冬来る   101句

手の甲の皺で口拭き冬來る   田川飛旅子   現代俳句

冬立つ  立冬  冬に入る  冬来る  今朝の冬
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
胡蘿蔔の中をぼかさば冬來る 中原道夫 銀化 199812  
冬来る北斎館の怒濤之図 小澤克己 遠嶺 199902  小布施
爺に斧峡にきつぱり冬来たる 大森慶子 200001  
冬来る波を幾重に遠岬 小澤克己 遠嶺 200002  
危ぶめる父の加齢や冬来る 土田栄 200002  
木の槌が木の杭を打ち冬来たる 荻野美佐子 船団 200006  
冬来る狎れてはならぬ志 稲岡長 ホトトギス 200103  
いちはやく鍵穴に冬来てをりぬ 川井政子 風土 200103  
酒蔵の杜氏きりりと冬来たる 小牧喜美子 遠嶺 200103  
低音のおしやべり娘冬きたる 鶴目鯛遊子 六花 200103  
吾にも来し死の順ながき冬来るか 伊藤鯰子 ぐろっけ 200108  
妻亡くて句作なんかは冬来る 岩田ひろあき 船団 200110  
一服の紫煙は空に冬来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
竹箒登四郎の亡き冬来たる 大串章 百鳥 200201  
海鳴りの大き鏡に冬来る 水野恒彦 200202  
嫁留守の老梵妻に冬来る 細川コマヱ 雨月 200202  
頬を打つ鋭角の風冬来る 与川やよい 遠嶺 200202  
月山に暦通りの冬来たる 中鉢時雨 200203  
痩身に冬来るぞよと言ひ聞かす 伊藤稔代 200302  
道端の小小石きしきし冬来る 小宮山勇 遠嶺 200302  
暮れがての神楽舞台に冬来たる 高松由利子 火星 200302  
冬来たりけり赤松の仁王立 岡本眸 200302  
比叡颪北山颪冬来る 安原葉 ホトトギス 200303  
岩礁の鵜の目線に冬来る 岩上とし子 200303  
東の一条の日矢冬来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311  
けん玉の突棒に冬来てゐたり 吉田島江 火星 200402  
瀬がしらに身じろがぬ鷺冬来たる 荒木武太郎 対岸 200402  
木守柿おちて俄に冬来る 平山風鳥 河鹿 200404  
ヘリの音零戦めきて冬来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200411  
冬来れば寒さ嫌ひの師を憶ふ 岡本眸 200412  
山の灯のはなればなれに冬来る 柴田佐知子 200501  
夫の下痢いつかな止まず冬きたる 相沢有理子 風土 200502  
倒木のあまたを沈め冬来たる 加藤峰子 200502  
宇奈月の谷ふかく冬来たりけり 長沼紫紅 200503  
冬来るやつぱ関西人やねん 稲畑廣太郎 ホトトギス 200511  
真すぐな路果てて海冬来たる 中田みなみ 200601  
グラタンとシチューを好む冬来たり 久保栞 200601  
ささくれのやや深くなり冬来たる 菅原健一 200601  
八方の山に冬来てあぶら鮠 神蔵器 風土 200601 箱根
一人居の風呂溢れさせ冬きたる 芝宮須磨子 あを 200601  
冬来る石碑に波の音絶えず 星井千恵子 遠嶺 200602  
譲られし席に体温冬来たる 宮原利代 ぐろっけ 200603  
風荒れて凪ずこのまま冬来るか 市場基巳 200603  
絹に置く白刃に冬来りけり 柴田佐知子 200603  
音立てぬやうに冬来る松の幹 木内憲子 200603  
城垣の切り立つばかり冬来る 川添フミ 対岸 200603  
絨毯に蹟いて冬来てをりぬ 山田弘子 ホトトギス 200604  
水に冬来る六感のはたらく日 伊藤白潮 200612  
上野より台地のつづき冬来る 鈴木榮子 春燈 200701  
冬来ると津軽三味線鳴りにけり 杉浦典子 火星 200702  
かさかさと真竹の葉擦れ冬来る 丸山勝利 遠嶺 200702  
冬来れば齢重ねて沼とわれ 岡本眸 200702  
冬来たる日の斑にかざす手の齢 桑原泰子 八千草 200705  
探幽の杉戸の猿に冬来る 近藤幸三郎 風土 200801  
