津 波      136句

暦日や津波の嗚咽くりかへし   高島茂

地震  余震  津波  震災  原発・原子炉

作 品
作 者
掲載誌
掲載年月
里山に津波の碑あり震災忌 武政礼子 雨月 200212
梅雨の像津波みつけし遠まなざし 品川鈴子 ぐろっけ 200407
高津波越えし孤塁の浜万年青 品川鈴子 ぐろっけ 200407
途方もなき津波をかくし凍る海 竹内弘子 あを 200502
大津波の悲報続けり初刷は 大橋晄 雨月 200503
数へ日や津波に揺るるインド洋 河合佳代子 栴檀 200503
地震大津波地球の寒々と 村松紅花 ホトトギス 200505
外つ国と津波のつなぐ二月尽 藤原照子 200605
鰰の眼のどこか津波寄す 雨村敏子 200703
流氷と津波警報同時に出る 大塚初江 200703
津波報栃は芽吹きを急ぎけり 定梶じょう あを 200705
遠津波桶の海鼠の発光す 和田照海 京鹿子 201006
鰆東風そろそろ津波届く刻 和田照海 京鹿子 201006
寄居虫の転び落ちたる遠津波 和田照海 京鹿子 201006
青麦の海へうねりて遠津波 和田照海 京鹿子 201006
雛町の雁木一段ほど津波 和田照海 京鹿子 201006
雁帰る津波警報出でし夜 浜口高子 火星 201006
津波予想図列島をとり巻く春 竹内弘子 あを 201006
日盛の壁に仰ぎし津波線 松井倫子 火星 201010
地震津波列島の春微塵とす 今村征一 投稿(金沢) 201103
地震津波火山灰も黄沙も降る島に 今村征一 投稿(金沢) 201104
大津波被る河川の老い桜
有本勝 投稿(神戸市) 201104
地震津波なかりしやうに春の海 今村征一 投稿(金沢) 201104
みちのくの春を微塵に大津波 片伯部淳 投稿 201104
春眠を覚ます津波の夢なりし 持永真理子 投稿(太宰府) 201105
大津波跡の地獄絵凍返る 山崎里美 201105
鳥の羽根欲しや余寒の大津波 鈴木照子 201105
未曾有の地震と津波や冴返り 伊藤憲子 201105
ジェット機の早さでせまる春津波 紀川和子 201105
春津波の呑み込みし町壊滅す 鷲見たえ子 201105
みちのくの春をがぶ呑み大津波 上原重一 201105
春北風の津波警報まつたなし 遠藤真砂明 201105
地震津波春寒もしや天譴か 大畑善昭 201105
蓬生ゆ津波の傷のふかき地に 大畑善昭 201105
津波禍のつひに生みたる原発忌 阿部ひろし 酸奬 201105
春の空痛し大津波の襲ふ 田中藤穂 あを 201105
大津波去りし大地に梅生きる 須賀敏子 あを 201105
百千鳥鳴かず羽摶てる津波跡 田中久子 201106
叫喚を呑みて滾りし春津波 中本吉信 201106
大津波に翻弄更に忘れ雪 新実貞子 201106
大津波瓦礫の大地花咲けど 西田史郎 201106
大津波に負けず堂々若緑 石川かおり 201106
大津波のもたらす瓦礫芽吹き季 山口キミコ 201106
列島の景攫ひけり春津波 山口キミコ 201106
彼岸会や黄泉へも津波行きましたか 森下康子 201106
大津波の爪あと深し春の凍 小林久子 201106
津波禍の寺に鈴振る花馬酔木 池元道雄 馬醉木 201106
貞観の津波平成の春津波 大畑善昭 201106
春星のびつしり津波引きし街 大畑善昭 201106
つくづくしこの地千年後も津波 大畑善昭 201106
瓦礫よりたんぽぽの黄津波跡 北川英子 201106
しみ返る津波の退きし地を踏むと 岡部玄治 201106
余寒なほ崖めく壁の津波線 岡部玄治 201106
海へ散る津波のあとの崖椿 岡部玄治 201106
芽吹急津波駆けのぼりし山も 岡部玄治 201106
地震津波放射線まで弥生寒 大坪景章 万象 201106
大津波惨状まざと黄水仙 小野口正江 末黒野 201106
春潮が津波と化して人攫ふ 恒成久美子 ぐろっけ 201106
凍土の町丸呑みに大津波 年森恭子 ぐろっけ 201106
すさまじき速さに津波街破壊 中島霞 ぐろっけ 201106
津波跡隠しきれずに春の雪 中田寿子 ぐろっけ 201106
春の夢根刮ぎ渫ふ大津波 林美智 ぐろっけ 201106
雪しまく大津波あと胸緊むる 市橋香 ぐろっけ 201106
大津波悲しき春の濡れ鴎 樋口正輝 ぐろっけ 201106
三月を粉砕したる大津波 中村是空 ろんど 201106
巨大津浪余寒の町を裏返す 山田暢子 風土 201106

