ゆく   12句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春ゆくと万病のもと置土産 原徹 銀化 200106  
春ゆくや手に手を取つて泣くことも 堀内一郎 あを 200604  
春ゆくやおん耳おほき磨崖仏 高瀬史 馬醉木 200607  
過去帳に戒名無き日春ゆくや 堀内一郎 あを 200905  
猫峠越えて春ゆく納め杖 青山悠 200907  
車中はうつらうつらの春ゆかす 東秋茄子 京鹿子 201107  
春ゆくや川湯の石をくれし人 竹貰示虹 京鹿子 201204  
悪役に生きて春ゆく城のこす 豊田都峰 京鹿子 201208  
走り根も春ゆく色に夫婦杉 安立公彦 春燈 201406

東金

日吉神社

何でもない午後は春ゆく日だまりに 豊田都峰 京鹿子 201408  
荷風忌を明日に春ゆく隅田川 安立公彦 春燈 201907  
見得を切る姿に沸きて春ゆく夜 秋友昌子 雨月 201907  

 

 

2020年4月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。