花 火 2     100句

空に伸ぶ花火の途の曲りつゝ    高浜虚子

花火 遠花火 手花火 花火殻 花火果つ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
杉の間にひらく筈なる花火待つ 能村登四郎 200108  
約束の花火余して帰国せし 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
花火の中へ花火打ち込む流れ雲 松崎鉄之介 200109  
花火終へ病棟さつと寝静まる 松崎鉄之介 200109  
花火待つ土手を埋むる人の中 金子つとむ 俳句通信 200109  
大輪の花火の照りを満面に 金子つとむ 俳句通信 200109  
寝転べば我にひらきし花火かな 金子つとむ 俳句通信 200109  
花火見し一夜花火のことばかり 金子つとむ 俳句通信 200109  
闇の底切り裂く鼠花火かな 宮原秋生 俳句通信 200109  
死ぬなんて思ひのほかよ大花火 柴田美佐子 いろり 200109  
あれこれと買ひ込みて待つ大花火 桑垣信子 いろり 200109  
花火の夜地べたにものを食ひにけり 南うみを 風土 200110  
浜木綿や昨夜とよみし大花火 和田祥子 馬醉木 200110  
鼠花火回る方へと逃げてをり 成澤桂助 百鳥 200110  
動くなと父はどこかへ花火の夜 大山文子 火星 200110  
雨雲の空のうつうつ花火待つ 城尾たか子 火星 200110  
花火師の三日月眉でありにけり 華明日香 銀化 200110  
大輪の花火に草のふるへをり 渡辺知美 銀化 200110  
蠍座を焼き尽したる大花火 刈米育子 200111  
船の揺れ髪膚に通ひ花火待つ 矢島久栄 200111  
花火待つ船のお向ひ両隣 矢島久栄 200111  
大会の知らせを告げる大花火 篠田三七子 いろり 200110  
場所取りをしてひと日待つ花火かな 柴田美佐子 いろり 200110  
大花火知らずに眠る吾児のゐて 橋本千代子 いろり 200110  
眼裏にいつまでもある大花火 橋本千代子 いろり 200110  
花火師の忙しき影を船の上 近藤暁代 馬醉木 200111  
花火待つ舳先の闇に水照らひ 藤木竹志 馬醉木 200111  
虚空へと駆け昇りゆく花火かな 山下寿祇子 遠嶺 200111  
それなりに揚げ損なひの花火かな 篠田純子 あを 200110  
鱚釣のうしろ花火師来てゐたり 大山文子 火星 200111  
生き残りだんだん怖くなる花火 竹貫示虹 京鹿子 200111  
袖ふれて花火見る夜の旅にあり 渡辺俊子 京鹿子 200111  
セーヌ燃え革命記念日の花火 溝内健乃 雨月 200112  
花火見る露坐やエッフェル塔を背に 溝内健乃 雨月 200112  
ふるさとは薄きまぶたの昼花火 守谷茂泰 海程 200112  
昼花火ああしろがねのわが血脈 九堂夜想 海程 200112  
ささやきのふいに花火となりにけり 室田洋子 海程 200112  
花火消ゆその奥の闇みな見つめ 宮津昭彦 200111  
大空を星に返して花火果つ 吉永とほる 円虹 200111  
師ガ声ニワタシハネズミ花火デス 延広禎一 200111  
子らは去り夫と手囲ふ花火玉 松井志津子 200112  
品川沖に仕掛け花火の狂いなし 藤田守啓 船団 200112  
花火終へこんなにも人多かりし 嶋田一歩 ホトトギス 200201  
ディズニーより音聞え来る花火の夜 利根里志 ホトトギス 200201  
豊作に捨て置く山の柿花火 荒川美邦 京鹿子 200201  
朝空へ花火の爆ずる恵比須講 小林修水 春耕 200201  
大花火がん克服を祝ふかに 辰巳比呂史 200202  
いつもいつも花火はふっと始まりぬ 津田このみ 船団 200201  