 三月十一日

大津波阿修羅のごとく冴返る

門伝史会 風土 201106
春告鳥のこゑの虚しさ津波あと 北尾章郎 201107
千年を耕して来て津波また 稲岡長 ホトトギス 201107
春の土見るさへむごき津波来し 稲岡長 ホトトギス 201107
映画めく津波映像冴返る 峰尾秀之 201107
津波去り春潮のたりのたりかな 磯崎清 201107
チューリップ津波の泥砂くぐり咲く 常慶和久 201107
大津波の映像消して畑返す 石田きよし 201107
草萌ゆる浜や津波の後始末 田中臥石 末黒野 201107
三月を襲ひし地震の大津波 佐藤健伍 201107
四倉へ大津波生む春の海 佐藤健伍 201107
自宅まで津波が寄せる春の昼 佐藤健伍 201107
椿一輪乗せ禍神まがかみとなる津波 大畑善昭 201107
蝶と来よ津波に呑まれたる魂は 大畑善昭 201107
地震津波日本憂ひて春寒し 中田寿子 ぐろっけ 201107
津波又被害は万と伸びてゆく 北村香朗 京鹿子 201107
鳥帰る津波禍の空渡るかや 川村欽子 雨月 201107

 東日本大震災

ハーモニカの男の子斑雪の津波跡

延広禎一 201107
津波禍をのがれし花の咲きはじむ 嶋田一歩 ホトトギス 201108
花下でまた泣く人の来て津波跡 嶋田一歩 ホトトギス 201108
津波来て草生す屍浜朧 松嶋一洋 201108
大津波に負けぬ鳴き浜夏兆す 土屋青夢 ぐろっけ 201108
大津波が忘るる六月の海青し 吉弘恭子 あを 201108
松蝉の声を津浪と聞くことも 今村征一 ホトトギス 201110
大津波玫瑰の歌碑洽しや 本多俊子 201110
朝虹や津浪の海に魚もどる 田中藤穂 あを 201110
月光の凛々として津波跡 阪本哲弘 201112
遠景や津波逃れし稲架襖 佐藤玲子 春燈 201201
千年に一度の津波冬寒し 長島清志 かさね 201201
大津浪残せしものに返り花 北村香朗 京鹿子 201201
津波避けられぬ大地よ耕せる 伊藤とほ歩 ホトトギス 201203
春雪や津波に消えし万の声 鈴木照子 201205
春愁や津波恐怖の北斎画 北尾章郎 201205
津波裂け一人静の岩根締 品川鈴子 ぐろっけ 201205
赤錆びの鉄路に土筆津波跡 品川鈴子 ぐろっけ 201206
三月の記憶歪みぬ津波から 永塚尚代 ぐろっけ 201206
津波来し跡なきホテル灯涼し 稻畑汀子 ホトトギス 201207
はこべらや津波の揚げし船ねむる 田山真弓 春燈 201207
浜薄暑いつかはきつと津波くる 細川知子 ぐろっけ 201208
津波跡一面覆ふ草の絮 山崎里美 201211
津波きて只一面の秋野原 赤座典子 あを 201211
仙人草辺りが津波避難場所 田中貞雄 ろんど 201212
津波跡ハマボウフウの花二輪 佐藤いづみ ろんど 201212
津波裂け岩の根〆に万年青の実 品川鈴子 ぐろっけ 201301
ここは日本か燕の迷ふ津波あと 竹貫示虹 京鹿子 201302
ここは日本か燕の迷ふ津波あと 竹貫示虹 京鹿子 201303
町一つ枯野となれり津波あと 山路紀子 風土 201303
すみれ咲く津波に消えし家の跡 森高武 風土 201306
津波ありし声の漂ふ春渚 福永尚子 ろんど 201306
津波体験在す露座仏霾れり 菅野雅生 ろんど 201306
津波碑を訪ふ晩秋の海の音 田中臥石 末黒野 201402
結界も津波防げず蕗の薹 高橋将夫 201405
津波のこと多く語らず春満月 笠井清佑 201406
津波跡白き花なるヒメジョオン 佐藤喜孝 調 201406
津波訓練園児の背後は春の水 ふじの茜 201408
巨津波ウマシアシカビヒコヂノミコトよ 佐藤喜孝 あを 201409
秋空へ響く訓練津波報 田中臥石 末黒野 201412
慟哭の津波跡なる秋の虹 大木さつき ホトトギス 201503
くっきりと津波到達茂る草 須賀敏子 あを 201508
津波後のバスは灯を入れなほ走る 佐藤喜孝 あを 201509
きちきちや鳥居の残る津波跡 山田春生 万象 201512
陸前の津波禍の町春の月 秋川泉 あを 201705
震災の津波の忌なり梅の花 田中臥石 末黒野 201706
津波来ず安堵の町に小雪舞ふ 市川夏子 末黒野 201803
色変へぬ松の参道津波の碑 及川照子 末黒野 201804
元禄の津波供養碑浜大根 小形博子 201806
堅香子も祈りのかたち津波の地 大畑善昭 201807
卯波津波大波小波大海原 加藤みき 201809
三月の姉の死津波の忌なりけり 田中臥石 末黒野 201906
津波あと春星潤み音もなし 窪みち子 201909
松島の津波露けく語らるる 安原葉 ホトトギス 202001
山津波鎮め暮秋の月円か 石本秋翠 馬醉木 202001
津波跡まだありありと秋の蝉 安原葉 ホトトギス 202001
津波跡しるき山内露けしや 安原葉 ホトトギス 202001
梅花捧ぐ津波死姉の大祥忌 田中臥石 末黒野 202006
稲の花ここにも津波来しと聞く 稲畑汀子 ホトトギス 202008

 

2021年3月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。