冬の海    125句

冬の海鮫の百尾もゐるごとし   藤崎久を

冬海 冬の海 冬の浜 冬の浪 冬の濤 冬の波

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
父情とも凪の極みの冬の海 樋口英子 朝桜 199904  
冬の海けわしさが人の命断つ 北岡草雨 海程 199905  
まっすぐに行ったところに冬の海 佐伯のぶこ 船団 199908  
山深く来て初冬の海展け 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
高らかにサンタルチアを冬の海 尾上有紀子 船団 199912  
自衛艦三つ渡りて冬の海 林和子 俳句通信 200001  
松の根が神様になる冬の海 信崎和葉 六花 200003  
鏡台の奥まるところ冬の海 篠原俊博 銀化 200004  
冬の海こころゆくまで吠えにけり 貝森光大 六花 200004  
冬の海遠いひびきのトタン塀 樫井賢一 船団 200006  
冬の海かのこしぼりの糸結ぶ 阿部ひろし 酸漿 200101  
鈍色に鎮まる冬の海となり 島田和子 風土 200102  
灯台にもたれ見てゐる冬の海 松永唯道 円虹 200103  
海が好き冬の海好き神戸好き 河内童楽 六花 200103  
命かけて至福に到る冬の海 金子皆子 海程 200105  
野面のその果ての冬の海想う 金子皆子 海程 200105  
改札の人なくひらく冬の海 能村登四郎 200108  
冬の海絣模様に波立ちぬ 芳賀雅子 航跡 200108  
太陽に雲寄せつけず冬の海 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
呟きのたちまち消され冬の海 松島不二夫 200202  
何如ほどの鉛抱へて冬の海 十見達也 銀化 200202  
黒真珠落したやうな冬の海 志方章子 六花 200202  
冬の海見てゐる夫にふっと添ふ 足立典子 雨月 200203  
冬の海見たくて一人バスを待つ 橋本美奈子 雲の峰 200204  
ゴヤ描く巨人の生れし冬の海 山本浪子 風土 200204  
冬の海ハングル文字のごみ浮ぶ 山口和子 ぐろっけ 200205  
出航のドラの音鈍き冬の海 野田光江 雨月 200212  
汽車道のレールの先に冬の海 神蔵器 風土 200301  
冬の海黒衣サーフアー鵜に似たり 大川嘉智香 築港 200302  
冬の海暮れて尖りぬホテル群 柿沼盟子 風土 200304  
纜のゆるびて冬の海温し 川上美穂子 酸漿 200307  
ドーナツの穴から覗く冬の海 鎮田紅絲 200402  
冬の海鳴り大観の絵の余白 石平周蛙 対岸 200402  
すがるものみな持ちさりし冬の海 豊田都峰 京鹿子 200402  
足跡の砂丘につづく冬の海 池田光子 風土 200403  
漁り舟ひよいと置きたる冬の海 赤羽秋刀子 百鳥 200403  
冬の海船中心に洋の円 岩崎憲二 京鹿子 200403  
冬の海重たき空を映しけり 畠田律子 対岸 200403  
砂風呂や首立てて見る冬の海 長岡紀美子 草の花 200403  
海峡の潮流烈し冬の海 小林佐江子 雨月 200404  
断言を控えて冬の海を見る 橘沙希 月の雫 200404  
冬の海双子の服は赤と黒 高木武人 百鳥 200404  
白き波青き波間や冬の海 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
篠藪の途切れに吠ゆる冬の海 細野恵久 ぐろっけ 200501  
山なみの走り落ちたる冬の海 柴田佐知子 200502  
駅伝の向かうきらきら冬の海 竹内弘子 あを 200502  
冬の海に蔀戸あげて大師堂 谷野由紀子 雲の峰 200502  
白波の争つてゐる冬の海 浅田浦蛙 対岸 200502  
ざうざうと日ののぼりくる冬の海 谷口佳世子 200503  
さかさまに冬の海月のまくれなゐ 谷口佳世子 200503  
遠富士を松原越しに冬の海 酒井美津 遠嶺 200503  
はるばると魚群を追うて冬の海 荒幡美津恵 遠嶺 200503  
冬の海見つゝ急がぬ旅なれば 松尾緑富 ホトトギス 200505  
ピカイヤと云う原始生物冬の海 松山律子 六花 200511  
街の灯の届かぬ闇の冬の海 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
掛軸のうしろに鳴れる冬の海 大山文子 火星 200602  
冬の海煮干工場の跡広し 森理和 あを 200602  
盲の魚族冬の海から捕はれる 瀧春一 瓦礫 200606  
今日は波穏やかといふ冬の海 稲畑汀子 ホトトギス 200612  