銅像のアテネの戦士冬来たる 瀬戸悠 風土 200802  
はぐれたる旅人のごと冬来る 遠藤実 あを 200802  
生命力気力体力冬来たる 篠田純子 あを 200802  
沈黙に音ひそませて冬来り 久永つう 六花 200803  
海光の玲瓏と冬来たりけり 高橋さえ子 200803  
冬来る枯るるものなき石切山 渡邉友七 あを 200804  
巻尺のストンと巻かれ冬来たる 丹沢亜郎 炎環 200901  
人気なき巨大なビルに冬来たる 高野幸次 200901  
北国の画集賜り冬来る 山口天木 雨月 200901  
鱗付く長靴に冬来りけり 柴田佐知子 200902  
鬼の子に人の子に冬来りけり 上原恒子 雨月 201001  
一瞬やドアの取つ手に冬来たる 戸辺信重 春燈 201002  
冬きたる死の風紋を描きつつ 西村純太 201002  
かけがへのなき人逝きて冬来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201011  
かはたれの奈良はむらさき冬来る 雨宮桂子 風土 201101  
海原に島の彷徨冬来る 府川昭子 春燈 201102  
兼六園縄新しく冬来る 中田寿子 ぐろっけ 201102  
冬来るこの限りなき草を抜き 武藤嘉子 201201  
海の色山の色にも冬来る 佐藤健伍 201202  
透きとほる宵の明星冬来る 高木典子 雨月 201202  
冬来る心新たに処す一事 安原葉 ホトトギス 201204  
決然と野良猫でそろ冬来る 酒井秀郎 返り花 201211  
剪る一枝残す一枝や冬来る 根岸善行 風土 201302  
冬来たる想念白き立ち眩み 降幡加津 ろんど 201302  
野良猫の神社に集ひ冬来る 岡野安雅 かさね 201302  
滾る湯へひと匙の塩冬来る 田村園子 201302  
撓みたる山裾どんと冬来たる 加藤峰子 201302  
冬来りなば春遠からじと惟みて 大橋敦子 雨月 201303  
冬来る触れて見上ぐる大鳥居 柴田佐知子 201303 宮崎宮
後ろよりブーツかつかと冬来る 五十嵐章子 201401  
木登りの像の踏ん張り冬来る 甲州千草 201401  
脇門の衛士の敬礼冬来る 西村節子 火星 201402  
冬来る一人へり又一人へり 本田保 春燈 201403  
山の湯に雲湧いて冬来たりけり 杉浦典子 火星 201403  
立ち飲みのワイン三杯冬来たる 岡田香緒里 やぶれ傘 201404  
酒酌めばしみじみと冬来りけり 藤丸誠旨 春燈 201501  
冬来れば思い出カップでティータイム 山荘慶子 あを 201501  
先陣の流れ滔滔冬来たる 阪倉孝子 201502  
今更に高齢化とは冬来たる 須賀敏子 あを 201502  
冬来るとうまさ甘さの重湯かな 村田岳洋 ろんど 201503  
マクベスの森の如くに冬来る 中杉隆世 ホトトギス 201503  
冬来たる取つときの服吊しをり 原久栄 末黒野 201503  
石切場に枯るるものなし冬来る 谷島弘康 末黒野 201503  
いわきにも冬来て重き空を置く 松嶋一洋 201601  
家内(いえうち)の薄暗がりより冬来る 有松洋子 201602  
八十路迎へ病み耄けゐて冬来る 手島伸子 雨月 201612  
地震あとの因幡伯耆に冬来る 今井充子 201702  
LEDの煌めく欅冬来たる 五味紘子 末黒野 201703  
オルゴール鳴り深海に冬来たる 川嶋健佑 船団 201707  
でこぼこの気持ち抱えて冬来る 川副民子 船団 201707  
三河てふ親しき距離に冬来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201711  
法灯もLED電球冬来る 長崎桂子 あを 201801  
捨て畑に日の出の勢ふ冬来る 太田良一 末黒野 201802  
公園に啼き交ふ烏冬来る 仲山秋岳 万象 201803  
冬来れば雲のかたちに眠るかな 直江裕子 京鹿子 201804  
カップ麺袋麺冬来たりなば 定梶じょう あを 201901  
コンビニの白く灯りて冬来たる 山岸明子 201910  

 

2019年11月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。