いちご      34句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
古里を丸ごと食べて大いちご 竹内方乃 ぐろっけ 199908
一枚の山の斜面にいちご狩る 北村きみ子 ぐろっけ 199909
女子高生いちごごろごろ春気分 朝倉晴美 船団 199912
豊満ないちご畑のバレリーナ 尾上有紀子 わがまま 200002
実を踏んで野いちごの実と思ひけり 伊藤多恵子 火星 200009
虫と蟻と共存すわたしのいちご 堀真知子 海程 200110
牧場のここがはづれか草いちご 伊藤妙 200204
いちご狩子は番犬と遊びをり 青池亘 百鳥 200206
草いちご昔と同じ刻動く 斉藤小夜 風土 200308
八百屋には色々な色いちご択る 森津三郎 京鹿子 200308
SFの展開毎にいちご減る 泉田秋硯 200309
子は髪を編ませ褒美の朝いちご 木船史舟 200309
新涼やビクトリア種のいちごジヤム 中嶋陽子 風土 200412
不揃ひを個性と言へりいちご狩 荒木甫 200506
幼稚園なんてキライでいちご好き 篠田純子 あを 200506
肩寄せて一族の墓草いちご 淵脇護 河鹿 200510
いちご煮る仕上げにレモンのしぼり汁 二階堂妙子 河鹿 200510
黒豹の眼のしづかなり草いちご 諸冨清子 対岸 200510
諦めの悪き男がいちご食ふ 秋千晴 200510
野いちごを抓みつつ勧む西蔵の人 森理和 あを 200604
ふはふはのいちごケーキや鳥の声 苑実耶 200605
野いちごの花見つつ行く島の道 大内恵 酸漿 200612
いちご食むひとりの卓の広すぎて 岡野ひろ子 200706
赤いけどちょっぴりいちごすっぱいな 塩路彩奈 200907
子規の食ぶ熊の子別れいちご摘む 小林輝子 風土 200910
草いちご島の裏手のきつね雨 城孝子 火星 201009
石垣に紅したたれるいちご園 藤井圀彦 201011
いちご煮てをり蚊柱の太りをり 城孝子 火星 201207
イチゴジャム大きな泡で出来上がる きくちきみえ やぶれ傘 201505
イチゴノキ赤き実一つだけ残り 田部井幸枝 201602
山越えの段々畑花いちご 黒滝志麻子 末黒野 201606
二坪の菜園孫とイチゴ狩り 贄田俊之 やぶれ傘 201810
流暢な幼児の言葉いちご狩り 江口九星 201909
晴渡り寛ぐ時や紅いちご 長崎桂子 あを 202107

 

2022年6月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。