  
陽炎へり地震の秒より長信号 品川鈴子 船出 200104  
地震に裂け梅雨に崩るる誓子邸 品川鈴子 船出 200104  
地震が崩れの石垣誓子蛇ひそむ 品川鈴子 船出 200104  
地震ありしこと短夜でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
地震ゆるるも囀りの声変らざり 村井久美子 200106  
筆塚は地震にも堪えて人丸忌 大井邦子 ぐろっけ 200106  
地震の来てその儘にゐる衰虫よ 鈴木勢津子 200107  
地震怖れゐしが台風まで来ると 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
地震あるも山椒魚の微動もせず 酒井ひろ子 200108  
友といて春の地震の二度三度 坪内稔典 船団 200108  
地震のあと春の部屋替え模様替え 岡野峯代 ぐろっけ 200108  
露寒や地震とて遠きものならず 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
旱星赤し地震くる予感せり 三浦晴子 200110  
寒月の記憶となりて地震の朝 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
初雀地震の朝を忘れめや 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
明日地震のことを心に寒稽古 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
月凍てゝ地震の記憶の朝かな 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
冬眠の呑気許さぬ地震一波 泉田秋硯 200204  
地震七年寒灯愛しと見ゆるまで 北畠明子 ぐろっけ 200204  
鬼の豆まろぶや地震のままの書庫 羽田岳水 馬醉木 200205  
夜の地震に牛総立ちの寒牧舎 田中俊尾 馬醉木 200205  
煩悩の夢破る地震春の闇 村戸裕子 円虹 200205  
地震神戸のポンペイ展の館寒し 中島知恵子 雨月 200205  
春暁の地震に覚むれば庭の霜 阿部文子 酸漿 200205  
蝿叩地震研究員一人 須佐薫子 帆船 200207  
落梅の三つ四つは月の地震 下村志津子 銀化 200209  
あの地震も共にせし犬梅雨に熄む 原鐵也 ぐろっけ 200209  
地震跡の未だ整はず蝉時雨 島田厚信 火星 200210  
早朝の地震が風鈴鳴らしたる 岩松八重 六花 200211  
地震の来て涅槃図の中騒ぎ出す 小西瑞穂 ぐろっけ 200211  
地震の日を近づけてをり寒の雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 200301  
寒の水地震の記憶の巡り来し 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
寒の朝のあの地震知らぬ子どもたち 出口誠 六花 200301  
地震と紛ひ真夜を轟く冬の雷 久保晴子 雨月 200302  
そののちの地震の証しのすきま風 戸栗末廣 火星 200303  
まんさくの十糸はらりと地震すぎて 川勝春 馬醉木 200305  
日脚伸ぶ復興しるき地震の街 曷川克 遠嶺 200305  
牛蛙鳴くとき地震の感じられ 加藤白狼子 築港 200305  
地震疵の波止場にこぼれ冬遍路 山田弘子 草の蝉 200305  
寒明けの地震の一揺れ飛び起きる 坂口三保子 ぐろっけ 200305  
博多人形一歩せり出す春の地震 木村みかん 200306  
けたたまし雉子が地震を感知して 筒井圭子朗 ぐろっけ 200307  
地震跡に増えて竹藪竹の春 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
さざ波のごと地震過ぎぬ立葵 宮川みね子 風土 200309  
梅雨の外を見てゐしが地震どんと来る 橋本梢明 200310  
円虹や地震より生れてとこしなへ 伊志嶺亮 円虹 200310  
霧深き港に地震のなほつづく 水原春郎 馬醉木 200312  
地震なゐもなくいくさもなくて銀河濃し 沼口蓬風 河鹿 200401  
地震展出れば盛んに蓮の実とぶ 飯塚雅子 200401  
南海地震来る疑はず寅彦忌 西村梼子 ぐろっけ 200401 地震 2→

2014年4月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。