秋の田   28句

秋の田の只中石の鳥居暮る  山口誓子   ザ・俳句

秋の田  稔り田  刈田

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
秋の田の先の先まで高速路 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
秋の田の稔り豊かに北陸路 林田加杜子 いろり 199910  
秋の田を縫つて自転車走りけり 高木武人 百鳥 200212  
秋の田に連山遠き伊勢平野 加藤暢一 200302  
秋の田を領主のごとく高きより 小林朱夏 200312  
秋の田の真ん中一輌電車行く 篠藤江 帆船 200401  
秋の田に向かひて深くしやがみ込む 高木武人 百鳥 200411  
秋の田を懐に抱き千曲川 荻原麗子 酸漿 200612  
秋の田のグラデーションに立ちつくす 小澤菜美 200811  
秋の田の風に無沙汰の母郷思ふ 足立典子 雨月 200912  
秋の田や立看板の取り払はれ 竹内弘子 あを 200912  
秋の田に夕日留まりゐたりけり 高田令子 201012  
秋の田を見下ろす家の小窓かな 横山さくら 春燈 201111  
近江いま秋の田に満ち黄金色 竹内悦子 201112  
風やみて秋の田一枚づつ昏るる 後藤桂子 万象 201202  
秋の田や雪崩るる先の潮の色 松本俊介 春燈 201211  
秋の田を韋駄天のごと風走る 橋本修平 かさね 201212  
秋の田は白鷺の羽根幣にして 杉本薬王子 風土 201311  
秋の田の疎らになりぬ墓の道 山本とく江 万象 201312  
秋の田の段々にして休耕田 藤波松山 京鹿子 201402  
秋の田の刈られ現はる田の字かな 平居澪子 六花 201501  
秋の田の四方を囲む万国旗 秋田典子 六花 201501  
秋の田に置く道草のランドセル 中嶋陽子 風土 201512  
秋の田を刈る父のこゑ母の声 中山皓雪 201612  
秋の田へ鷺の降り立つ暮色かな 大村かし子 万象 201612  
秋の田を見下ろす山は動かざる 江島照美 201701  
大字の小字の秋の田となれり 荒井ハルエ 春燈 201712  

 

2019年9月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。