冬 田 1       100句

家にゐても見ゆる冬田を見に出づる    相生垣瓜人

秋の田  稔り田  刈田  冬田  枯田

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
まなぶたに浮かぶ冬田の二三枚 市場基巳 199902  
冬の田へ陽はやはらかに嶺より来 穴澤光江 花菜風 199907  
冬の田に鴉あつまりくる不思議 斎藤道子 馬醉木 200002  
一面の冬田に蹠ほてりゐる 浜口高子 火星 200002  
冬田打つ三輪明神をまなかひに 辻井桂子 俳句通信 200002  
畦の草輝き冬田眠りけり 清水かつ 酸漿 200003  
加賀領の百万石の冬田かな 安陪青人 雨月 200003  
冬の田へ工場の濃き棄て蒸気 藤田宏 200003  
逝く人や冬田の風に鐘を聞く 宮下本平 200003  
消炭の吹かれてゐたる冬田かな 小林喜一郎 200004  
石積みの冬田の境風転ぶ 木村公子 200004  
冬田越えとよむ太鼓や林蔵忌 木山白洋 馬醉木 200005  
呵呵大笑冬田と稲荷山つながり 柳生正名 海程 200005  
登り口までを夜明けの冬田道 須山つとむ 船団 200007  
円心に杭打たれある冬田かな 春田淳子 俳句通信 200101  
冬田打つ本日は佳きお日柄で 井尻妙子 京鹿子 200201  
ぬるゝもの冬田に無かり雨きたる 水原秋櫻子 馬醉木 200201  
冬田鴉己のために争はぬ 丸山佳子 京鹿子 200202  
円心に神の杭ある冬田かな 春田淳子 雲の峰 200202  
切り藁を巻き込み冬田起しけり 乾フジ子 雲の峰 200202  
冬田道ゆつくり回る車椅子 長坂ヤス子 酸漿 200202  
傾ける冬田を均す土仕事 岸本林立 雨月 200203  
晴れ渡る冬田に日高颪かな 藤村美津子 春耕 200203  
よるべなき冬田の風に縋られし 林加寸美 ホトトギス 200204  
退職の夫に冬田を守る生活 中川千江子 ホトトギス 200204  
リフレッシュして満を持す冬田かな 木村一成 ホトトギス 200204  
冬田にも今日輪の馳走かな 木村一成 ホトトギス 200204  
灰色の空と溶けあひ冬田かな 田中かおる ホトトギス 200204  
こただ今は充電中の冬田かな 田中かおる ホトトギス 200204  
冬田にて鳥はのんびりのんびりと 田中かおる ホトトギス 200204  
父の訃や汽車ひた走る冬田中 藤田つとむ ホトトギス 200204  
通夜の人散りゆく闇の冬田道 藤田つとむ ホトトギス 200204  
葬列の冬田の果てに消えにけり 藤田つとむ ホトトギス 200204  
風遊び子供遊ばせ冬田かな 山口弘子 ホトトギス 200204  
醜草の実の真赤なる冬田かな 猿渡青雨 ホトトギス 200204  
畦切りしところ繕ひある冬田 猿渡青雨 ホトトギス 200204  
水玉の青く見えゐる冬田かな 猿渡青雨 ホトトギス 200204  
去るものは去り北限の冬田かな 小西龍馬 ホトトギス 200204  
石狩の冬田をたたみ行く落暉 小西龍馬 ホトトギス 200204  
泥炭地たりしを言はず冬田あり 小西龍馬 ホトトギス 200204  
冬の田に働く影を落しけり 須藤常央 ホトトギス 200204  
クレーン車の冬田に舞台下しけり 須藤常央 ホトトギス 200204  
冬田より久遠の星へ合唱す 須藤常央 ホトトギス 200204  
広々とたゞ広々と冬田かな 大野彰子 ホトトギス 200204  
余呉湖畔小さき冬田の置きざりに 井土祥風 ホトトギス 200204  
米どころ冬田となつて休みをり 三瀬教世 ホトトギス 200204  
冬田いつぱいに日当たりをりにけり 三瀬教世 ホトトギス 200204  
落日の色の冬田にひろがりし 三瀬教世 ホトトギス 200204  
冬田より伸びし新利根橋渡る 渡辺彰子 ホトトギス 200204  