お隣はホモのカップル大花火 津田このみ 船団 200201  
場つなぎの花火のような男かな 津田このみ 船団 200201  
三日月の隣で花火始まりぬ 津田このみ 船団 200201  
車中にて花火を見たる運よけれ 能村登四郎 羽化 200110  
海花火幼馴染みも影負へり 佐渡美佐子 船団 200202  
駄菓子屋に花火いろいろ並べあり 深田雅敏 200208 谷中吟
宙に星かへし花火の果てにけり うまきいつこ 200209  
追打ちの音に色あり花火咲く 神蔵器 風土 200209  
竜宮の船満飾や浦花火 和田照海 京鹿子 200209  
闇に生れ闇に消え去る花火かな 的地遙 百鳥 200209  
海峡の花火明りを渡船発つ 三好幸子 雲の峰 200209  
誘ひ来て句座となりたる花火宿 喜多初枝 雨月 200209  
海上花火翻車魚波間よりみるか 根岸善雄 馬醉木 200210  
病床に音きくのみの大花火 松本米子 あを 200209  
花火見逃すリハビリ疲れの深寝して 松本米子 あを 200209  
花火の句掛けて林火忌迎へけり 神長裕子 200210  
花火の夜人に背きて人に逢ふ 村松栄子 百鳥 200210  
花火揚げ天の深浅はかられず 塩川雄三 築港 200210 淀川花火大会
風神をなぐさむ花火打ち揚ぐる 塩川雄三 築港 200210  
金粉を撒き散らしては花火消ゆ 塩川雄三 築港 200210 王寺花火大会
大花火はらからのみな都落ち 藤原照子 200210  
大花火水の奈落へまつしぐら 松井のぶ 200210  
背中より昏るる墨田の川花火 久保秀貴 雲の峰 200210  
硝煙は空襲のごと花火舟 久保秀貴 雲の峰 200210  
盆過ぎや花火の音に顔出して 山尾玉藻 火星 200210  
竹皮を脱ぐ早くから昼花火 青山丈 200209  
音だけの花火に更けて他郷めく 萩原記代 200209  
北海の夜空を染めて大花火 辰巳比呂史 200211 ドイツ
花火師に届かぬ拍手大花火 達山丁字 200211  
独り見る花火ひとりの声挙げて 松村富子 200211  
大花火果てて港に灯がもどる 前田陽子 200211  
花火果つ河童かわつぱか擦れ違ひしは 千代田葛彦 馬醉木 200211  
花火より大き星空残りけり 高橋たか子 馬醉木 200211  
花火果て人人に闇のしかかる 山口速 200211  
声あげし花火に染まる子等の顔 砂川せい輝 遠嶺 200211  
手術日の決まり遠くに聞く花火 中薗道子 遠嶺 200211  
花火見るヘリコプターを見てをりぬ 篠田純子 あを 200210  
城松の上に展けし花火の夜 白石峰子 円虹 200211  
下駄の緒の指美しき草花火 廣井良介 円虹 200211  
ベランダに椅子持ち出して花火見る 小野れい子 六花 200211  
大花火果て大淀の闇戻る 高橋照子 雨月 200211  
大花火映り河面の滾りだす 谷村祐治 雨月 200211  
花火の尾よろめきながらなほ上る 宮原みさを 花月亭 200208  
花火師の夢大江戸を彩れり 宮原みさを 花月亭 200208  
花火の夜母の膝にて寝入りたる 村越化石 200212 回想
花火見る椅子ベランダに一つ置き 外川玲子 風土 200212  
花火師の女の気負ひ色に出て 武友朋子 200212  
寝床の子花火の音でベランダへ 平山真弓 円虹 200212  
船浮かべ仕掛花火や葛西橋 高橋寛實 帆船 200212  
花火師の印半天古りにけり 小田島成子 百鳥 200212  
歓声の仕掛花火はナイヤガラ 小田島成子 百鳥 200212  
口開けて花火見る癖父ゆずり 笹村政子 六花 200212 花火 3→

 

2019年8月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。