青 田 3     100句

青田道もどる窓から見られる    尾崎放哉

早苗饗  早乙女  田植  植田  青田

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
三万俵の地主の館青田の中
仲安俊雄
200309
青田風胡麻粒めける鯉の毛子
梅原美子
200309
白鷺の発ちて青田の残りけり
長谷川守可
百鳥
200309
青田よりふいに真白き鳥の翔つ
竹内紫翠
築港
200309
常連の又一人欠く青田風
竹内紫翠
築港
200309
水城青田水城青田と梅雨最中
今瀬剛一
対岸
200309
夕方の青田みづから暮るるなり
中村恭子
200309
箱ながら庭に青田のそよぎあり
阿部ひろし
酸漿
200309
一部落づつが青田に点在す
清水伊代乃
酸漿
200309
白鷺の首が一本青田中
丸山佳子
京鹿子
200309
自転車の遠退いてゆく青田かな
早崎泰江
あを
200309
波頭どこにも見えず青田波
高橋千枝
200310
あかときの青田背に翁舟
環順子
遠嶺
200310
朝まだきペダル踏む子ら青田風
寺内信
遠嶺
200310
おしくらまんじゆう青田に転びけり
石脇みはる
200310
青田より青き風入れバスの旅
小石秀子
酸漿
200310
このあたりバスを降りたし青田風
永岡セツ
酸漿
200310
青田風空襲の日をまなうらに
名取袿子
200310
涼しさや青田を神の鶏のこゑ
丸山照子
火星
200310
疎開の日々脳裏に返る青田風
斉藤陽子
雨月
200310
白鷺に丈の揃ひし青田かな
北吉裕子
雲の峰
200310
昏れかけて風のふくらむ青田かな
北吉裕子
雲の峰
200310
青田風引越の荷の運ばるる
谷上佳那
百鳥
200310
青田にも琵琶湖にも水ゆれてをり
櫻井幹郎
百鳥
200310
役場まで迂回してをり青田波
加藤峰子
200310
白鷺の頭が浮かび青田風
南うみを
風土
200310
棟上げし家を吹き抜く青田風
田中嘉代子
ぐろっけ
200310
給食車入る青田の鉄工所
筒井圭子朗
ぐろっけ
200310
青田風大きく曲がり露風の碑
中川美代子
ぐろっけ
200310
植筋の消えて青田の波打てる
小峯雅子
酸漿
200311
胸もとへ入れて匂へり青田風
糸井芳子
200311
穂孕みし稲田青田と段をなす
田中嘉代子
ぐろっけ
200311
喪の席に吹き込んでゐる青田風
上野澄江
百鳥
200402
戸口まで青田のうねり合掌家
望月晴美
要滝
200403
青田風水路の立体交差かな
須佐薫子
帆船
200406
象潟や青田に舟のつなぎ石
遠藤和彦
遠嶺
200406
青田去る単身赴任解かれしと
稲畑汀子
ホトトギス
200407
車窓よりそよぐ青田の続きをり
亀井幸子
築港
200407
みちのくの七重に八重に青田風
山田六甲
六花
200407
なりはひの一意は勁し青田風
鈴鹿仁
京鹿子
200408
千枚のいちまい沸けり青田水
宇都宮滴水
京鹿子
200408
端座して父の故郷青田風
広瀬公子
百鳥
200408
青田風畦に並びし鴉二羽
宮永順子
雲の峰
200408
青田見る病窓に試歩許されて
田谷芳江
築港
200408
残る湖残る潟へも青田風
鷹羽狩行
200408
植ゑどきの遅速あきらか青田風
浅田浦蛙
対岸
200408
校舎より青田見渡す参観日
浅田浦蛙
対岸
200408
鬼の首祀られてゐる青田村
中島瑞枝
百鳥
200409
整然と動く力点青田波
浅田光蛙
対岸
200409
下野に生まれ育ちて青田風
斎藤くめお
対岸
200409
青田風微熱やうやく引くきざし
若山実
京鹿子
200409
強風に青田大きく翻へる
仲尾弥栄子
京鹿子
200409
パトロール鳶にさせてる青田村
丸山佳子
京鹿子
200409
千枚が一枚となり青田風
高橋千美
京鹿子
200409
道一すじ風心地よく青田吹く
中村千代
帆船
200409
青田波うねる潮の香無き棚田
中家桂子
築港
200409
峡の日を集め青田の輝けり
森本美智子
築港
200409
一枚づつ風くる谷戸の青田かな
角田悦子
草の花
200409
青田中合鴨の子の人を恋ふ
大野ツネ子
酸漿
200409
獣除けがつちり張られ峡青田
淵脇護
河鹿
200409
ご無沙汰を詫びるここちの青田風
早崎泰江
あを
200409
舟で往く若狭の浜の青田かな
森山のりこ
あを
200409
田の神の前から植えて青田風
福田かよ子
ぐろっけ
200409
藁屋二軒青田の中に浮びけり
千坂美津恵
200410
上皇の離宮青田へ垣結はず
辰巳比呂史
200410
はるかなる伊勢往還の青田波
山口順子
200410
大青田故郷らしさとり戻す
松浦光子
200410
スキツプの少女眩しき青田かな
平山勝子
河鹿
200410
青田風とほし座敷の句会更く
平山勝子
河鹿
200410
海風のはや来てをりし青田かな
平山勝子
河鹿
200410
上体の足より逸る青田風
中村邦彦
200410
青田風昼の枕を裏返す
杉浦典子
火星
200410
母に蹤く歩幅の記憶青田波
湯浅夏以
遠嶺
200410
湯上りの髪なびかせて青田波
荻野照
遠嶺
200410
杉の木のあはひあはひの青田かな
加藤京子
遠嶺
200410
風がかぜふえて日翳る大青田
西口鶴子
遠嶺
200410
合掌の村縦横に青田風
中御門あや
雲の峰
200410
空中で争ふ鴉青田晴
藤井美智子
対岸
200410
邸内素通りに抜け青田風
鵜飼紫生
雨月
200410
折り返すことはあらざる青田波
塩川雄三
築港
200410
快晴の奥州路ゆく青田風
加藤二三子
帆船
200410
良性と若き医者告ぐ青田風
鏡山千恵子
帆船
200410
自転車に引き離されし青田道
小田玲子
百鳥
200410
青田風休耕田に消えにけり
佐野幸子
百鳥
200410
一族の墓は青田の真中かな
菅原光恵
百鳥
200410
救急車サイレン鳴らす青田かな
沖増修治
百鳥
200410
青田風吹きて水面の月攫ふ
松井洋子
ぐろっけ
200410
青田吹く風のきらめく午前五時
林和子
200411
よく食べてぐつすり寝る子青田風
渡辺美代
対岸
200411
甍照る長島六坊青田中
須賀遊子
200411
青田風家居のあかり揃ひたる
杉田智栄子
馬醉木
200412
信濃路は期待を誘ふ青田風
山田をがたま
京鹿子
200412
青田風腹式呼吸二度三度
北嶋ひさ子
帆船
200502
母の家ぬけ出て青田風の中
曷川克
遠嶺
200506
青田波見てゐて胸に満つるもの
堀本祐子
遠嶺
200506
青田風紡ぎ出す糸ぽちと切れ
今瀬剛一
対岸
200506
窓開けて部屋一杯に青田風
能沢和子
築港
200507
山越えて子を生みにゆく青田かな
杉浦典子
火星
200508
青田水落つ水郷の舟めぐり
藤原浩
栴檀
200508
千社札貼られ青田の広がれり
堀木基之
百鳥
200508

 

2014年7月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。