大冬田開拓の碑も古りにけり 渡辺彰子 ホトトギス 200204  
雲出でし天日の傘大冬田 渡辺彰子 ホトトギス 200204  
一周りして静かなる冬田かな 多田薫 ホトトギス 200204  
干枯びて次の刻待つ冬田かな 多田薫 ホトトギス 200204  
横たはる大地の中の冬田かな 多田薫 ホトトギス 200204  
潰されし鶏の羽飛ぶ冬田かな しもだたかし ホトトギス 200204  
目的地指呼に冬田の径迷ふ 堀恭子 ホトトギス 200204  
冬田みち戻る勤めを終へし母 辻千緑 ホトトギス 200204  
畦みちも通ひなれたる冬田みち 辻千緑 ホトトギス 200204  
熱気球風得て冬田離れけり 石田風子 ホトトギス 200204  
熱気球冬田の空に競ひ行く 石田風子 ホトトギス 200204  
父祖よりの冬田を守りて村を出ず 石川星水女 ホトトギス 200204  
広漠と冬田つらぬく高速路 利根里志 ホトトギス 200204  
人囲む犯行現場冬田中 木暮勉 ホトトギス 200204  
峡の奥さらに冬田の現れし 木暮勉 ホトトギス 200204  
冬田中けもの過りし足のあと 林直入 ホトトギス 200204  
冬田眠らせずパチンコ店より灯 林直入 ホトトギス 200204  
人気なき冬田を巡る我が思ひ 飯田双樹 ホトトギス 200204  
暮れなづむ冬田を見れば影長し 飯田双樹 ホトトギス 200204  
来年の為に眠りし冬田かな 副島いみ子 ホトトギス 200204  
何も無くさつぱりとして冬田かな 副島いみ子 ホトトギス 200204  
地球儀の日本の如き冬田かな 今村征一 ホトトギス 200204  
海に向く冬田に千の夕日かな 今村征一 ホトトギス 200204  
日を得ても冬田は湿り抜けきらず 空閑一叫子 ホトトギス 200204  
猛りゐし風の呼吸を置く冬田 空閑一叫子 ホトトギス 200204  
眠るふりして力秘む冬田かな 林克已 ホトトギス 200204  
熱気球不時着したる冬田かな 林克已 ホトトギス 200204  
一望の冬田となりて川生きる 新関一杜 京鹿子 200204  
冬田株芯の強さを踏んでみる 松本鷹根 京鹿子 200204  
冬田道くきくき曲り子の遊ぶ 土井三乙 風土 200205  
どこまでも縄文遺跡なる冬田 辻口静夫 ホトトギス 200206  
竹とんぼ冬田の空の深かりし 戸栗末廣 火星 200207  
家康公逃げ廻りたる冬田打つ 富安風生 200211  
残されし案山子幾人の冬田かな 永岡セツ 酸漿 200301  
日本海の飛沫鋤き込む冬田打 田中佐知子 風土 200302  
ふり返る冬田夕焼珊瑚いろ 柳生千枝子 火星 200302  
鈴音の冬田にのこる秩父晴れ 山崎靖子 200302  
無言劇のやうな冬田でありにけり 飯田登美子 200302  
アルプスの風にひとりの冬田打つ 江頭文子 雨月 200303  
冬田打つ男に高き山のあり 渡邉春生 百鳥 200303  
冬の田のそれぞれにある焦げし跡 加藤みき 200303  
冬田横切り最短を来し少女 中村美沙 百鳥 200304  
沼の日の冬田に移り滲み出す 冨田正吉 200304  
啄んでゐる鶴冬の田に七羽 仙石君子 雨月 200305  
ぽつねんと冬田の畔の田舟かな 浜明史 風土 200402  
冬田道登山姿の影長し 沖増修治 百鳥 200402  
鉄塔の影日時計よ大冬田 梶島邦子 築港 200402  
泰然と身を休めをる冬田かな 丸山敏幸 200402  
一望の冬田陽光匂ひけり 佐野静子 遠嶺 200403  
魚沼の冬田広がる山辺まで 中村廣子 酸漿 200403  
病状を云つて冬田を向きしまま 三井孝子 六花 200403 冬田→ 2

 

2020年12月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。