荒るる日の旅路は冬の海避けて 稲畑汀子 ホトトギス 200612  
冬の海暮れてムンクの「叫び」聞く 宮島宏子 200703  
一切無言寺の空まで冬の海 小澤克己 遠嶺 200703  
灯をおとすマリンタワーや冬の海 鈴木庸子 風土 200704  
鍵穴をのぞけば碧き冬の海 林友次郎 遠嶺 200704  
鵜も人も斜めに立てり冬の海 百瀬七生子 海光 200705  
冬の海かのこしぼりの波結ぶ 阿部ひろし 二の杉 200710  
鵜の遊ぶ巌をつつ立ち冬の海 長沼紫紅 200801  
暁闇の干潟広ごる冬の海 小林優子 酸漿 200802  
ビルのみを残す地球か冬の海 塚本みのる 春燈 200803  
ひとり来て冬の海みて帰りけり 竹下昌子 200804  
てのひらの乾きゆくなり冬の海 林友次郎 天帝 200806  
どこまでが川どこからが冬の海 堀口希望 200901  
ゆらめきつ夕日溶け入る冬の海 渡邊泰子 春燈 200901  
ゆつくりと猫の眼開く冬の海 田中まや 炎環 200902  
深閑と落暉溺るる冬の海 高多一果 炎環 200902  
明るさの広がり来たる冬の海 笹村政子 六花 200902  
水平線色濃くありぬ冬の海 飯田角子 酸漿 200904  
尖りたる波打ち寄する冬の海 久永つう 六花 200905  
冬の海立ち去ることを決断す 大橋敦子 雨月 200912  
永眠の地は冬の海見える丘 陶山泰子 ぐろっけ 201003  
冬の海展望台の床に透く 志方章子 六花 201003  
冬の海波そばだてて寄せ来る 網野茂子 酸漿 201003  
退屈な冬の海なり鰓呼吸 石黒一憲 201003  
冬の海迫まりて富士の裾野かな 庵原典子 201003  
遥かより芭蕉の声か冬の海 小島とよ子 遠嶺 201004  
からつぽの花瓶のような冬の海 佐々木紗知 京鹿子 201005  
海坂にうすく雲ある冬の海 國保八江 やぶれ傘 201006  
尖りたる波を打寄す冬の海 松嶋一洋 201101  
冬の海星座は音を立てずあり 松嶋一洋 201101  
立冬の海の蒼さや鳶の笛 向佐幸子 末黒野 201103  
暁光に岩松映える冬の海 川井素山 かさね 201201  
糶の声次はいつの日冬の海 小林美登里 かさね 201202  
垂直に岬は冬の海に立つ あさなが捷 201202  
海蝕崖潮噴きあぐる冬の海 土井くみ子 201203  
冬の海風に凭れて見てゐたり 神戸やすを 201203  
国東半島くにさきの見え冬の海鵜の潜りかな 竹内悦子 201203  
人間を寡黙にしたる冬の海 近藤喜子 201203  
座礁船時間を止めて冬の海 竪山道助 風土 201204  
冬の海須磨に平家の悲話いくつ 蓮尾みどり ぐろっけ 201204  
ボスポラス冬の海峡甘き紅茶チヤイ 史あかり ぐろっけ 201204  
降り注ぐエンジェルラダー冬の海 菅原孟 かさね 201211  
冬の海加へて能登の千枚田 竹田ひろ子 ろんど 201303  
冬の海鰯の群れが波起こし 土井ほのか 201304  
みづからの光に溺れ冬の海 田邊豊子 201305  
ひとり来てこころ遊ばず冬の海 松本三千夫 末黒野 201402 妹急逝
西方に浄土東に冬の海 高橋将夫 201403  
寄せ返す波飽かず見し冬の海 柴田靖子 201404  
冬の海恨みつ崇め五能線 鎌田悟朗 ろんど 201405  
冬の海自衛艦ゐて静かなり 竹内悦子 201502 舞鶴
経蔵を廻せば見ゆる冬の海 内藤静 風土 201502  
炎を上げしシェフの後の冬の海 すずき巴里 ろんど 201502  
まっすぐな松を見たしよ冬の海 佐藤喜孝 あを 201503  
青墨の滲みのぐるり冬の海 雨村敏子 201503  
ロケ終ふる高倉健や冬の海 阪本哲弘 201503 追悼
冬の海波・浪・濤の高さかな 渡部節郎 201504  
冬の海見て来し無口なりしかな 湯川雅 ホトトギス 201504  
登り来て手びさしで見る冬の海 廣瀬雅男 やぶれ傘 201601  
冬の海一筋水脈を残しをり 土屋光男 春燈 201601  
江ノ電のどこで降りても冬の海 落合絹代 風土 201603  
三日月を傷のごとくに冬の海 松本三千夫 末黒野 201603  
岬より光溢れし冬の海 森高武 風土 201604  
冬の海わたしのものか骨拾ふ 直江裕子 京鹿子 201605  
冬の海猫風に戻され逆らひ飛ぶ 野沢しの武 風土 201607  
一角獣に渺々たりし冬の海 水野恒彦 201703  
冬の海みなゆるされる膝がしら 津波古江津 船団 201707  

 

2018年1月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。